2021年12月26日

[Whole Cake Days 2021] オークウッドのクリスマスショートケーキ

IMG_4213.jpg

これを書いている時点ではすでに年も明けてしばらくたっているのですが、
12/25に書いている体で書いています。

去年春日部のオークウッドまで車で向かい、かなりの渋滞に巻き込まれたりして、
春日部はやはり電車の方がいいなと感じたのですが、子も連れていかないといけないこともあり、
今年も車で向かいました。

毎年のことながら、取りに行く日と予約をする日は一ヶ月くらいのラグがあるわけで、
取りに行く日は何を予約したのかよくわからないで取りに行くことにになります。
もちろん予約確認のメールなどを確認することができるわけですが、
なんとなく確認しないまま取りにいってああ、これだったか、と思うことが多いです。
前日、前々日と子が食べづらいケーキだったので、ショートケーキだということが
わかったことでいったん安堵しました。

結構な時間をかけて家に帰ったところ、少し遅れて届いたクリスマスプレゼント的なものが
届いており、3日続いたこともあってか、意外と子はあまりケーキに関心を示さず、
そちらに夢中になっている隙に写真を撮り素早く切り分けて食べました。
昨日までの重めのケーキと異なり、ショートケーキは飲み物と言ってもいいでしょう。

オークウッドのケーキはこれからも食べていくと思うのですが、この年に一回の謎の春日部旅行を、
物心ついた子はどう思うだろうみたいなことを思ったりしつつ今年も終えたいと思います。

Posted by kent at 03:29 甘味。

2021年12月25日

[Whole Cake Days 2021] Patisserie easeのアマゾンカカオのティラミス

IMG_4181.jpg

昨年時点で子は多少ケーキに興味を示してはいたものの、それほど活発に動き回るわけでもなかったので、
まだ安心してケーキ食することができたのですが、今年は2歳ということで、完全に歩き回り、
テーブルの上に乗っているものを発見したり、
それを見て「ケーキ食べたい」くらいのことは声に出して主張したり、
箱を直接強奪することくらいはするようになっています。
そうなってくるとまず安定して写真を撮ることが難しいということと、
多少食べさせないと向こうの気が収まらないという問題があります。

この「子も食べるかもしれない」という気持ちは今年の予約の時点ではまったくなかったわけで、
いざケーキが来てみると、ロバートの博のような口調で「なんだコレー」とか言って
近づいて来ることに気づくわけです。
その観点で見ると昨日も今日もまったく子どもに食べさせる向きのケーキではないわけで、
ティラミスの場合は洋酒やコーヒー部分をよけてチーズ部分を慎重にすくって取り分けたり
することになってしまいます。私はと言うとティラミスの洋酒スポンジ部分が
それほど好きではなくて、チーズ部分だけ食べたいという者なのですが、
子の欲しがりを超えるスピードでどんどん食べ進める必要があり、なかなかの難易度があります。

KIRINJI「クリスマスソングを何か」

クリスマスだからクリスマスソングを
三歳の坊やでも知ってる素敵なメロディ
歌いませり 踊りませり 主は来ませり、なクリスマス
響かせせり君の胸を ラララ、メリークリスマス

ココアパウダーの下にはパリッとしたホワイトチョコで、まわりもそれで包まれています。
マスカルポーネの下にはチョコクリーム、ゼリー状のコーヒーの層、
洋酒が染み込んだスポンジという構成です。

子はまだコージーコーナーとかコンビニとかのケーキは食べてない状態で、
リョーコやらeaseやらのケーキのみを食べているわけで、
はたしてそれは「教育にいい」のかどうか、みたいなことを考えなくはないです。

Posted by kent at 01:22 甘味。

2021年12月24日

[Whole Cake Days 2021] パティスリーリョーコのキャラドゥ・ノエル

IMG_4168.jpg

今年もこの季節がやってきました。
12/18にもイデミスギノの「エベレスト」のホール(過去記事参照)を食べていたり、
そのちょっと前にこのリョーコの「ジャポネ」の洋梨のホールを食べたりしているのですが、
ウォーミングアップと言うことで省略します。

今年も去年と変わらずコロナ禍ではあったのですが、昨今などはみなマスクをしているという程度で
ケーキをとりに行く街中も過去と同じようなにぎわいを見せています。

ごくたまにしか外出しないので、ケーキをとりに行くようなイベントの際には
できるだけいろいろ買ったり見たりすることもあり、車で移動しているのですが、
車に乗って感じるのは、動き出した車は必ず駐車しないといけないということです。
長嶋有の小説でそんなことを読んだ気もするのですが、これはまさに真実で、
この辺に停めようと思って動き出したのち、結果その駐車場がいっぱいだったときの絶望感はすごいです。
延々駐車できずさまよい続けるのではないかという気持ちになります。

郊外のコストコとかアウトレットとかに行くのではなく、都心では常にこの危険性をはらんでおり、
停められるまで同じような道をぐるぐると回り続けることになります。
また、「空」を見つけた場合でも、どういれていいのかよくわからないような狭小駐車場は、
私のような運転技術ではこれはとうてい「空」とはいえないわけで、それをスルーしてウロウロしては
後ろの車からパッシングされたりするわけで、都心に車で移動する無謀さを感じたりもします。

パティスリーリョーコは基本的にはどの駅からも行きづらいので、車で行くことが多いケーキ屋なのですが、
白金台という立地の都合上、駐車場に停めるのがかなり難しい上に、急な坂が多いこともあり、
繊細な飾り付けが車で運ぶと崩れがちという問題があります。(上の写真、若干の崩れがあるのはそのためです)

例年は「ジャポネ」といういわゆるショートケーキを食べていますが、
予約の争奪戦に勝てなかったこともあり、この「キャラドゥ」というやはりこの店の定番メニューを食べています。
底の部分はチョコのサブレに塩キャラメルでどっしりかためられており、
その上にミルクチョコのクリームなどが載っている構造です。
定番ものと「ノエル」が違うのは上の部分の飾りが多い点です。クッキーやキャラメルシャンティが載っています。

ところで、大量のケーキなどを食べると胃酸が逆流しがちなお年頃なのですが、
胃酸が逆流することで咳が出るという、あまり知られていないあるあるがあるわけです。
「食べすぎなのかコロナなのかわからない」という問題を抱えながらあと二つ食べていきます。

Posted by kent at 01:44 甘味。

2020年12月26日

[Whole Cake Days 2020] パティスリーリョーコのジャポネ・ノエル

IMG_2652.jpeg

年末バタバタしており、年始も少々すぎた状態でこれを書いていますが、あたかも12/26かのように投稿しています。
例によって同じものを頼んでいますが、期せずして今年は三店ともいわゆるショートケーキを頼んでいました。
ニューノーマルが叫ばれる昨今ですが、なんとなくショートケーキを食いたい年だった、
そう総括してもいいのかもしれません。

極力家から出ない、出てもコンビニ程度となるとなかなかケーキ屋によることも難しく、
チーズケーキを配送で買ったり、延々コンビニスイーツを食い続けることになるのですが、
リョーコについては、今年も四季それぞれくらいのペースで食べることができました。
今年もそのくらいのペースで食べられるくらいの現状維持ができればこれ幸いかと思います。

Posted by kent at 17:26 甘味。

2020年12月25日

[Whole Cake Days 2020] オークウッドのボヌール2020とクリスマスショートケーキ

IMG_2646.jpeg

去年生まれた子も一歳をすぎ、去年は到底ケーキを食べるという感じではなかったわけですが、
現在はというと私が食べていると、何かうまそうなもん食ってんなと言いたげに近づいてきて
一口食べさせるともっとほしがるという状態となっています。

子ができることでこれまで触れなかった情報に触れることが多くなりました。
たとえば、Eテレで朝やっているような番組には親の世代がピンとくるようなアーティストが曲を提供していたり、
「いないいないばぁっ!」のワンワン(犬のキャラなのですが、この命名はすごい)の中に
入ってるのは「チョーさん」だったり、など。

また、カーシェアの車にいちいちチャイルドシートを出し入れするのが面倒、
かつこのコロナカのせいでカーシェアを借りることも難しくなってきたので車を購入したのですが、
これまでの人生では車を買わないできたためいろいろ調べたりして、
たとえば、高速道路では最近の車はだいたいクルーズコントロールで速度を固定してるとか、
フロントガラスのところの枠を「Aピラー」と言う、とか、エンジンが「吹け上がる」と言うとか、
ボルボの販売店にはおぎやはぎがおすすめしていたので、、と言って来るお客さんが多いとかを知ったりしました。

こういう情報を得ている一方で、何かしらの情報を得る機会を失ってるともいえるわけですが、
何か新しい情報を一から学ぶ機会をというのは面白いという話でした。

崎山蒼志 「むげん・ (with 諭吉佳作/men)」
心無い三角形が邪魔をしている生活が成立している
真ん丸の頭の中の人生を解除した先する前わたしが
剥き出しの逆再生を味見して牛乳みたいな声が出た
工程を用いる道理を首がさけ踊り違えるわたしの魂

せっかく車を得たということと、例年春日部に向かうときに乗るスペーシアは、
温泉に向かう客が電車の中ですでに飲んでるパターンに遭遇することが多かったので、
それをさけるために今年は春日部まで車で向かったのですが、
かなり余裕を見て向かったのにも関わらずギリギリな状態でした。
来年は安心してスペーシアに乗れる状況になっているとよいなと思うのですが。

ボヌールの方はいちごとチーズのムースの組み合わせで、やさしい酸味があります。
ショートケーキは、前日のものとは異なり、細かく段を重ねるタイプのもので、ふんわりした食感でした。

Posted by kent at 23:20 甘味。

2020年12月24日

[Whole Cake Days 2020] Patisserie easeのJauneと阿波和三盆ショートケーキ

IMG_2631.jpeg

今年もこの季節がやってきました。
23日も休みじゃないし25日も平日というなかなかの暦なのですが、今日も入れて3日ほど食べていきます。
去年は21日からケーキを販売しているところも多かったのですが、今年はというと、
20日とか26日にケーキを売らなかったりして、まあ、たしかに26日は違う感じもします。

今年はというとコロナ禍のことを思わざるを得ません。まず、「コロナカ」って、ということを思ったりします。
このー、あの、コロナの影響でー、とか、コロナのいろいろでー、みたいにボンヤリ言ってたのが、
書き言葉としては「禍」に集約されてきた感じがあります。ああ、こういうのは「禍」ですよ、
と言い出した人がいたんだろうなあ、と思う一方、それを声に出していうと「禍」っていうのは
あまりになじみのない言葉だから、こなれてない印象を受けてしまいます。
何度もないことだからこなれるもなにもないわけですが、似たようなことが今後起きると
私たちの世代は「禍」を使うことができます。例えば、ケーキのせいで何か起きたらそれは「ケーキ禍」だと、
そういう言い方もできるわけです。

それは置いておいて、コロナの影響でいろいろなものが不要不急だと言うことで、
中止になったりもうやらないことにしたり、ということがいろいろあり、
ああ、これはもうずっとこのまま続くのかな、というようなことも
いい機会だからと言うことでバッサリいったりということもあったかと思います。
ホールのケーキを食べるという不要不急のものをどう捉えるのか。
結論はというと何事もなかったかのように予約をし、マスクなどをしている程度で、
習慣というのは恐ろしいと思われます。

パティスリーeaseはこのコロナカのさなかにオープンした店で、たまたま何かで目に入って
プレオープン時に食べたものがおいしかったのでホールのケーキを予約してみました。

Jauneの方は、ゆずが香るなめらかなチーズのムースに
緑色のクリームが挟まっています。私の舌では素材がよくわからなかったのですが、蓬だそうです。
爽やかな酸味のあるケーキですが、大量に食べても問題にならないバランスの良さです。
ショートケーキの方は、大きめのスポンジに和三盆を使ったクリームという、
シンプルな構成で素材の味を感じやすい構成です。

普段在宅勤務をしていることもあり、
ほとんど家の近所をうろうろしている程度の生活をずっと続けているのですが、
久しぶりに埋め立て地を出てこの、東京証券取引所の近くにある店に向かったわけですが、
街や電車などはとくに空いているという感じもなく、気持ち人通り少ない気もするけど、年末という感じはする、
そんな不思議な感覚でした。

Posted by kent at 02:54 甘味。

2019年12月26日

[Whole Cake Days 2019] パティスリーリョーコのキャラドゥ・ノエル

IMG_1679.jpeg

二日空けて同じ店で別のものを買う、という謎の行動をとってしまいました。
これまでも同じ店で二つ買うことはよくあったわけで、ケーキ総量としては変わらないのですが、
予約の都合と胃袋の都合によりこのようにしてみました。

新しいケーキ屋を探したりする気持ちは年々衰えていることは否めません。
お笑いの世界が第七世代に一気に世代交代したようなことがケーキ業界にも起きている可能性はあるのですが、
その動向を追えてないという気持ちもありつつ、かといって何かアレしているわけではない、
そういう保守的な状態に入ってしまっています。

しかしながらそういう気持ちとともに新しいものは新しい人がやったらいいというような気持ちも
出てきているのもたしかで、自分の世代として見つけて満足に思った店をこのまま食べ続けていくのかな
ということを考えたりもします。

Posted by kent at 01:12 甘味。

2019年12月22日

[Whole Cake Days 2019] パティスリーリョーコのジャポネ・ノエル

IMG_1666.jpeg

例によって食べたのは一週間前と間が開いてしまいましたが、何事もなかったように書いていきます。
一ヶ月半ほどの育休をとった後に復帰して、どうだったかという感想を聞かれることが多いわけですが、
子の持ち上げに伴って腰をやっちゃいそうとか、
デススト買ったけど、ゲームでも子をあやすのかとか思ってほとんどできてない、
みたいなことを言ってみるものの、そういうことじゃないんだよなあ、みたいな顔をされたりしています。

それと同じような話で、両親にGoogleフォトのアルバムを共有していて、
子の写真を夫婦で撮ってはそこに都度追加しているのですが、私の実家に帰った際に、
お前の写真は笑わせようとしてるからよくない、赤ちゃんのかわいい瞬間だけを捉えてればいいのに邪念が入ってる、
叱責されたりしています。

柴田聡子「ラッキーカラー」
淡々とした愛がわからなくなって
すぐに地図を見てる
いくつも灯台があるね
今日のさっきまでが急になつかしくなって
気づくなら気づくようにぶるぶるぶるしている目

ケーキは去年と同じものですが、今年は去年よりも2cmおおきいものを選んでいます。
去年も書いているようなことですが、去年何食べたからということも考えずにこのサイズを
選んでいますが、非常においしくいただいています。

Posted by kent at 23:18 甘味。

[Whole Cake Days 2019] オークウッドのハピネスとシュプレームカフェ

IMG_1655.jpeg

平成の時代は23日が休みだったこともあり、土日も含めた休みの日に三個食べるというのがこれまでだったのですが、
今年は暦があんまりよくないこともありどうしたものかと思ったものの、
各ケーキ店も12/21からクリスマス気分を演出しており、
土日と平日にもう一つ食べるという特に例年と変わらないスケジュールで食べていきます。

今年はというと子供が生まれたというのが大きなトピックなのですが、
子供が生まれてもこんなことやるのかみたいなことを過去書いたような気もするのですが、
現実はというと普通に春日部までケーキをとりに行きギャン泣きする子を尻目に
ひたすらケーキなどを食しているわけで習慣というのは恐ろしいといえます。

育休をしばし取得して子に向き合う期間を過ごしましたが、
現時点の子はまだケーキなどを食す段階ではないどころかケーキの認識すらないわけで、
ケーキを目前に持って行ったりしても無関心なありさまです。
何かが変わるとすると子がケーキを意識した後だろうなあともう少し具体的な展望を描いたりしています。

ハピネスは、苺とピスタチオのムースです。上にはこれを読んでる方にはおなじみのサンタが。
シュプレームカフェはナッツのバタークリームとコーヒークリームで、ドライフルーツが上に添えられています。
去年も苺とピスタチオのものを選んでおり、好みというのはやはり強靱だと思わされます。
二個ではあるものの、両方とも小さめのサイズであり、一個と考えてもよいでしょう。

Posted by kent at 02:43 甘味。

[Whole Cake Days 2019] ホルトハウス房子のフルーツケーキとツッカベッカライカヤヌマのシュトーレン

IMG_0202.jpeg
IMG_1633.jpeg

今年もこの季節がやってきました。
通常のケーキに入る前に、ここ数年ケーキウィークなどといいつつも、
フルーツケーキやシュトーレンなどをウィークとは別腹的なニュアンスで、
12月に入ってから少しずつ食べているというのもあり、ご紹介してみました。
少しずつ食べるよさ、というのをここに来て見直しているという本末転倒的な昨今です。

フルーツケーキもシュトーレンも長期間熟成させてつくり、それなりの日持ちがするものなので、
この少しずつ食べるスタイルにはうってつけです。

Posted by kent at 02:21 甘味。