Topics
2014年1月 1日 05:48 Whole Cake Days 2013
2007年10月21日 20:03 あっぱれ太閤福もち
2006年7月10日 02:32 紫野和久傳の西湖
2006年4月14日 00:11 ショートケーキ三昧
2005年12月31日 05:45 [Whole Cake Week 2005] その後
2005年11月27日 23:00 ピエール・エルメのデューヌ
2005年7月17日 00:31 オークウッドの胡麻プリン
2005年6月20日 00:57 ミクニのショートケーキ
2005年4月12日 02:03 アンジェリーナの何か
2004年12月27日 02:04 [Whole cake week] その後
2004年11月 8日 01:38 Fealteriaの季節のミルフィーユ
2004年10月 4日 01:31 コメダ珈琲店のシロノワール
2004年7月 5日 01:45 アンジェのショートケーキ
2004年7月 4日 04:02 まるたやのチーズボックス
2004年5月29日 22:46 シュクレペールのプラリネ
2004年5月28日 00:52 文琳茶菓舗の杏仁豆腐
2004年5月16日 01:31 トロワグロのミュゼ
2004年5月16日 01:22 DEAN&DELUCAのNYチーズケーキ
2004年5月16日 01:02 ジャン・ミエのビシュロン
2004年4月 8日 01:35 nicoの白いプリン
2004年4月 8日 01:24 nicoのニコスティック
2004年4月 4日 16:09 Vironのフレジエ
2004年4月 4日 16:08 Vironのプレステージ
2004年4月 4日 16:04 デフェールのサオトボ
2004年3月30日 00:22 デフェールのジヴァラ
2004年3月29日 03:26 シュンのチーズケーキ
2004年3月21日 01:36 シェ・コパンの黒い森
2004年3月18日 03:28 イデミスギノのシシリー
2004年3月14日 02:27 タカナシの直火焼きプリン
2004年3月14日 02:16 BABBIのViennesi
2004年3月14日 02:03 アリスのチーズケーキ
2004年2月29日 22:45 R-Heartのロイヤルハート
2004年2月23日 00:29 村田商店のあんみつ
2004年2月19日 01:14 ルコントのシブースト
2004年2月15日 22:48 生チョコのシュークリーム
2004年2月15日 22:09 ごほうびぷりん
2004年2月13日 02:26 Topsのチョコレートケーキ
2004年1月19日 02:13 半熟チーズケーキ
2004年1月17日 18:42 アテスウェイのモンブラン
2004年1月17日 04:28 アテスウェイのアンデュレ
2004年1月 3日 05:10 豆腐花
2003年12月14日 22:18 イデミスギノのパレノワール
2003年12月14日 22:15 イデミスギノのマリエ
2003年12月 7日 00:10 ヴィタメールのヴィタメール
2003年12月 2日 02:07 セブンイレブンの冬の絹れあ
2003年11月24日 00:31 さくさくレモンパイ
2003年11月20日 00:03 銀座レカンのデリスショコラ
2003年11月 8日 17:20 西光亭のミルクゼリー
2003年11月 6日 23:02 西光亭のティラミス
2003年11月 1日 21:05 リセのクレームブリュレ
2003年10月24日 13:19 六本木ヒルズのまんじゅう
2003年10月23日 01:28 ロートンヌのロートンヌ
2003年10月21日 23:19 ロートンヌのプレジール
2003年10月 8日 01:12 しろたえのレアチーズケーキ
2003年10月 8日 01:02 クリーミーティラミス
2003年10月 4日 05:56 叙々苑の抹茶アイスクリーム
2003年10月 3日 00:52 カフェプリンクレープ
2003年9月21日 02:37 ハーゲンダッツのアズキ
2003年9月14日 03:36 ロブションのオペラほか
2003年9月13日 18:23 バーミヤンの黒ごまプリン
2003年9月11日 01:38 あずきショコラ
2003年9月 4日 00:12 C3のペコスッタ
2003年8月31日 05:13 グリコなめらか絹プリン
2003年8月21日 00:36 イルピノーロのカプチーノ
2003年8月15日 00:42 ジェトォのガトーメリッサ
2003年8月12日 23:57 ジェトォのナッツショコラ
2003年7月24日 00:13 パステルのパステラ
2003年7月13日 22:06 メグミルクヨーグルト
2003年7月10日 22:19 東京ショコラ
2003年7月 7日 00:43 茂木一○香のビワゼリー
2003年6月27日 22:57 KOSENの水ようかん
2003年6月26日 22:48 KOSENのざる豆腐
2003年6月22日 23:03 つる瀬の和菓子
2003年6月16日 22:45 手作りブラウニー
2003年6月15日 17:42 Pierre Marcoliniのチョコ
2003年6月 1日 04:51 シナボンとチェリーボン
2003年5月20日 01:52 アンテノールのティベール
2003年5月17日 19:02 ビスキープリンタルト
2003年5月13日 00:20 cafe veryのクレームブリュレ
2003年5月 7日 00:41 みはしのくず餅
2003年4月30日 00:23 小城ようかん
2003年4月29日 16:20 梅花亭のどらやき
2003年3月17日 00:44 祇園辻利の抹茶カステラ
2003年3月14日 11:27 タカナシの焼きプリン
2003年3月 1日 00:00 西光亭の黒蜜ゼリー

2016年12月26日

[Whole Cake Days 2016] キルフェボンの色とりどりのフルーツリースタルト

IMG_0210v2.jpg

あっという間でしたが、今年はこれで終わりとなります。
特に記載していませんが、12月のはじめからシュトーレンを少しずつかじったり、
例によってフルーツケーキがまだ残っていたりしますが、生のケーキとしてはこれが最後となります。

2012年と2013年は17cm、2014年は21cm、去年はまた17cmを選んでいたのですが、
今回は15cmのものを選んでいました。これも記録を残すことでわかったことです。
毎年特に去年はどうだったからとかはあんまり考えずに選んでいますが、
今年は無意識が小さいサイズを選んでいました。

15cmは2〜3名用と書いてあり、普段ケーキを買うような場合も4つくらいは買う私としては
いつもよりも少ない可能性すら感じさせてしまう量で、実際にあっという間に食べ終わってしまっています。
年に一度くらいは思いっきりケーキを食べてしまおうというイベントで
食べ終わった後に物足りないと考えてしまうことはイベントの趣旨とからすると問題なわけですが、
そういうこともよしとしてゆく、それはこの原理原則主義的な世界の風潮からはかけ離れたことかもしれませんが、
今後はそういうアティチュードでありたい、と考えています。

今年は仕事で大量の文章を書く機会があり、それはそれでちゃんと推敲したりちゃんと調べたりして
書いたりしてきたのですが、こうしてなんの中身もない文章を書き連ねる、というのも久しぶりで、
今回は特に自動書記的にほとんどなんの推敲もせずに書いており、これはこれで非常に愉快な機会と思いました。

Posted by kent at 00:46

2016年12月25日

[Whole Cake Days 2016] モンサンクレールのフォンテーヌバニーユ

IMG_0201.jpg

一日目のケーキを食べ終えた後で、今年もつつがなく健康でケーキをまるまる食べられた、
と思いきや、翌日に残るもったり感や胸焼け感などは年々増加していくわけで、
はたしてこれはつつがなかったのか、みたいなことを考えてしまいます。

しかし自分はそれを終わらせたいと思っているのか、というと、
昔のように毎週ケーキを食べるようなこともない今では、
自分が甘いものが好きだということを確認するような期間でもあります。

宇多田ヒカル「真夏の通り雨」

勝てぬ戦に息切らし
あなたに身を焦がした日々
忘れちゃったら私じゃなくなる
教えて 正しいサヨナラの仕方を

自由が丘に行くのも久しぶりですが、相変わらずの距離感のようなものは
特に感じておらず、人間36年ほど生きているとだんだん図々しさが出てくるのだなあ、とか
思いつつもやはりケーキでも買わない限り自由が丘に来ることもないという
気持ちを新たにしたりなどをしていました。

ケーキはバニラのクリームとバニラのムースの下にスポンジがひかれていて、
スポンジと下にひかれてるクッキー地もバニラの風味があります。
ムースはしっかりしたもので大きさに対してのずっしり感があるケーキとなります。

Posted by kent at 23:24

2016年12月24日

[Whole Cake Days 2016] オークウッドのココカフェと苺のショートケーキ

IMG_0186v2.jpg

今年もこの季節がやってきました。今年は3連休でそれぞれ食べてゆきます。
これが仕事に影響されずにケーキを食することのできる最も理想的なスケジュールといえるのではないでしょうか。

しかし、私も子どもなどがいたらということを考えてみると、この3連休などは子どもにとっても3連休であって、
特に3連休だからといって理想的ということにはならない、むしろ会社でケーキを食うことも含めて、
ワークライフケーキバランスを採るということにつながる可能性があります。
そこにはワークライフバランスよりもさらに困難な何かが待ち受けていることが容易に想像されますが、
今のところそれほどライフの部分を強く意識せずに済んでいること自体も有難いことと思いながら
今年もケーキを食してゆきます。

春日部にクリスマスケーキを取りに行くのも記録によると2005年からのようなので、
もう11回目ということになるわけですが、それが11回だとわかるということも、
こうして記録をつけていることのメリットでもあります。11回だとわかる必要はない、
と言い切ってしまわないこのアティチュードは通常のビジネス世界ではあり得ないわけで、
こうして書いておくことで来年は12回目だとわかるということも、
レベニューを生まないということで切り捨てられてしまう、そんな世知辛さが当世ではあります。

東京にもいろんなケーキ屋がある中でわざわざ90分とかをかけて春日部に向かうというのも、
同じ価値観においてはコスパが悪いなどといわれてしまわれかねないものであり、
さらにそれを2つ食べつつ記録をつけるという行為は何かと意味やらエビデンスやら求めがちな
風潮に対してのアンチテーゼと言えなくもないと言っても過言ではないでしょう。

さて、余分な紙幅を費やしたところでケーキはといいますと、
ショートケーキは丸く美しく塗られた生クリームの中に三層のスポンジと苺
ココカフェは周囲はココナッツのムースで中には苦めのコーヒーのムース、
そこにはナッツが敷き詰められています。

ところで気づいた方がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、
オークウッドのケーキの上のサンタは例年同じサンタです。
たとえば、2006年も同じサンタを見かけています。
ケーキはいろいろありながら、その上をまつられるサンタはつねに同じ、
というあたりに何かしらのポリシーを感じたりもします。今年もそんな感じであと二日、食べてゆきます。

Posted by kent at 22:32

2015年12月25日

[Whole Cake Days 2015] パティスリーリョーコのキャラメル・ポワールとシャンテーニュ・ノワール

IMG_0249.jpg

今年のケーキはこれで終わりです。
ところで毎回ケーキはちゃんとしたデジカメでも撮っているのですが、
結局今回はすべてiPhoneで撮った写真にしてしまいました。
私などの腕前ではつやつやしたケーキにピントを合わせることすらままならず
むしろiPhoneの方がきれいに撮れてしまうという技術の進歩と時の流れを感じざるを得ません。

今年はゆっくり食べていったこともあり、しかも23日のケーキはたった10cmという
ステータスでしたので、たんたんと食べ進めていましたが、
最終日にしてセンチにして12cmのケーキの思わぬずっしり感に停滞してしまいました。
センチだけでは計れないものがケーキにはあると言うことです。

シャンテーニュ・ノワールはモンブランのようなチョコのムースが上に乗っており、
中身はチョコレートのクリーム、スポンジが折り重なっていて、底の方にはナッツが入っています。
キャラメル・ポワールは周りはパリっとしたホワイトチョコレートに覆われ、
中はホワイトチョコレートのクリームとアーモンドのスポンジで、底にはキャラメルが敷き詰められています。

このケーキを予約するために1時間ほど並んでいたのですが、
店員の方が、今並んでる方の分はすべて用意しますので、と声をかけていて、
その時点でも100人くらいはいたように思えるのですが、
その心意気とこのずっしり感に感謝をしつつ今年のケーキ納めの言葉と代えさせていただきます。

Posted by kent at 23:56

2015年12月23日

[Whole Cake Days 2015] リベルターブルのプレミエール

IMG_0238v2.jpg

今日のケーキは10cmなので、もう、それはホールケーキと言ってよいのか、
というホールケーキ概念が問われるケーキで、受け取った後で、
本当にこれだけ食うことでよいのか、もう一個くらい買わないでいいのか、
ホテルなら予約なくてもケーキ買えるのではないか、と、
赤坂の街をしばしふらふらしかけたのですが、結果そのまま電車に乗り込んだわけです。

そのあたりがケーキに対する心の余裕というか、胸焼けへの恐怖心というか、
ケーキに対する信仰心がやはり薄れてきていると言わざるを得ないのでは、
というそういう気持ちもなくはないのですが、一個をちゃんと食う、というのも
それはそれで信仰だと、あえて言いたい、そんな昨今です。

cero 「Orphans」

あぁ 神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて
あぁ わたしたちは ここに いるのだろう


ケーキはというと、小さいながらも贅を凝らしたつくりになっており、
上の部分はシブーストと黒トリュフのクリームで、中に栗とリンゴが挟まっています。
底の方はほとんど甘みはない、ワインに合いそうな味わいのタルトになっています。

Posted by kent at 20:43

2015年12月22日

[Whole Cake Days 2015] キルフェボンのフルーツリースのタルト

IMG_0230.jpg

昨今は急な仕事とかで大変にならないように極力休みをめがけて予約を入れるようにしており、
ワークケーキバランスないしケーキライフバランスないしワークライフケーキバランスの向上を図っているわけですが、
休日には予約が取れなかったりして会社から近いから平気だろうとか思ってると、仕事やら忘年会やら送別会やらが
入ってしまい、結果今回のように昼間から延々ケーキを食いながら仕事をする羽目になってしまいます。

以前であれば多少ケーキを振る舞ったり、いやー、ホールのケーキを食ってるんですよー、
などとふれまったりしたかもしれませんが、特にケーキを持って来ていることなどは言わずに
淡々と仕事をこなしつつケーキを食す、というそういうある意味ワークケーキバランスの
とれた状態の日常となっています。

リースをかたどったタルトで、たくさんのフルーツが乗っています。
普通のタルトと違うのはナッツや栗などがたくさん含まれている点です。
真ん中の部分は家やウサギなどのキットになっていて、楽しく飾り付けるような仕組みになっています。
子供のいる家族で食べるような場合には楽しいのだろうなあ、と思いながら
写真用に組み立ててはそっと箱に戻しました。

Posted by kent at 21:45

2015年12月21日

[Whole Cake Days 2015] オークウッドのカラフルタルト

IMG_0224.jpg

今年もこの季節がやってきました。
今年は今週一日おきにゆっくりと食べてゆきます。

これまでなかった事態として、初日から風邪を引いていてしかも極寒の春日部まで
ケーキを取りに行く、という過酷な状態になっています。
意外とこの十年、ケーキ週間には風邪を引いていなかったのですが、
風邪気味が直らないまま本格の風邪になるという寄る年波としか言い様がない状態です。

例年春日部のオークウッドからの帰り道は一年間の懺悔などをすることにしているのですが、
今年は先週のタモリさんのオールナイトニッポンなどを聞いていたので、特に悔い改めることはありませんでした。
反省しない、というのはタモリさんの基本的なアチチュードであると聞き及んでいますので
これはこれでよいのでしょう。

ケーキはというと上の部分はさっぱりしたチーズのムースで、下がピスタチオのクリームとタルトになっています。
なぜかこのケーキを食べた後で鼻の通りがよくなり風邪が快方に向かったということをお伝えしておきます。

Posted by kent at 00:51

2014年12月25日

[Whole Cake Days 2014] イデミスギノのマントン

IMG_58692.jpg

ケーキ熱でぐったりなどしていたのでエントリとしては
空いてしまいましたが、今年のケーキはこれでおしまいです。

今週何人かの前で話をする機会があったのですが、
その際のパソコンの壁紙が豆腐になっており、最後に質問を求めたところで、
「壁紙は何で豆腐なんですか?」
と聞かれもごもごしてしまったのですが、壁紙が豆腐なのもケーキをホールで食うのも
あんまり理由は明確ではありません。

しかし、理由の無いことをやってもいい、というか、
むしろ理由が無いからやってる、くらいの気持ちがあります。
そもそも栄養をとるとかそういうレベルの理由に比べると、
ケーキ自体があんまり理由も無いわけですし。

チョコレートムースですが、中にかなり鮮烈なレモンのジュレが
入っており味を引き締めています。大きさは楕円なのでcmは不明ですが、
割とさらっと食べ終わることができました。

品書きには「ジャン・コクトーへのオマージュ。」と書いてありますが、
それに対して理由を聞くのも「ジャン・コクトー マントン」とかで検索することも野暮です。
理由がなくてもいい、そんな勇気をもらえる何かでした。

Posted by kent at 00:06

2014年12月23日

[Whole Cake Days 2014] リベルターブルのガトーノエル

IMG_58612.jpg

昨日のものが21cmだと書きましたが、今日のものは12cmなので、おおよそ半分の
大きさという楽勝ムードなのですが、これまでcmをあまり意識せずして買ってきたことに
気づく瞬間でもあります。21cmはでかい、12cmは余裕。数字で表すことの明快さがそこにはあります。

たいていのケーキは予約で買ってるわけで、縮尺のよくわからない写真を見て決める状態に
この明快さは重要なのですが、これまでとくにこのcmを気にしないで来たわけで、
ちゃんとここにcmを記載しておく、というのは持続可能なホール食いのためにも重要な一歩です。

このケーキは外側は一見普通のショートケーキに見えるのですが、
中身はスポンジの部分が多く、しっかりした生地になっています。
昨今のおしゃれショートケーキはスポンジ部分を極力薄くしたり、
しっとり感を強めてスポンジのスポンジたる部分を弱めることが多かったと思うのですが、
これはスポンジ自体をちゃんと味わう感じになっており、確固たる何かを感じます。

12cmは余裕。そういうことや、いろんなケーキがあるなあ、ということをホールで食うことで
ゆっくり考えられる、そういう見方もあります。

Posted by kent at 02:09

2014年12月22日

[Whole Cake Days 2014] キルフェボンのクリスマスリース

DSC00312.jpg

今年もこの季節がやってきました。
初日なのですが、初日からいきなり飲み会があるという、ホールケーキ食いには一大事態になってしまい、
なかなかの厳しい戦いとなっています。

通常、この季節は通常忘年会的なものが催されるわけで、
それでもこの10年間この週は極力飲み会などは入れないようにしてきた、というか、
誘いづらい感じすら出してきたのですが、その苦しい気持ちも年月の中で忘れてしまうものなのかもしれません。

というわけで、飲み会に行く前に取りに行き、大部分を食べた後飲み会に行き、また戻ってきて食べ、
一眠りして朝食として食べる、という流れでアレしようとしたのですが、
フルーツもこの量になるとなかなかの酸味として立ちはだかってきます。

また、去年3〜4様用としてみたのに対し、今年はそれよりもう一段階大きなサイズ(21cm)としてみました。
が、してみましたわけが自分にもよくわからない大量のフルーツ具合でした。
タルト部分のホワイトチョコレートの甘みがなかなかの癒やしとして働いていました。

Posted by kent at 01:26

2014年1月 1日

Whole Cake Days 2013

IMG_5122s.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もこの季節がやってきていたのですが、が、ちゃんと食べていたもののの、
こうして記録する時間がほとんど取れない状態、つまり誰にも知らせずにホールケーキを
人知れず食べているという純ホールケーキ食い状態でしたので、
年賀の挨拶もかねてまとめてご紹介してゆきたいと思います。

■12/21
オークウッドのシュプレームとモンサンクレールのポムキャラメル

もともと、21,22でそれぞれ食べる予定だったものですが、
22に仕事の予定が入ってしまったがために予約を変更して一気に食べるという状態でアレしておりました。
そうなると春日部のオークウッドから自由が丘のモンサンクレールまで
大横断するというかたちになり、なかなかの小旅行でした。

春日部は毎回なぜかミスチルが聞きたくなる風情なのですが、
これがもっとロードサイドな地域になるとミスチル感がなくなるわけで
適度なサバービア感、それが春日部。と言っても過言ではありません。
帰りの美容院のこの感じなども適度なサバービア感と言っても過言ではありません。
サバービア感って言いたいだけですが。

IMG_5117.jpg

オークウッドのシュプレームは、周りはナッツで覆われていて、
さっくりしたメレンゲと、ヘーゼルナッツのバタークリームが重なっている
わりとずっしりとした重量感のあるケーキです。
しかし、バタークリームとは思えない軽さでもありました。

モンサンクレールのポムキャラメルはキャラメルクリームとムースの中に林檎のコンポートが入っているというもので、
ムースは蜂蜜の味がします。底の適度なパリパリなども上品なものです。
3〜4名様分と書かれてしましたが、3〜4名だと足りるのか?と思ってしまうような、
そのくらいの大きさです。


■12/23 キルフェボンのフルーツリースタルト
IMG_5133s.JPG

22日に仕事をした後でのこのケーキなのですが、
ちょっと前まではタルトのどこにクリスマス感を感じればいいのかなどと思っておりましたが、
そこにリースをかたどったこのタルト。年を取って味覚が変わったのかフルーツの甘みなどが好ましいという
そういう感じになってきておりますし、夕飯がコンビニで買うフルーツという
ニューヨークに住むオフィスレディのような生活もしておりますので、
ここにきてのフルーツタルトはもはや普通の食事と言っても過言ではありません。

これまで、複数サイズを選べるのならば、おおむね最小のサイズを選んできましたが、
そういうこともあり、2〜3名様用が最小なのですが、3〜4名様用としてみました。
ちょっと大きなサイズを選んでみるというこの試み。夕飯としても多い、なかなかの量のフルーツでした。

■12/24 ピエール・ガニョールのブッシュ・ド・ノエル
IMG_5143s.jpg

予約をしている時点ではここまで忙しいと思っていなかったので、
会社から歩いて行ける距離のこのケーキを予約していたのですが、
結果的には取りに行ってまだ戻って来て仕事をする、という羽目に陥りました。

イチゴとピスタチオのピスタチオのムースを、レアチーズで包んだもの
これを毎年見ていただいている方には分かるように、ムースは楽勝、
と言うのが定説ですが、ケーキを食することははかどっても
ケーキを食べながらの仕事ははかどらない、そういう定説もここに追記して
今年の締めとしたいと思います。

Posted by kent at 05:48

2012年12月27日

[Whole Cake Days 2012] ピエールエルメのサラ

DSC02484s.jpg

こうやってホールのケーキを食い続けていることに、なんで?とか言われても
ケーキが好きだからですよ、とか言うくらいで特に理由とかは無いわけで、そう問われること自体を
できるだけ避けるという形でアレして来たわけですが、

去年転職してから、やっぱりそういう話をスムースにしていって、いきなりホールでケーキを大量食いします、
みたいな不思議ちゃんっぽいところを出さないように慎重にやってきたつもりなのですが、
最終的に甘い物好きというところからホール食いの所を説明する段階で
え?不思議ちゃん?みたいな感じはどうしても否めないわけで、むしろ、不思議ちゃんと思われてから
ホールのことを言い出した方が、あの人ならそのくらいしかねない、くらいの感じで、
そうなんだー的な受け入れを目指した方が早かったのかもしれない、などといまは思っています。

星野源「夢の外へ」

意味の外へ連れてって
そのわからないを認めて
この世は光 映す鏡だ

緑色はピスタチオではなく、抹茶入りのチョコレートです。
中身は栗と抹茶のクリームに、パッションフルーツのジュレが挟まっていて酸味を加えています。
全体にはかなりぎっしりというか、重ための生地になっています。

今年のケーキはこれで終了なわけですが、ちょっと油断して、
帰り道でファミマのプレミアムチキンをちょっと食ってみたくなって買ってしまったりしたのと、
意外と重ための生地だったため、途中で寝てしまって一日持ち越すという感じになってしまいました。
油断大敵とはこのことですが、これが最終日で良かった、と思います。
振り返ると2005年などは毎日一日持ち越す感じになっており、かなりのつらさがありました。
しかし、それを乗り越えての今日ですので、なんてことはありません。

購入場所:青山

Posted by kent at 01:04

2012年12月25日

[Whole Cake Days 2012] モンサンクレールのクーロンヌ

DSC02464s.jpg

こうやって何を書こうかと思って書き始めて結局毎年同じようなことを
ちょっとずつ違った文体で書くみたいなことになっていますが、
これを始めた頃はもう少し食べるのに時間がかかったり、食べるのが困難だったり、ということがあったので、
それを書く、というきわめて真っ当なレポートを書く形となっていましたが、

昨今はきわめてシステマチックに、30分くらいでほぼ食い終え、スープを飲み、
こうしてひとかけらを残してパソコンに向かって、何を書こうかなどと考えているわけで、
食べている間の感想などはもう無い前提でそれでも何か書こうというアレになっております。

しかしながら、一年を振り返る良い機会でもありますし、
ボンヤリした書き方の中にも個人的に何かあったことがボンヤリ出ているわけで、
こうしてケーキをサカナになにか書いてみるという、それはそれで良い試みなのではないか、
という着地点に到達しております。

自由が丘への複雑な思いについては例年書いているのでもう書かなくても良いですね。
今年は仕事の都合で自由が丘で乗り換える機会が何度かありましたが、それでもとくに降りたりはせず、
これからもそのくらいの距離感でアレしていきたいと考えております。

上に載っているのは洋酒につけ込まれたチェリーで、
上部はピスタチオのムースで、下部の方はガトーショコラになっています。
ホールのガトーショコラは凶器。というのが定説なわけですが、
そこまで重くない、比較的軽やかなガトーショコラでした。

もともと今回はこれで終わりの予定だったのですが、明後日から冬休みとなりましたので、
明日も食する予定です。

購入場所:春日部

Posted by kent at 03:12

2012年12月24日

[Whole Cake Days 2012] オークウッドのクリスマスショートケーキ

IMG_3551s.jpg

毎年毎年やっているようなことを、じゃあ、それをこのままずっとやるのかな
みたいなことはここ数年よく考えることが多いのですが、
今年は実際にそういうことをやらなくなったり、やれなくなったり、みたいなことが結構ありました。
いいともはこれまで遅くとも三ヶ月遅れぐらいで見られていたのですが、今年はまだ3月までしか見ていない、
という状況で、冬休みの期間でどれだけ一気に見れるのか、みたいなそういう状態になっています。

ケーキは今年も無事食べることができていますが、たとえば、今後の人生で健康を害してしまったら、
ケーキドクターストップになってしまったり、
14歳になる娘などがいた場合にお父さんケーキ食うからとか言ってる場合じゃない、
みたいな状況ではたしてケーキとどう向き合うのか、というようなことです。

というわけで、今年も恒例のこのオークウッドのある春日部に向かったわけで、
そうして、恒例の春日部駅からオークウッドまでの長い道のり往復40分ほどをミスチルを聞きながら懺悔などしたわけでした。
懺悔といえばミスチル。そういうよくわからない方程式が私の中では成り立っているのですが、
それも恒例のなせるわざというものでしょう。よくわからないけどそういうことになっている、
みたいなことは世の中にはたくさんありますね。


ちなみに、わりとどうでも良いことですが、いつもケーキを食べる前にデジカメで写真を撮ってそれから食べる、
という手順をふんでいますが、いまその画像を取り込むボタンを押したつもりで全部削除してしまい、
うわーって思った後でツイッターに上げるためにiPhoneで撮った画像が残っており、それが上の写真です。

オーソドックスなショートケーキですが、
てっぺんの生クリームは非常にたっぷり載っていてボリューム感があります。
あと、ショートケーキの中に入っているイチゴは、
丸ごと入っていてイチゴの感じをしっかりと味わうタイプと、
薄く切られていて全体としてなめらかな食感を出しているタイプがあると思うのですが、
これはその中間、というか、薄く切ってありながらイチゴの存在感がある、
というハイブリッドな形を取っているように思います。

購入場所:春日部

Posted by kent at 03:10

2012年12月23日

[Whole Cake Days 2012] キルフェボンの10種のフルーツタルト

DSC01501v2

さて、今年もこの季節がやってきました。
去年は転職や何やらでいろいろあった年でありましたが、
今年は今年でいろんな出会いがあったり別れがあったりなどした年でした。

去年くらいから加齢に伴ってケーキ的な甘さよりも、果物的な甘さの方が好ましくなっており、
夕飯にコンビニで売ってるフルーツ盛り合わせみたいなのを食べるなどのニューヨークOL的な
ことなどをよくやったりしがちですが、その後仕事終えて帰るときにラーメン食ってしまったりしがちなので
自分はOLではない、と言うことをかみしめたりもしがちです。

話を戻すとタルトなどはここでもまったく選んでおらず、むしろあれはケーキではない、
という感じで避ける感じすらあったのですが、今年のこの気分、モードからするとむしろ食いたい、タルト、
ということで初めて選んでみました。

これは3〜4名様用(17cm)と書かれているものを選んだのですが、10種類もあるので、
1つの果物のゾーンで切ってしまうとだいぶ小さな感じです。
通常キルフェボンの店に置いてある1カットになっているものは25cmのホールから切っているものらしいので、
これを実際3〜4名様でいただいたとして、それでははたして足りるのだろうかなどと
思ったりなどしてしまいましたが、すでに心が何かに毒されているとしか思えないかもしれません。

入っている果物は、マンゴー、赤ぶどう、洋ナシ、ブルーベリー、柑橘系の何か、ラズベリー、
パイナップル、ブドウ系の何か、ブラックベリー、と思われます。
二つくらいよくわかりませんが、どれもみずみずしくておいしいものです。
カスタードはホワイトチョコレートの風味が入っており、上品な甘さでフルーツの風味を最大限生かしつつも底支えする感じ、
タルトなんて必要なのはフルーツの仕入れだけだろう、という私の過去の気持ちとお別れしなければなりません。

購入場所:銀座

Posted by kent at 03:20

2011年12月25日

[Whole Cake Days 2011] モンサンクレールのノエル フレーズ

DSC01564v2.jpg

今年のケーキもこれで終了です。
あと恒例のフルーツケーキを確保していますが、保存がきくものですので年末の朝食としてちびちび食する予定です。
昨年からホールケーキウィークではなくて、デイズということにして好きなものを何個か食うとしたものの、
結局3日連続とかで食べてるわけでなにも変わっていないともいえます。

寄る年波というか、今年は逆流性食道炎風のものになってる雰囲気があって、
こりゃ無理ではないかという感じもあったのですが、この一週間は特にその感じもなく、
本来はケーキなどは厳禁な感じなようなのですが、自分に関しては問題なさそうというかむしろいいくらいの
感じでした。というか、普段の不摂生が効いているわけで日常的な甘味の方に問題がありそうです。

自由が丘のことも例年記しておりますので、
特に何か今年変わったこともなく、やはり今年こそは何度か行こうと思ったものの
やはり行けない一年でしたし、せめてケーキとりに行く前に少し早く行こうかと思ったけど、
結果的にぎりぎりになったりしており、やはり自由が丘には縁が無いのでは無いか、
という思いを4年目にして新たにしています。単純に、何の通り道でも無いから、というのが大きいですが。

ケーキ自体は三年連続で同じものを選んでしまったのですが、
非常にちゃんとしたショートケーキであり、
私も来年はこのショートケーキのようにちゃんとしたい、そのように思わせる一品でございました。

購入場所:自由が丘

Posted by kent at 02:02

2011年12月23日

[Whole Cake Days 2011] オークウッドのヴェルデュール

DSC01556aJPG

毎年同じ事を繰り返していると、そういえばこんな事があったなあと思うことが
今年のことだったのか去年のことだったのかおととしのことだったのか
よくわからなくなることすらあるくらいなので、これから書くことも去年のことなのかもしれません。

このオークウッドは春日部にあり、しかも駅からだいぶ離れているという所で、
家から行って帰ってくるだけで3〜4時間かかってしまう感じなのですが、それでも毎年行ってしまうようなお店です。
行きに慌てて乗ったタクシーの運転手との雑談(いかにその店が人気があるかとか)の内容も全く去年と同じような気がしてしまいます。

駅からの徒歩二十分くらいかかる帰り道では例年懺悔タイムとして、
今年一年の反省をとぼとぼ歩きながら行うわけですが、
冬の寒空の中、どぶ川沿いの道を歩くときのBGMはなぜかミスチルがぴったりです。
これは毎年この時間はミスチルを聞くことになっています。

中でも「水上バス」という水上バスから彼女が手を振るのを桟橋から見てた思い出を思い出してる、
みたいな歌がばっちりだと思っていますが、実際それを聞いてるのは春日部のどぶ川沿いだ、というのがおあつらえ向きです。

Mr.Children 「水上バス」
http://www.youtube.com/watch?v=4zjuV2n5Khc


ケーキのまわりは鮮やかな緑のピスタチオのムース、
その中は、チェリーのババロアとムース、さらにチェリーが入っていて底はクッキーとクランチチョコになっています。
周りは緑で中は赤という非常にクリスマスらしい感じです。

写真はすべて寄っているので大きさがわかりにくいのですが、
これはとても大きなケーキです。ホールを食べるということで多さが
ある程度想像できるかと思いますが、実際はホールと一口に言っても
大きさはまちまち、という当たり前の事実。

購入場所:春日部

Posted by kent at 23:38

2011年12月22日

[Whole Cake Days 2011] 風と土のマリア

DSC01522a

今年は転職をしたということもあり、通勤する経路なども変わってこれまで行けていたような店が
行きづらくなったり、逆に行きやすくなったりした店などもあったりなどしています。

転職をすると言うことは、人間関係が新しくなると言うことでもありますので、
毎年ホールでケーキをたくさん食べるんですよ、という話をいきなりしてしまうと
情報量が多くなってよくわからない不思議ちゃんもしくはメンヘラー認定されてしまう可能性がありますので、

その前に、甘いものが好きなんですよ、と言うところから始まって、
徐々に情報を増やしていって、最終的に毎年ホールでケーキをたくさん食べる、
と言うところにたどりついて、すごく甘いものが好きだねえ、くらいの
自然な受け入れ方をされるというのが社会人としては望ましいわけですが、
今年は結局ホールでケーキを食べることがある、というところまでしかたどり着けませんでした。
4個食べる予定という所まではたどり着くことが来年の目標です。

この風と土もその結果で比較的行きやすくなった店です。
銀座とかそういうところにある店はある種のジャンルの人を対象にしている
こともあって比較的夜遅くまでやっていたりして会社帰りなどに行くにももってこいなのですが、
妙に見かけばっかり凝ってたりしがちで味はあんまりという感じだったりしがちなところもなきにしもあらずなのですが、
この店はなかなかに質実剛健な感じを醸し出しているところがお気に入りな点です。

周りはとてもつややかなチョコレートで、中身はかなり濃厚ですが、
くどくないチョコレートクリームと、バニラのクリームが少々入っています。
チョコレートクリーム系のものはくどさがあったり洋酒が入ってたりすると
どうしても後半のつらさがあるのですが、これはさらりと食べられました。

購入場所:銀座

Posted by kent at 23:05

2011年12月20日

[Whole Cake Days 2011] イデミ スギノのエモーション

DSC01501v2

さて、今年のこの季節がやってきました。
今年もやってきた、と言うこと自体に感謝の意を表しなければならないような、
そういう一年ではありました。

転職などをした都合上これまで行きやすかった店に行きづらくなったり、
逆に別の店に行きやすくなったりなどの小さな変化などもあったりしていますが、
ホールのケーキを大量食いするというようなことはまだ特に新しい会社の人には話していませんし、
別に話さなくても何とかなる、それがサラリーマン生活の奇妙でありつつも面白い点です。

と言いつつも今年は残り木曜、金曜、土曜という感じで食べますので、特に仕事に支障をきたさない、
そういうスマートホールケーキライフ(略してスマホ)を
ドントトラストオーバーサーティーと言われる側となった身としてやっていきたいと思いました。

イデミスギノはできれば毎年食べたい思うものの、
予約しなきゃと思ったときにはもうだいたい遅い、という店ですが、
去年に続いて今年も奇跡的にぎりぎり予約することができました。

上には洋酒の効いたシロップがつやつやとたっぷり塗られており、
チョコレートのムースでパッションフルーツのムースを挟み込むような構成です。

上に乗っている風味の強いショウガのコンフィが
はっと我に返らせてくれるような、最初にふさわしい一品でございました。

購入場所:京橋

Posted by kent at 01:27

2010年12月25日

[Whole Cake Days 2010] モンサンクレールのノエル フレーズ

IMG_0203s

今年はウィークではなくてデイズと言うことで3つしか食べない、
という話をすると、だいたいが三つでも多いよ!
という反応な訳ですが、このケーキのように小さいものは実際問題ホールに数えていいのか?
というくらいの感じではあります。

今年のいつもと違うシチュエーションとしては、
今年いっぱいで会社を退社するため、送別会的なものをケーキで挟むという感じに
なっていたのですが、思えば、今の会社に入社した年の年末からホールケーキを食って
いたわけで若干の感慨もあったりなかったりです。

そう思うと、今年までウィークで食えばよかった、という説もあるのですが、
今年で三十歳になった、という体力的なというか胃袋的な限界を優先したわけで、
やっぱり体が資本です。

とりとめもないのですが、その週間を乗り切ったいま言えるのは、
今年ウィークで食わなかった選択は正しいということです。


モンサンクレールのある自由が丘は、一昨年にはじめて行って以来、
毎年いい街だなあ、来年は何回か来ようと思いながら毎年この時期にしかこない街です。
なので今年は毎年早めに来てぶらぶらしようと思ってても結局ぎりぎりに着いてしまったり
してしまいました。それが自由が丘、それが自由、といえるでしょう。
来年こそは何回か来ようという気持ちを新たにしています。


IMG_0209s

このケーキ自体は一昨年に食べたものと同じであったみたいです。
普通のショートケーキではあるのですが、生クリームが非常になめらかで、
すっと溶けてしまうような、そういうはかない感じすらあります。
というか、すっと食べられてしまい、書いている今はそれを思い出しながら書いている感じです。


来年からは新しい会社に行くことになるのですが、
その会社の人にも年末ケーキを食わないといけないという話の説明を
一からすることになるのでしょう。
別にしなくてもいいんですけど、その感じが転職のめんどくさい感じではあります。
これから転職する人でケーキをホールで食べるために会社を休んだりした際に
その理由を一から説明する大変さが待っている、ということをお知らせしておきます。

購入場所:自由が丘

Posted by kent at 22:41

2010年12月24日

[Whole Cake Days 2010] オークウッドのトロピキャル

IMG_0197s

ふりかえってみると、最初にホールケーキウィークを始めたのは2003年のことで、
それから7年間もホールでケーキを食い続けているものの、
どうしても時の流れというのはあるわけで、つきあい方もドライにならざるを得ません。
このブログにも記録は残っていますが、2003年とか2004年のケーキの食い方は
ちょっと尋常じゃない量です。週に2,3回は食ってるくらいの感じです。

それに比べると今年などは月に一回食えばいいくらいで、
しかも何か新しい店などを探すような気持ちもなくなっており
完全にデパ地下のバイヤー任せ、という風情です。

これが夫婦生活なのであれば、事実上関係が破綻しているということになって
別の人とつきあっていても不倫だと言うことにはならないのかもしれないという
くらいのことかもしれませんが、それであってもホールのケーキを食っているという
そのよくわからなさ。人生にはいろいろな事があるもんです。


と、書いても来年見てもよくわからないことになってそうですが。
ツイッターは怖いものです。
いま部屋に花束があるのでとりあえず空き缶にさしてKAGEROUを下に引いているのですが、
KAGEROUのことももう来年は忘れてしまっているでしょう。
http://www.flickr.com/photos/tamorist/5278526481/in/photostream/

毎年書いていることではありますが、
春日部のオークウッドは毎年このタイミングでしか行かない店ではありますが、
ウィークで食うのはやめようと思ってもここのは食いたいなと言うような感じの店です。

駅からもだいぶ遠いので帰り道の徒歩20分間は毎年の懺悔をする厳粛な時間としていますが、
今年の懺悔は去年の懺悔を生かせなかった点です。
時々思うことですけども、いまのように日曜日にいいともを見たり年末にケーキを
食うような日常というのはいつまで続くものなのかな、みたいなことを考えたりもします。
それを維持できたことを良とするのか、打破できなかったことを懺悔とするのか、
みたいなことです。


IMG_0201s

周りを包んでいるのが少しシナモンの香りがするキャラメルのムースで、
その下がバナナで、ナッツが混じっています。
その下がミルクチョコのクリームになっています。

購入場所:春日部

Posted by kent at 01:57

2010年12月19日

[Whole Cake Days 2010] イデミスギノのプレジール

IMG_0192s

さて、この季節がやってきました。
が、去年でもういいだろと思ってもう辞めようと思っていたものの
ケーキの案内などが来るとつい予約してしまうというのも事実であって、
本当に食べたいやつだけを数個食うというのは単純な欲求の発露であります故に
特別なアレでなくてもこうしてお知らせしてゆくことも悪くはないと思うわけです。

特に今年は個人的な事情によって今週平日毎日のように飲み会があることも
わかっていましたので、その中で毎日ケーキを食っていると
絶対毎日ローゲーをクーハーすることになってしまいますので、
それも避けたいという気持ちがあったこともたしかです。

というわけで、今回は今日と23日、土曜日に食べる予定です。
もう一個フルーツケーキも用意していますが、これは例によってちびちび食べる予定です。


イデミスギノは家から比較的行きやすい京橋にあり、
以前よく行っていたのですが、数年前から極端に予約が取りづらくなったり
とても混んでいて売りきれていたりなどして何となく足が遠のいていたのですが
今年はちょっとした時間の余裕で行ってみたところ、無事予約を取ることができました。


IMG_0193s

形は珍しくだ円の形をしています。
表面には洋酒の味がしっかりしていたシロップが塗られています。
中身は二種のチョコレートムースとなっていて、上側がミルクっぽいもので
下側がかなりビターな感じのもので、グレープフルーツピールが混ざっています。

洋酒の味がしっかりしているというのは、
一個食べるときにはいいのですが、ホールで食べる際には凶器となる、
というのも数年ぶりに思い出した教訓です。


購入場所:京橋

Posted by kent at 23:51

2009年12月27日

[Whole Cake Week 2009] ホルトハウス房子のフルーツケーキ

IMG_0262v

始まりがあれば終わりがある、
みたいなそういう当たり前っぽいことでもその途中ではそうとはわからない
というところにいろんな事の苦難があるものと思いますが、
今年のケーキもこれが最後です。


もう一つ思うのは、終わっていたことが後になってわかる、みたいなことで、
形式上で続いているものが実質上は終わっているみたいな、こともよくあります。
紅白歌合戦は今年もあるけれども、本来の意味での国民的な歌合戦はもう何年も前に
終わっているような感じがあるわけだから、いつ番組が終わってもいいのかもしれないですが、
そういうことはせずにまあ、続けていく方がいいだろう、みたいな継続は力なり的な考え方です。

継続は力なり、といえば、
東京ジョイポリスのカウントダウンが毎年イジリー岡田なのも毎年気になっていますが、
http://tokyo-joypolis.com/event/091204_1/index.html
これも力なのでしょう。ただ、これはまだ一度見に行ってみたい、と思わせるものがあります。


まあ、その意味で言うと、毎週一個はケーキを食っていたような時は過ぎて、
食べても月一くらいの今の私のていたらくはホールをケーキで食うという資格という意味では
実質的な意味ではもう終わっているのかもしれません。
そういう寂しい感じは若干あります。

IMG_0265v

例年は夜食べられない日に非常用で会社で食べるために用意していたものですが、
今年は最終日に持ってきた上に、会社で全部食べる時間をとれなかったので、
飲み会の後で食おうと思ったら不調な胃に流し込まれたアルコールの猛烈な回りに屈してしまい、
一日遅れで食べるという残念な感じになってしまっています。

洋酒にどっぷりつけ込まれており、その味わいがとても大人の感じです。
ただ、例年はちょっとずつ食べていたので、あんまり気づかなかったのですが、
こういうものは一気にたくさん食べるものではない、という当たり前の事実に直面した次第です。


これで今年も終わりですが、一度ケーキのことを忘れてみたら、
もっと単純においしくいただけるかもしれないな、ということを思いますね。

ユニコーン「すばらしい日々」


すばらしい日々だ 力あふれ すべてを捨てて僕は生きてる
君は僕を忘れるから その頃にはすぐに君に会いに行ける
なつかしい歌も笑い顔も すべてを捨てて僕は生きてる
それでも君を思い出せば そんな時は何もせずに眠る眠る


来年もまた食べるのかは、わからないですけど、
それでも一個か二個は食べるのだと思います。


購入場所:インターネット

Posted by kent at 01:20

2009年12月25日

[Whole Cake Week 2009] トシヨロイヅカのノエルイタリエンとリッツカールトンのストロベリーショートケーキ

IMG_0240v

冬になるとどうしても風呂から上がるタイミングを逸したりしがちで、
毎日のように風呂で睡眠を取りがちなのですが、
ケーキを大量に摂取した状態で風呂で寝たのは今日が初めてです。
なんだ楽勝じゃんとか思っていると、思わぬことがあるという話です。


トシヨロイヅカは例年は恵比寿の方に行っており、
そこも駅から距離があるので懺悔の15分を毎年過ごしていたわけですが、
今年はミッドタウンに行く用事があったので、ついでに予約をした次第です。
その際になんか、ふっと思うものがあり、そのままリッツカールトンでもう一個予約をしたのですが、
なんか、そういうよくわからない思いつきは何なんだろうと思います。

ミッドタウンは今日だからと行って、格段混んででるわけでもなく、
まあ、といってもすいているわけでもなく、という感じでした。
ちょっと思ったのは、今日ミッドタウンに行くのも行かないのも、
早く帰ったり帰らなかったりするのも、今日だからと言うことでそうなるわけで、
各自ばらばらなものが今日だからと言うことで左右されるというのが
当たり前のようでなんだか変なようなそういう感じがちょっとしました。
そんな風にばらばらなのがくっついたり離れたりするよね、という話です。

一回風呂で寝て起きてまた残りのケーキを食った後のテンションなので
われながらよくわからない感じではありますが、思ったので書いてみよう、という試みです。


IMG_0251v

周りはコーヒーの味のするスポンジで、全体がチーズ的なクリームで、
中は苦めのコーヒー味のクリーム、コーヒー的なシロップに浸かったスポンジ、
で底はさっくりしたクッキー的な構成になっています。

IMG_0253v

上に乗っているイチゴの量がハンバないですが、非常によいイチゴでした。
スポンジはふんわりとしっとりとした感じ。周囲にはわりとしっかりとしたナッツが添えられています。


それぞれ個性のあって、おいしいケーキなのですが、
それが二個合わさると非常な膨満感を持っておそってくるという、そういう話です。
これは。

購入場所:六本木

Posted by kent at 06:06

2009年12月24日

[Whole Cake Week 2009] オークウッドのピンクアップル

IMG_0199v

今年はなんだか例年とは感じが違って、朝起きて寝る、くらいの感じで、
ケーキにとりに行って食う、というのが規則正しい感じで実施されている感じになっています。
例年だと、仕事があったりしてだんだん間に合わなくなってくる、という感じがあるのですが、
ほぼいまのところ、毎日同じペースで食べて、一切れだけ残して、こうやって感想を書く、という感じです。

これがアーティストだとすると、スタジオを決まった期間借りてあわてて曲を作るのではなくて、
日常の中で曲を作るようにしたんです、みたいな自前のスタジオを持つようになった
中堅アーティストのような話ではありますが、いかんせんこれはアーティストの話ではありません。


ただ、その中でもこの春日部のオークウッドに行くというのは、
ちょっと違った感じのある出来事で、電車で90分以上かかるという遠さと、
駅から20分くらい歩くという遠さが合わさった2倍の遠さがあります。
例年、この寒空を歩く20分は一年間の懺悔と後悔の20分になります。
これはこれで必要な時間ともいえますが、わかることは、毎年何かしらの後悔をしていると言うことです。

駅から離れて最初の橋の途中には銅像ゾーンがあるのですが、
いつも気になるのはこの銅像です。
IMG_0188v

裸にジーンズです。
これを見るたびに、来年はちゃんとしよう、という思いを新たにします。

IMG_0222v

上にはリンゴの薄く切ったものが乗っており、まんべんなくシロップがかかっています。
全体はほんのりリンゴの味のするムースで中にはふんわりしたスポンジが挟まっています。
底はリンゴジャムの塗られたクラッカーになっています。
周囲には薄いチョコ的な飾りがついています。

非常にやさしい味のムースで、一気に食べられます。
春日部まで行く理由というのは、それだけで十分かと思います。

IMG_0214v

ローソクも使ってみました。

購入場所:春日部

Posted by kent at 01:44

2009年12月23日

[Whole Cake Week 2009] サダハル・アオキのヴァランシア

IMG_0169v

4日目にしてようやく違う色味のケーキです。
予約しているときは一軒一軒でこの中でどれか、ということを考えているわけだから、
同じ色合いが続いてしまうこともあります。

ロロロ「卒業」

大人になれば こんな時うまくやれるようになるのかな?
なるのかな?
桜が散った 二度と戻らない日々の中 風を待つ 風に乗る


答えはというと、うまくやれるようにはならない、というところだと思います。
ただただ、食べるだけです。


有楽町はよく使う駅なのですが、
地下鉄の出口を工事していてかなり遠回りしないとJRと乗り換えができないようになっているのですが、
その中でも若干近い出口の前に毎日係員が立ってて、ここからは出れないからそのさらに奥の出口から
出るように大声で誘導しているのですが、実際は出れる、というよくわからない事が行われています。
あれは何なんだろう、ということをいつも思います。今のところは、あれは雇用を確保しているのだろう、
ということで納得しています。

世の中にはなんでこれが必要なのかな、と思うことがよくある、という話ですが、
それを言うなら、何でケーキを食うわけかね?ということになりますが、
これが私なりの景気対策だと思っています。ケーキだけに!

IMG_0183v

最近!とかを文章で使うことがなくなってきているので、使ってみたかった、という話です。

上に乗っているのは
ラズベリーのマカロンで、これは、さすがな感じのマカロンでした。
これだけで勝負できる感じのマカロンです。
きらきらしているのは飴細工的なものでオレンジ的な感じを演出しています。
ラズベリーとナッツも乗っていました。

上の部分はオレンジのムースで、その下がチョコレートのムースとスポンジで、
底が例のさっくりしたものになっています。

これのカットしたものを以前食べたことがあるので、
実はあんまりクリスマス関係ない感じもしています。
違うのはローソクがついているという点ですが、それは毎年もらっておきながら
非常用にストックすることにしています。

購入場所:有楽町

Posted by kent at 00:42

2009年12月22日

[Whole Cake Week 2009] ピエール・エルメのビュッシュ アンフィニマンカラメル

IMG_0156v

ケーキと仕事をどっちをとるの?
みたいな問いは特にないわけで、仕事の予定を見ながらケーキの予定を組んでいく、
もしくは、その間を調整するというところにある種のプロジェクトマネジメント的な発想があります。
紅茶やコーヒーは足りているか、スープもあった方がいいのか、というロジスティクスも欠かせません。

といいつつも、今年は午前中休んでしまう、とか、そういう大技に出ており、
淡々とケーキ取得をしてケーキ摂取をするという、それはそれで、
社会人生活も堂に入った対処などをしていたりもします。


表参道は特に甘酸っぱい思い出なども特にないような感じなのですが、
思い出すのは裏原宿だ何だと言うことで、得意げに案内をかって出たものの
目的地に全くたどり着けなかった、という経験があります。
探せども探せども筒井康隆の家しか見つからない(とても立派な家と表札)という感じ。
それが私の中の表参道です。(ちなみに、それは単純に店がつぶれていただけ)

といいつつも、このピエール・エルメ青山店は表参道からは少し歩いて紀伊国屋の少し先、
青学のちょっと前、みたいなところにあります。以前外苑前でバイトをしていたことがあるのですが、
妙な自意識過剰で昼休みこの辺にある青山ブックセンターまで歩いて本を買って帰るという
ことをしたことがあります。ちょっとわかりづらいかもしれませんが、google様に頼ると、
以下のような感じです。


大きな地図で見る

その徒労の感じがある程度よくわかるかと思います。
徒労も共有できるというのが時代の流れかと思います。


IMG_0167v

まわりはくっきりした味わいのほろ苦いカラメルの塗られたスポンジで、
中身はカラメルのとろっとしたもの、そしてその下がクリーム的なものですが、
そこにさっくりした四角いものが入っています。底もさっくりしたものです。
全体を通してみるとさっくり感が名誉ある地位を占めている感じです。

ケーキを食べている間は暖房を入れられないので、
まずは寒さとの戦いが必要な感じではあります。

購入場所:青山

Posted by kent at 00:50

2009年12月21日

[Whole Cake Week 2009] マンダリン オリエンタルのホーリーナイトとVironのブッシュドノエル

IMG_0121v

毎日一個食べるのを一週間やると決めたときは、
一週間も?とか思ったものですが、ケーキ店を知るにつれ、7個に絞らないといけないのか?
という思いもなくはない、ということもないことはない、という思いもなくはなかったのです。
一週間無理して食うのであれば、それは失礼な話ですが、食べたいケーキ屋さんが
近くに2軒あるのであれば、それは二個買うのにやぶさかではないのでしょう、
というスタンスを今回はとってみることにしました。


丸の内というのは最近なんだか開発が進んで、
ハカマのような感じの下は古い建物の再現で上は現代な高層ビル、という謎なビル群ばかり
集まっている、というおそらく世界的に見ても謎な、それはそれで建築の名所なのではないか、
と思わせる地域だったりします。

Vironはそこよりも少し東京駅よりのところにある店で、
パンやらフランスの料理などを扱っている店で、どちらかというとパンの方が有名な感じのところです。
渋谷店でむかし朝食を食べたことがありますが、それはそれは幸せな気分になったものでした。

マンダリンオリエンタルは丸の内ではなくて、日本橋にあるホテルですが、
ここらへんもやっぱり、低層は古い三井の建物の雰囲気を残すような体でたっていて、
上は高層ビルというハイブリッドな感じを出している地域です。

そのような近いところで意図せずして近い色合いの二つのケーキを買ってしまう、
というのは運命のいたずらというか、勝手に自分が天然で選んだだけなのですが、
M-1をワンセグで見ながらそんな二つを買ってきました。


IMG_0137v

Vironの方はケーキの名前を書いた予約の紙を渡してしまったので、
ケーキの名前はたぶん正確ではありません。たぶん、こんな感じ、というか、ブッシュなのは、
これだけだったはずという程度です。

上に乗っかっているのは洋なしで、脇を固めるのはマカロンです。
マカロンが脇を固めていると言うことで思い出すのは、去年のこれですが、
これは控えめな量でとてもおいしくいただくことができました。
中身はカラメル系のムースとスポンジになっています。

IMG_0146v

マンダリンオリエンタルの方はガトーショコラ的なタイプのブッシュです。
上に乗ってるのはみずみずしい感じのオレンジで、
中はチョコとバニラのムースです。


色合いが同じであっても中を見てみると意外とぜんぜん違うタイプだったりして
スムースに食べられた感じです。
しかし、現在の口の酸味は否めません。甘いものが虫歯の原因になることを身をもって認識する瞬間です。

購入場所:日本橋、丸の内

Posted by kent at 01:43

2009年12月20日

[Whole Cake Week 2009] モンサンクレールのジャーダン デ サンス

IMG_0100v.jpg

はい、今年もこの季節がやってきました。
未曾有の経済危機や、政権交代など、これまで普通に続いているようなものが変わったり、
なくなったり、そのままではいられなくなってしまうような中で、
相変わらずケーキを食べ続けられることに感謝をしておきたいところです。

今年は比較的仕事の端境期に当たっていて、特に予定調整の苦労もなくケーキを淡々ととりに行く感じで、
例年のように仕事をするチームの人にこれこれこういう事情でケーキを食べるので早く帰ります、
みたいな調整の必要も特にないので、本当に普通に食べるだけです。
ただただ胃もたれ気味で仕事をするという日常のちょっとしたアクセント的の感じです。

ただ、同じように食べているにしても、先輩とかにケーキを毎日食べるんでー、
とかいう風に茶目っ気な感じで伝えればよかった数年前と、後輩にケーキを食べるんで、
と伝えなければいけない今ではなんだかその感じは違います。
その重みのことを少し思います。

自由が丘は去年敵じゃないとか書いた割にはは結局行くのは一年ぶりなのですが、
やはり敵じゃない感じは十分にしました。思わず買い物などもしてしまう感じなのですが、
それは去年行って今度(ケーキを持ってないときに)来て買おうと思ったものなので、
一年の短さと、買いたさが変わらないというその感じもなんだかな感じはあります。

モンサンクレールは私が思っている方向といつも逆なので、
去年も迷ったのですが、今年も迷いました。どうしてもあのパリ的な
無印とかがある通りに出てしまいがちです。
モンサンクレールと言うくらいだから、あのパリ的な通りにあってほしい、と思います。


IMG_0113v.jpg

ケーキはというと、チョコムースとナッツの混じった何かしらのムース、で底はさくさくのもの、
で、さらにその底にチョコが塗ってあります。上にはナッツ類がいろんな種類がのっています。
チョコレートものは食い続けるとつらいものとそうでないものがありますが、
これはとても食べやすいタイプのやさしい味です。
しかし、いかんせん相当の小ささであるので、途中でちゃんと夕飯を食う決断をしましたが、
それを食い過ぎる、という趣旨がよくわかんないことになっています。

購入場所:自由が丘

Posted by kent at 01:40

2009年12月17日

[Whole Cake Week 2009] クリスマスケーキ予約状況

直前になってしまいましたが、以下のように予定しています。

12/19(土)モンサンクレール
12/20(日)Vironと丸の内近辺
12/21(月)ピエールエルメ
12/22(火)サダハル・アオキ
12/23(水、祝)オークウッド
12/24(木)トシヨロイヅカとリッツカールトン
12/25(金)ホルトハウス房子のフルーツケーキ

いろいろを予定を調整した結果で上のような感じなのですが、
最後がフルーツケーキ、というのが若干の残尿感が残りそうなので、
もしかしたらもう一個、というのもなくはないともいえなくもないです。
ただ、その尻つぼみ感を避けるために、24を二個にしてみています。
ただ、その尻つぼみ感は避けるものなのか?という感じもしています。

それにしても、毎年毎年ホールのケーキを一週間食べるんです、という説明を
新しい人にすることが面倒になってきており、特に会社の人にも言わずになんだか胃もたれ感を出している、
という感じになってきています。それは何なんだろう、ということを少し思います。

Posted by kent at 02:02

2008年12月25日

[Whole Cake Week 2008] サダハル・アオキのブッシュ ブランシュ

IMG_2536s.jpg

始まりがあるものにはちゃんと終わりが用意されているわけで、
淡々と最終日を迎えています。淡々と最終日を迎えることに
もはや何とも思わないという心境ですらあります。

本谷有希子「幸せ最高ありがとうマジで!」より

「ねえ、この世には理由なんてないことがいっぱいあるのよ。いい加減、気づきなさい。
不幸は無差別に起こるんだよ。私たちが幸せになれないことに、特に理由なんてないんだよ」


私たちが幸せになれないことに、特に理由なんてないのであれば、
私たちが幸せになれることについても、特に理由になんてないのであろうと思います。


スープをたった今あたためていたのですが、そのままほったらかしにしてしまい、
焦げた具だけになってしまっていたところです。
こうして頼みの綱のスープがなくなってしまうことにも特に理由なんてありません。

さすがに今日くらいになると忘年会シーズンと相まって
電車などもとても混雑して浮き足だった感じが世の中などを包んでいるわけですが、
私はというとそそくさと帰宅してケーキを食べてこれから仕事をするという
よくわからない感じになっています。

IMG_2540s.jpg

周囲はバニラのクリームで、まんなかの紫は酸味のあるカシスのコンポートです。
バニラ味はとても好きなので、特に苦もなく食べ終えようとしているところです。

今年は例年以上に淡々度合いがつよまっているわけなのですが、
特に理由もなく毎年やる、ということは風物詩というか伝統行事みたいなことで、
儀式的なことになってきていて、特に当初の意図とかはどうでもよくて
単純にケーキを食べるという表象だけが残っている、というところが
ありがちなところではあります。毎年食べることになってるから、みたいな。

だとすると、それを毎年延々続けられると言うこと自体は幸せなことなのかもしれません。
その幸せなことの結果が膨満感という不幸なのにも特に理由なんてありません。

購入場所:有楽町

Posted by kent at 23:49

[Whole Cake Week 2008] ピエール・エルメのビュッシュ モンテベッロ

IMG_2529s.jpg

これを書いている時点でまだ食べ終えられていない、
というのは例年通りであって、あるよねー。という感じでもあるのですが、
それでもゴールが見えないまま朝を迎えるという膨満感が確約されている状況は
いかんともしがたいものがあります。

チャットモンチー「シャングリラ」

あぁあ 気がつけばあんなちっぽけな物でつながってたんだ
あぁあ 手ぶらになって歩いてみりゃ 楽かもしんないな

胸を張って歩けよ 前を見て歩けよ
希望の光なんてなくったっていいじゃないか

とりあえずゆっくり食べるだけなのですが、
この場合の希望の光とは、なんてことを思ったりします。


スープ、とかかもしれません。


今日は仕事しながら取りに行かなければ行けない、というタイプの
ハードルの高い日程となっており、半ば強引に出てきて家でやりますとか
言う割には延々食べ続けていてまだメールすら見ていない状態ですが、
アメリカ人がバカンスの1月以上も前から自分のバカンス日程を知らせるがごとく、
私もケーキ週間を伝えてきたわけで、致し方ないところではあるかと思います。

ピエール・エルメは青山に店ができる前は赤坂のニューオータニ
に取りに行っていたものでしたが、昨今はというと青山の方にしています。
青山店は青山ブックセンターの近くにあり、例年はというと、帰りは表参道を眺めながら
帰っていたものですが、今日はそんな気分にもならす、そのまま地下鉄に乗り込み、
今に至っています。

IMG_2533s.jpg

周りを囲んでいるのはマカロンで、相当な数がちりばめられており、
それだけでおなかいっぱいというところに、なかなかしっかりとした
ピスタチオのクリームとスポンジ、さらにはイチゴのコンポートがはさまっています。

まだ10CMほど残っていますので、早く帰ろうと思った私の選択に誤りはなかったと言うことになります。
希望の光という名のマカロンはなくたってよかったかもなあ、とか思います。

購入場所:青山

Posted by kent at 00:29

2008年12月24日

[Whole Cake Week 2008] オークウッドのスノーホワイト

IMG_2514s.jpg

食べているはずの日と書いている日付がずれていることからわかるように、
壮大に何もかもが間に合っていない、ということになっています。
簡単にいうと他に書かなければならない文章があったりして
それを書きつつもケーキの賞味期限は1日な訳で、とりあえず書くために
ケーキは一切れを残しつつもどんどん時間は過ぎ去るわけで、みたいな話です。

何かが間違っている、ということを例年この辺で思うわけですが、
その誤りがなんなのか、未だにその答えを見つけられていません。


オークウッドは例年行っていますが、春日部は非常に心理的な遠さを感じざるを得ません。
駅からも非常に遠いため、タクシーで向かったのですが、どこから来たのかと聞かれ、
「東京です」と答えている自分にある種の傲慢さ、なども感じつつ、
東京ではないだと思い直してはより遠さを感じるという次第です。

行きはタクシーを使うことが多いのですが、帰りはいつも歩いて駅に向かいたくなります。
これは私の中である種のセンチメンタルというか、懺悔みたいな儀式として
毎年繰り返しているものです。


IMG_2518s.jpg

毎年書いていますが、この上にのっているラズベリーは毎年おいしいです。
そのソースも甘酸っぱさを添えてはいますが、「アクセント」というほどではありません。
全体として調和した甘酸っぱさです。真ん中の部分はピスタチオのムースになっています。

それがムースである限り、ホール食べに何の心配もありません。
これは人類の叡智と言ってもいいんじゃないでしょうか。

購入場所:春日部

Posted by kent at 00:50

2008年12月22日

[Whole Cake Week 2008] ホルトハウス房子のフルーツケーキ

IMG_2501s.jpg

とりあえず小休止的な感じで例年入れているケーキです。
フルーツケーキなので会社でも食べられるため、夜ケーキが食べられない日などに
活躍していっている訳なのですが、このケーキの予約のメールがいつも10月くらいに来るため
なんだかんだで予約してしまう、というものです。


IMG_2504s.jpg

会社で食える、とか書きましたが、
洋酒につけ込んであるものなので、猛烈な酒のにおいをまき散らしながらの食になり、
どうなのか、と思わせるものもあります。

購入場所:インターネット

Posted by kent at 23:30

[Whole Cake Week 2008] トシ・ヨロイヅカのノエル・ショコラ

IMG_2494s.jpg

例年この期間中は仕事をあまり入れないようにしているのですが、
今年はというと明日も出社するというていたらく、ケーキ好きの風上にも置けない状況でして、
今日の時点でこの時間となると、ちょいと辛いものがあったりします。


何が辛いかというと、
今年のケーキの予約の配置はよく考えたつもりだったのですが、
無意識のうちにチョコを潜ませていたことには気づきませんでした。
チョコは鬼門、というのが定説なのですが、毎日ショートケーキというのも
辛いものがあり、一日くらいは織り交ぜたいというのが人情です。

トシ・ヨロイヅカといえば川島なお美の旦那さんの店で、ミッドタウンの店が有名ですが、
そちらには行ったことがなく、いつも恵比寿の方に行っています。
行く途中には有名なZESTや蟻月などがあり、ZESTは通りかかるたびに、
パーティ的なものをやっており、舌打ちをしたものでしたが、今日は何もやっておらず
平和的に通り過ぎました。

蟻月は有名なモツ鍋屋で大変予約が取りにくい店なのですが、以前新人に
2時間ほど電話させて行ったことがありました。そのときに、隣の個室というか、
カーテンで仕切られている隣の席にYOUがいて、私はすぐ声でわかったので、
後輩ももわかったであろうと思って、ああ、みたいな目配せをしたら、
ああ、なるほどみたいなそぶりを見せたので、芸能人だからと言って騒がないという、
東京人らしいソフィスティケイトがわかってもらえた、と思ったら、
トイレから帰ってきた後輩が、YOUですよ!となりYOUですよ!と騒ぎ出したので、
たいそうがっかりした。という思い出があります。

IMG_2498s.jpg

ケーキはというと、この断面の通りなのですが、
洋酒みたいなものが結構強いのと、アクセント的にオレンジの洋酒漬けみたいなのが
入っており、それもまた結構強い、というのがポイントです。

アクセント的に入っているものはホールで食う場合には
相当なインパクトがあるということは、みなさんにお知らせしておきたいところです。

購入場所:恵比寿

Posted by kent at 03:26

2008年12月21日

[Whole Cake Week 2008] モンサンクレールのノエル フレーズ

IMG_2485s.jpg

今年もやってきました。
去年何かの山を乗り越えてしまったと言うこともあって、
もう今年は至って平常心というか、食うか食わないか考えると言うこともなく、
日常かのように淡々とケーキを一つずつ食する、という気分です。

昨今はというと、新しいケーキ屋なども特にデパ地下以外で歩き回って探し回るということもなく、
そういう探求心の低下、みたいなところに自分の加齢などを感じるところですが、
せめてこの週間くらいはデパ地下じゃなくて、あえて日常行かないところに行きたい
という思いで予約をしたいという気持ちもあり、この自由が丘、という、
東京にずっと住んでおりながらこれまでなんだかんだで一度も行ったことのなかったところに
足を踏み入れようと思った次第です。


私の中の自由が丘イメージはもう少し代官山とかのイメージに近く、
どちらかというと「敵」に近い感じというかそういう感じだったのですが、
実際の自由が丘はというとおしゃれ下北沢というか、
ああいうごちゃっとした中のおしゃれみたいなそういう親近感のある感じでした。

モンサンクレール自体もケーキを食い始めたあたりで超人気店みたいな感じで、
いずれ行ってみたいと思いつつも、何かのついでに行くところでもないので、
まったく行く機会に恵まれず、いずれはとか思いつつも長い年月が過ぎていました。

その長い年月のせいなのか、12/20という別にクリスマス感の薄い日程のせいなのか、
自由が丘の盛り上がりに対して、モンサンクレールは比較的すいていました。
普通のケーキもいくらかあったので、ついでに買っていこうかしらとかいう
気持ちを押さえる感じも年齢のなせるわざです。

自由が丘とかに親近感などを覚えるというあたりも大学の時の私であれば、
全く考えられなかった部分ではありますが、いかんせん片手にはケーキがあるわけで、
親近感を置き去りにして家路を急ぐ感じです。

IMG_2490s.jpg

ケーキはというと普通のショートケーキではあるのですが、
非常になめらかな生クリームと、やわらかなスポンジ、など
基本的な部分のおいしさにくわえて、底のところにカスタードクリームが入っていて、
それが全体的なレベル感を押し上げている感じがしました。

今すいているにしてもおいしいものはおいしいです。
最初から自由が丘とかは向こうからしてみれば敵でも何でもなくて、
勝手に敵だと思って今日にいたって勝手に和解しているみたいなそういう
人生にもよくある感じだなあ、とか思いました。

購入場所:自由が丘

Posted by kent at 14:20

2008年12月18日

[Whole Cake Week 2008] クリスマスケーキ予約状況

直前になってしまいましたが、以下のように予定しています。

12/20(土)モンサンクレール
12/21(日)トシヨロイヅカ
12/22(月)ホルトハウス房子のフルーツケーキ
12/23(火、祝)オークウッド
12/24(水)ピエール・エルメ
12/25(木)サダハル・アオキ

19からとか26までとか、1日2個とか言うことも頭をよぎったりしましたが、
よぎらなかったことにしました。

Posted by kent at 01:55

2007年12月25日

[Whole Cake Week 2007] オークウッドのヌーベルマリエ

IMG_2428s.jpg

今年もなんだかんだで食べ終えてしまうわけで、
二個、大丈夫、と思った私の見積もり感覚への個人的な信頼感は
増すとともに、予測不可能なことというのが年々減っていくという
寂しい感じがあります。

広瀬香美「愛があれば大丈夫」

宇宙の果てから届くメッセージ
どんなに迷っても泣いても
愛があれば大丈夫

最低限、予測可能だということは、
(ケーキ)愛があれば大丈夫、ということなのかもしれません。


年々、生活圏にないケーキ屋にはあんまり行かないようになってきており、
なかでもこのオークウッドは春日部であり、もう生活圏でもなんでもない、
それ以外の用事では行かないような距離感なのですが、
それでも年に一回は行っておきたい、というようなケーキ屋さんです。

春日部の駅前はこの時期毎年なぜか民芸品の即売を行っており、
特にクリスマスムードの中、買っている人もいないのですが、
独特の感じがあります。

Image038.jpg

オークウッド自体は駅からだいぶ歩いたところにあるのですが、
森の中の一軒家的な感じになっており、それなりの賑わいを見せています。
そうして、ドアのところにオーナの方がたっており、
お客さんに深々と頭を下げてドアを開け閉めしたりなどしており、
とても好感が持てる感じです。

もともとこのオーナの方は新宿のあの格差社会の象徴とも言うべき
パークハイアットのパティシエだった方で、そこを独立して、
この自分のふるさとの春日部で店を出すという時の心境というのは
どういうものだったのかなあ、と思うにすこし感慨深いものがあります。
帰りの駅までの長い道の間でそんなことをずっと考えていました。


で、ケーキはというと、
基調となっているのはホワイトチョコムースで、
そこに隠れるようにしてちょっと酸味のあるマンゴークリームがあり、
底の部分にラズベリーのジャム的なものを挟んださっくりとした
サブレがあるという感じです。

チョコムースというと重たくなりがちで、
ホールケーキ食いとしてはつらくなりがちな部分なのですが、
このムースはというと、あまり重たくならず、
すんなり食べられる感じです。


というようなあっさりした解説を書けるほどにあっさりと
食い終えているというところで、終わり方にまた困るわけですが、
そもそもこうやってホールのケーキをたくさん食べるというのは
この時期にしか食べられないクリスマスケーキをできるだけたくさんの
種類を食べるというのと、ケーキが好きだという気持ちを
新たにするという目的があったと思うのですが、

その目的からすると、いまの状況はというと、よくわからない状況です。
そうして、4年前の私は予想をしていなかった状況だろうなあ、と思います。
こんな落ち着いた文をホールケーキ食いまくり、というエントリに対して使う
ということすらも。

そんな感じで相変わらず迷子ですが、
今年のシティーボーイズのライブで各メンバーがいろんな言葉の
自分の辞書にかかれている定義を読み上げる、というのがあったのですが、
その中の斉木しげるの「幸せ」の定義を引用してお別れしたいと思います。
「幸せ:毛布ってむちゃくちゃ暖かい。あと、段ボールってむちゃくちゃ暖かい。」


購入場所:春日部 オークウッド

Posted by kent at 02:04

2007年12月24日

[Whole Cake Week 2007] サダハルアオキのサパン・カシスィエとペニンシュラホテル東京のストロベリーショートケーキ

IMG_2418s.jpg

昨日は結局3時までかけて食べ終わることができず、
朝起きて残りを食べたのですが、起き抜けの膨満感たるや、でした。
それを考えると今日は三つ食べたことになってしまいます。

椎名林檎「ギャンブル」

帰る場所など何処に在りましょう
動じ過ぎた もう疲れた
愛すべき人は何処に居ましょう
都合の良い答えは知っているけど


まるっきり、もう、迷子です。

左側はサダハルアオキのカシスを使ったもののクリスマス版で、
ツリー的な感じになっており、上に乗っているのはぶ厚めの板チョコです。
「板チョコはつらい」というのがホールケーキ食いとしては定説というか、
もう食べる前からわかっていることではありますが、つらい点です。

右側はペニンシュラ東京のショートケーキです。
フルーツが非常においしそうな感じを醸し出していますが、
フルーツから先に食べてしまったのは作戦ミスでした。

IMG_2419s.jpg

これらを取りに行った丸の内はミレナリオが終わったあとで、
若干さびしめのイルミネーションでしたが、そこそこの人が集まっていました。
昨日・今日とお台場・表参道・銀座・丸の内といったあたりを眺めてきたわけですが、
今年はわりと地味な服装が目立っていたように思いました。

あと、ゆりかもめのなかは去年と同じで、18時頃となると、
お台場に行くのではなく、お台場から出て行く客でいっぱいになるのですが、
じゃあ、その中はカップルだらけかというとそうでもなくて、
銀座なども同じような感じだったので、この感じはなんなんでしょうか。
クリスマス離れというか。まあ、比率で言えばカップルが最多なのですが。

Image046.jpg


ペニンシュラホテルはなんだかセレブっぽい感じだったり、
異国の言葉を使う人たちだったり、後ろ髪が長い子供だったりで
なかなか混んでいました。トイレなどが。
クリスマスだからいいホテルに行こうね。トイレだけでも。
ということだと悲しい感じになってしまいますが。

しかし、そのペニンシュラから二つホールケーキの箱を抱えて
出てくるわたしもそれはそれで悲しい感じだったかと思います。


ケーキの話に戻ると、これを食べ始めたのは、
ちょうどM-1で笑い飯が終わったあたりで、19時くらいだったのですが、
いま(2時)現在でまだ食べ終えられていません。
6時間かけて食べていることになるわけですが、
やはり板チョコに苦しめられています。

歯ごたえを楽しむ的な要素というのは
パーティ的な感じで分け合って食べ合うとか他の何かと
組み合わさって初めてアクセント的な良さがある部分なので、
ホールで食べている以上、全体が歯ごたえだけで、アクセントしかない、
ということになってしまいます。

ことになってしまいます、とか書きつつもホールで食べることなど
想定外でしょうから、文句は自分に跳ね返るだけなのですが。


購入場所:有楽町 サダハルアオキ、ペニンシュラホテル東京

Posted by kent at 02:25

2007年12月23日

[Whole Cake Week 2007] ピエール・エルメのアンフィニマン ヴァニーユとキャトルのノエルショート

IMG_2406s.jpg

二個食べるとか思ったときも、
それはそれで意外と何とかなるというような感じを持っていたわけで、
その辺が歳月のなせるものというか、本音と建て前の使い分けというか、
「いやーこれ以上負けられませんよー」といいつつがっぽりもうける、みたいな
大人の知恵的なところで、瞬時に脳内が計算した結果で、二個、平気、オレ、いける、
とか思っていたわけで、そこら辺が早くも大誤算といったところです。


しかしながら、その誤算も想定の範囲内、とか思ってしまうあたりが、
やっぱり歳月のなせるものというか、はいはい、そうきましたか、
リスクとして積んでおきましたよ、それは、という感じでもありますが、
一番の誤算はあんまり量的に食べられなくなっているという、
やっぱり歳月のなせるものだったりします。

そんな感じで堂々巡っているのですが、
まず、右側のピエール・エルメさんの方はバニラたっぷりと言ったところで、
上に乗っている黒いのもバニラですし、味的にもにおい的にもバニラづくしです。

左側の方はお台場のホテルグランパシフィックメリディアンの前にある
ケーキ屋さんのもので、ピエールさんの方で予約したケーキが
何味だったが思い出せないままに今日買ったものです。
苺のロールケーキですね。

お台場はいま、クリスマスづくしというか、フジテレビ前などは非常に
きらきらとした電飾に彩られているわけですが、

Image043.jpg

対してピエール・エルメを取りに行った表参道は
もう電飾などもなく、表参道ヒルズの安っぽいLEDみたいな外装くらいが
ある程度でエコな感じを出していました。

で、家に帰ってからもう4時間くらいたっていますが、
まだ半分程度残っています。途中で急遽スープを用意しましたが、
若干の焼け石に水というか、そもそも胃の容量的に無理という感じに
なっており、↓のサンタの表情に腹が立っているという状態です。

IMG_2410s.jpg

購入場所:ピエール・エルメ青山店、ホテルグランパシフィックメリディアン

Posted by kent at 00:46

2007年12月22日

[Whole Cake Week 2007] ホルトハウス房子のフルーツケーキ

IMG_2397s.jpg

予約状況のエントリで書いたように、そもそも今年はなんとなくこのまま
食べずに終わるという心構えで、もういい加減、大人になれよ、私。
などと思っていたわけで、今日これから今日の分のケーキを取りに行ったりして、
しかも明日は二つ食うという状況の気分でもないといったところです。

最初にホールで食べ始めたときの気分と今の気分は全く違うわけで、
そこがこうやって記録をつけてゆくことのおもしろさだったりします。
いま思えばあのときは若かった、そうして無邪気であった、とすら思います。
いまはもう少し、おごそかな気分です。そうして、部屋はとても寒いです。

このケーキは毎回会社に持っていって食べており、
小休止的なことで食べているところはあるのですが、
今年も予約を受け付けました的なメールが10月くらいに届くため、
なんだかんだでそこで予約してしまい、そのままその前後のケーキも予約してしまう、
という、諸悪の根源なのではないか、とか思ってしまうのですが、
今年もやっぱり別に、という感じで予約してしまいました。

ケーキとしては、洋酒的なものにどっぷりつけ込まれており、
これを会社で食べるというのはどうなんだ、という気もするのですが、
やっぱり今年もフロアに洋酒の香りを漂わせながら食べました。
仕事はとてもはかどった次第です。

購入場所:http://www.holthaus-fusako.com/

Posted by kent at 15:25

2007年12月18日

[Whole Cake Week 2007] クリスマスケーキ予約状況

紆余曲折あって、ケーキを予約し始めています。

今年は時間がとれないと言うところで、どうしようかなと思って、
後輩などに聞いてもいい加減大人になった方がいいとか言われるので、
それもそうかなあとか思い出していたのですが、

ここ数日で、以前仕事をした営業さんから今年はケーキは食ってるのかと
仕事の依頼の電話をもらったり、だいぶしばらくあってなかった知り合いなどからも
それを指摘されるなど、私=ケーキ的な認識をされていたりするのはそれはそれで
ありがたいことで、そうすると私がその人の記憶の中で生き続けるためには、
またケーキを食い続けなければいけない、という帰結になり、予約を始めた次第です。

■予定
12/21:ホルトハウス房子のフルーツケーキ
12/22:ピエール・エルメ、他1
12/23:サダハル・アオキ、ペニンシュラホテル東京
12/24:オークウッド

4日しかありませんし、21日は例によって特に準備運動的なことでしかありません。
そう考えると、当然の帰結として、二個食うべき、ということになります。
べき、ということでもないのですが、昼食って、夜食う、みたいな、文字通りのケーキ漬け、
という週末を送ってみよう、というところです。22日は一個決められていませんが、
昔やったみたいに、アドリブ的に調達できれば、と思っています。

Posted by kent at 19:48

2007年10月21日

あっぱれ太閤福もち

Image029f.jpg

買う際に店員のおばちゃんに、
「これ、赤福じゃないけどいい?赤福っぽいけど。」といわれました。
味的には赤福が恋しくなるような味でした。

赤福は今後は冷凍すると日持ちできるという観点で売り出したらどうか、
通販とか。と思ったら、もう通販はしていたらしい。バレバレかよ、と思いました。


購入場所:伊丹空港

Posted by kent at 20:03

2007年4月 3日

ラ・メール・プラールのオムレツケーキ

Image147.jpg

久しぶりにご紹介する気分になりました。
写真はうまくおさめていますので、大きさがわかりにくいですが、
なかなかの大きさです。

簡単に言うとオムレツ風のふんわりケーキで、中にはマスカルポーネのチーズと、
カスタードやら何やらのクリーム、というシンプルの構成です。
タマゴ感とかチーズのやわらかな酸味感などが素敵だと思いました。

購入場所:銀座 松屋

Posted by kent at 03:02

2006年12月26日

[Whole Cake Week 2006] トシヨロイヅカのノエルトビアス

IMG_2266.JPG

何の起伏もないまま最終日を迎えています。
去年などはとりあえず半分一気に食べて、これを書きながら
もう半分を、と言ったペースだったのですが、
今年はもうそのまますべて食べられてしまうものをわざわざ一切れ残して
ここを書き出している、と言う点で、違います。

思えば、遠くに、と言う話ですが、
着地点が幸せでないという点で、身体的には辛くはないものの、
これまでと結局同じ地点に着地してしまったのではないかと思いました。

IMG_2271.JPG

ただ、去年までと違うのは、この何ともいえない状態を
記述する文体が手探りという点です。

この店は恵比寿の駅から結構歩いたところにあるのですが、
近くに有名なモツ鍋屋の蟻月があり、さすがに最終日ともなれば、
しょっぱいものが食いたくなり、たいそうモツ鍋に心奪われました。

しかし、そのままケーキを受け取り、中を確認した瞬間に思ったのは、
その小ささと、楽勝感でした。とっさに私はこのままウェスティンまで歩いて、
ホールケーキをもう一個買わなくては、と言う想念にとりつかれたのですが、
それを振り払いながら帰途につきました。

一日二個ホールのケーキを食っていい、と言うことになると、
来年などは毎日二個づつ食う、みたいなことになりかねず、
何とかそのパンドラの箱を開けないでおいた、と言ったところです。


[断面]
IMG_2277.JPG

表面はつるつるしたチョコ
周りを囲む柔らかな味のチョコクリーム、
黄色い部分はよくわかんないです。底はさっくりした生地です。

実際本当に小さかったので、あっという間に食い終わりそうになり、
あわてて一口残したといったところです。
とてもおいしかったです。


これで終了、なのですが、あまりやり遂げた感もないですし、
例年までの、ああもう、しばらくケーキいいや、という感じも
とくにないです。この感覚をどうとらえるか、といったところで、
これはまさしく残尿感としか言いようがない感じです。

購入場所:恵比寿 トシヨロイヅカ

Posted by kent at 01:06

2006年12月25日

[Whole Cake Week 2006] サダハルアオキのGigolo

IMG_2243.JPG

Mr.Children「しるし」

ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた
共に生きれない日が来たって どうせ愛してしまうと思うんだ
ダーリンダーリン Oh My darling
狂おしく 鮮明に 僕の記憶を埋めつくす


これの「ダーリンダーリン」が矢井田瞳の「ダーリンダーリン」に対して、
このダーリン、重すぎ、とか思ってたのですが、これを書くに当たって
調べたところ、

矢井田瞳「My Sweet Darlin'」

Darlin,Darlin',can I come close to you? and can I talk to you?
Darlin,Darlin',can I hope you love me? but if you say NO! I will love you.


「それでも愛してしまう」と言う点では同じ、ということがわかりました。
で、というところですが、このダーリンをケーキ、と思ってみることで、
どうでしょう、いまのわたしの気持ちを表してはいませんか、
て、誰に問いかけているのかわかりませんし、書いては見たものの、
どうオチをつけていいかわからない、と言ったところです。
ダーリン、ダーリン。

IMG_2247.JPG

まず、周りを取り巻く白いものに目を奪われます。
あれ、いつも名前が思い浮かばないのですが、
サクサクでおいしいやつです。

しかし、この量。
ちょっと多い人数ならわいわいと食べ進められる感じですが、
いかんせん多勢に無勢。ひじょうにつらかったです。
ケーキ自体はいちご部分の柔らかな感じがとてもやさしかったです。
ストロベリーという感じはなく、いちごという感じ。

ろうそくがついてきたので、つけてみました。
IMG_2254.JPG

つけたあとで、いつもつけなければよかった、と思います。

昨日の購入の時点、お台場は非常に混んでいて、
まあ、混んでいるとはいえ、お台場から新橋まで立ってればいいだけなので、
まあよかったのですが、今日はあからさまに駅に向かう大行列ができており、
ああそうか、クリスマスにお台場に来るカップルはお台場の日航東京などに泊まるの
ではなく、どっかべつのところに行くのか、と言うことに気付いた次第です。

[断面]
IMG_2264.JPG

チョコレートのクリームとスポンジ、いちごチョコ的なムース、
と、上でも出た例のサクサクです。ここでもか!


そういえば、これを買うために有楽町に向かう途中で、
例の献血センターがあったので、見てみたところ、こんなことに。
Image103.jpg

ほかの血液の方には何をして欲しいか書いてあるのに、
B型の方にはとくに無指示です。
お前らはいつも勝手にやってっから、特に指示とかいらないよな、
っていうかお前ら指示とかされるとやる気なくなるからな、あえて。
っていうことでしょうか。

購入場所:有楽町 サダハルアオキ

Posted by kent at 00:53

2006年12月24日

[Whole Cake Week 2006] オークウッドのレーヌ

IMG_2231.JPG

椎名林檎「宗教」

あ、通り雨 憂ひ菩薩 雲 行きて また 晴れて
配置されし 僕の記号 期待すれば気付いてしまう
模範だらけ 模倣だらけ 續いて 往く 此の 営み

こうして食べていることが、4年目に突入しているのですが、
何でこう言うことを思ったのか、よくわからないことになっています。
官僚制みたいなもので、「去年もそうしたので」みたいな、前例踏襲的な、
伝統行事的な、そういうことになってきています。

例年、3,4日目、というのは辛いものなのですが(参考参考2)、
あんまり辛いことになっておらず、このままいくのも、
私としても微妙ですし、読んでくださっている皆様的にも、
あまりおもしろいことではないような感じがしてしまっているのも、
よくわからないところです。

IMG_2234.JPG

シンプルなケーキです。
実際のところ、あっという間に食い終えてしまい、
それはそれでどうなんだ、と思ってしまいます。

引っ越したおかげで春日部は猛烈に遠かったですが、
そのかけた時間(往復で3時間以上)の半分も使わずに完食です。
思わずタクシーを使ってしまったのですが、運転手の人が、
何も言わずに一発わかったのがすごいと思いました。
どれだけの人がタクシーでここの店に。

上に乗っているラズベリーは、去年同様非常においしかったです。

[断面]
IMG_2242.JPG

周りの部分はフロマージュのムースですね。非常においしい。
中のムースはほどよい酸味。
昨日のものと比べると、同じような形をしていながら、
非常に構成がシンプルですが、そこにある種の普遍への到達を
見いだしたりなどします。

こんな解説を書けるような余裕感。
そういえば、もともとはもう少し修行的な、自分への挑戦、みたいな
ニュアンスがあったわけですが、これではただ単にたくさんケーキを
食べていると言うだけです。

というか、無意識のうちにビュッシュ系の小さなケーキばかり
選んでいるわけで(丸いやつじゃなくて)、そこら辺に26歳のずるさがあります。
いや、でも辛い必要なんて、ないですよね。おいしいものをそこそこの量食う、
こんな幸せなことはないです。で、いいんですよね。
私、幸せになってもいいんですよね。

購入場所:春日部 オークウッド

Posted by kent at 00:02

2006年12月23日

[Whole Cake Week 2006] ピエールエルメのビュッシュ セレスト

IMG_2222.JPG

食べてはいるのですが、なかなか書こうという気分にならないと言うところで、
純粋にただただ食い続ける、と言うのも、それはそれでよいなあ、と思うこともあるわけです。
もしブログなどというものがなかったり、ニートだったりして誰とも話す機会がないような
状態でひたすらホールのケーキを食っている、その光景を想像するに、
んー、やっぱない。という感じがします。私という人間の自意識を感じる昨今です。

IMG_2226.JPG

全体を覆うのはパッションフルーツ的な酸味とイチゴ的な酸味ですが、
それをほど強い酸味ではありません。穏やかな酸味、といったところ。
底はサクサクです。

[断面]
IMG_2228.JPG

きれいな断面ですね。
自分で切ったものじゃなくて、端っこの板チョコを取ったところです。
イチゴが鮮明ですね。あと、上の方は、なんか説明しづらい復雑な感じになっています。
薄いゼリー的なものが挟まっていたり、サクサク物質が挟まっていたり、など。

まあ、最初は楽です。
だけども、最初の割に思ったより辛いというのも事実です。

購入場所:青山 ピエール・エルメ

Posted by kent at 15:44

[Whole Cake Week 2006] ホルトハウス房子のフルーツケーキ

IMG_2218.JPG

さて、今年もこの週間がやってきましたね。
今年は24日がクリスマスイブと言うことで、ケーキの売られる期間も
若干短めで、21日スタートと言うことになっていますので、
ウィークと言うほどでもありません。

そうだとしても、なんでその売られる期間一杯ホールのケーキを食い続けるのか、
というところにやっぱり答えはありません。

IMG_2221.JPG


今日のケーキは去年のものと同じものです。
通販で頼むものなので、会社に持って行ってゆっくり食べられるので、
意図としては胃を休める、というニュアンスです。

というのは去年書いた文面ですが、
今年は21から始める、と決めたために、予約の関係で
一番最初に食べる羽目になっています。
これが吉と出るか凶と出るか、と言ったところです。

[断面]
断面の写真を撮る前に食べてしまったので、写真はありません。
去年のを参照ください。今年もたいそうおいしかったですが、
お酒にだいぶ浸されているので、若干ほろ酔い気分で仕事をしました。

購入場所:http://www.holthaus-fusako.com/

Posted by kent at 00:21

2006年11月30日

トシヨロイズカのプレジデントともう一個

IMG_2216.JPGIMG_2215.JPG

なんだかんだで今年も結局クリスマスケーキの予約をしているわけで、
人生は困難だと思わされますね。

"プレジデント"は左のもので、フロマージュ的なものでした。
もう一個は名前を失念したのですが、ピスタチオムースがのっかっている
ナッツ的なプリンでもないけど、何だろう、そんな感じのもの、と言うものです。

しばらく書かないとケーキを紹介する言語が思い浮かびませんね。
でも書こうと思ったのはやっぱりおいしかったからです。

購入場所:恵比寿

Posted by kent at 01:44

2006年7月10日

紫野和久傳の西湖

Image044.jpg

写真を見てもよく分からない感じですが、
れんこんと和三盆でできたお菓子です。
というとさらにわからなくなる感じですが、
もちもちした食感に上品な甘さ、といった感じです。
この甘さは上品なというほかない甘さです。
ちなみにれんこん感は無いです。

購入場所:新宿 伊勢丹

↑丸の内店に何度か行ってその度売り切れで、
午前中でないとダメと言われていたので、
伊勢丹でフツーに19時くらいで売ってたので、思わず買いました。
銀座松屋にもあるようで、そちらでもすんなり買えるかもしれません。

ていうか、新宿伊勢丹の地下は何なんでしょう。
いまフランスフェアだかなんだかで非常に節操のないことになっているので、
行ってみてください。

Posted by kent at 02:32

2006年5月29日

ペニンシュラホテルの黒ごまと白ごまのプリン

06-05-26_21-42.jpg

なんつー、わかりやすい豪華。

上はなんかこんにゃくみたいなかんじですが、
そのすぐ下が非常に柔らかい黒ごまと、そうして、白ごま。
お上品です。

購入場所:日本橋三越

Posted by kent at 23:48

2006年5月14日

クラブハリエの焼きたてバーム

06-05-12_22-34.jpg

これでやっていたものです。
日本橋の三越にあることがわかったので、丸の内OLであるところの私は、
比較的終業間近というか、終業してもいない、16時頃に行ったのですが、
非常な大混雑でした。

そもそも、メニューがバームしかないのだから、単純にできたそばから売っていけばよいだけで、
バームは一度に20個くらいできて、しかも、どんどんできてくるので、
並んでいる意味がわかんなかったのですが、しばらく並んでいたらよくわかりました。

おみやげ用のものはこの時点でもう売り切れていたのですが、
それでも一度に3〜5個ほど買う人が連続しているわけです。
つまり、一回に20個できても、4人で終わってしまうわけで、
どんどんできていたにしても、そこそこ時間はかかるので、
そこで行列ができてしまう、と言うわけです。
さすが、みなさんのおかげです、といったところです。

肝心のバーム自体は、非常にやわらかく、バームというよりかは、
カステラだとかシフォンケーキだとか、そういった感じでした。
周りの砂糖的な部分のカリカリがよかったのですが、それも、
そういえばカステラ的な愉しみであるなあ、と思いました。
また、おみやげ用だとまた違った感じかもしれません。

購入場所:日本橋 三越

Posted by kent at 01:03

2006年5月11日

レトルダムールのショートケーキ

06-05-09_22-35.jpg

そもそもこうやってケーキのことを記録しているのは
甘味を食い過ぎる自分への戒めのはずだったはずなのですが、
ホールケーキを食いまくるというよく分からない段階に突入し、
今や食うのが日常だから、記録しきれない、みたいなことになってきているので、
できるだけ記録するようにします。

季節ものの終わりの方ということで、集中的にショートケーキばかり食べています。
これは非常に柔らかい、しかも、しつこくない、優等生的なショートケーキでした。
こういうショートケーキが普通と思ってはいけないのだろうけど、
これだけショートケーキばかり連続して食ってると、このくらいは当然という
感じになってきていますが、これは一般的な水準からするとかなりおいしい
部類に入るとは思います。

購入場所:渋谷 東急東横店

Posted by kent at 02:23

2006年5月 4日

サダハル・アオキのローズダムール

06-05-02_22-42.jpg

ケーキを買うときは4つくらい買ってきて、
最近は食う前に全部写真を撮らずに気になるものだけ撮って
すぐ食べ始めてしまうのですが、これは、一口食って、あわてて撮ったものです。
ローズが想像以上に良い感じです。あと、ローズじゃない部分も
ミルクっぽいともバニラっぽいともつかない、なんだか良い感じです。

購入場所:有楽町


↑最近、念願の丸の内OLになったので、よく行きます。
というか、丸の内OLというのは本当はすごく数が少なくて、
本当は有楽町OLと大手町OLがほとんどなのではないか、という感じはします。
歴史をひもとくと、そもそも丸ビルに勤めるニュータイプの女性のことを
そう呼んでいたようです。

Posted by kent at 00:20

2006年4月14日

ショートケーキ三昧

依然として、たくさんケーキは食べておりますが、なかなかご紹介する気持ちに恵まれないので、
春らしくショートケーキをまとめてご紹介して皆さんのご機嫌を伺おう、というエントリです。

■マンダリン・オリエンタルのショートケーキ
06-04-07_21-55.jpg

非常にまっとうなショートケーキ、という感じです。
スポンジも非常にふんわりしつつ、口の中ですっと消える、そんな感じです。
イチゴはケーキの小ささにあわせて少し小さめのカットながら、
形をとどめています。

■ホテルニューオータニのスーパーショートケーキ
06-04-11_04-43.jpg

スーパーです。
何がスーパーなのか、よく分かりませんが、これも、基本的には基本がしっかりしている系の
ショートケーキです。イチゴはスポンジのふんわり溶けてなくなるような感じにあわせて、
横にスライスしてあり、スポンジの柔らかさを妨げないようになっています。
その分、上に乗っているものは大きめです。ちなみに、全体的にも大きめです。

■パークハイアットのミルクショートケーキ
06-04-13_23-1000.jpg

スポンジはしっとり系で、若干口にその舌触りを残しつつ消える、という感じです。
ほかのと違うのは、練乳が中に入っており、イチゴと絶妙なハーモニーを奏でる、という点で、
これはこれでエクセレントである、と思いました。


ほかにもいくつか食べたのですが、写真だけとっていて、どこのケーキだか
わからない感じになっていたので、とりあえずこのくらいにしておきます。
昔は果物に頼るケーキはあまり好きじゃなかったのですが、
最近は旬などを気にしがちで、旬の魚を食う、みたいな、そういう
年寄り臭いそういう領域に来ているなあ、と思いました。

Posted by kent at 00:11

2006年3月24日

サダハル・アオキのドーム抹茶

06-03-24_01-02.jpg

ドーム抹茶。もうそれ以上説明のしようもない。
店頭の名札はもっとなんか書いてあった気がしますが、
手元のレシートはただ、ただ、ドームマッチャと。

前知り合いの家で食べて、今回は二回目なのですが、
非常においしいです。抹茶をバカにしていたな、と思いました。
中にはあんこです。

購入場所:有楽町


21時までやっているのはありがたいです。

Posted by kent at 01:56

2006年3月13日

マンダリン オリエンタル東京のケーキ

IMG_2043.JPG

一気に食ったので、まとめて。

■デリスショコラ(右上)
非常にまっとうなチョコレートケーキです。
変に大人感を出していない辺り、
逆に大人っぽい、そんな感じです。

■アナイス(左下)
上にのってる黄色いのはパインです。
下側はスポンジ、クリームの切り返しですが、
スポンジは若干ナッツとか混ざっているタイプの
さっくりした感じのやつ(名前失念)で、クリームにも若干パイン。
これも、南国感みたいなのが控えめで、奥ゆかしい感じです。

■アケボノ(左中)
上にのってるのはビスケット的なもの。
次が酸味のあるパッション系のムース。
次が、チョコレートムース。
次がわりとしっかりした生地のスポンジです。

■ドルチェヴィータ(左上)
上にはたくさんのフルーツ。
中はバニラっぽいムースと、ラズベリー?のソース。
わりと私好みな感じです。

全体的におとなしい、よく言えば大人っぽい感じです。
大人と言っても洋酒をがんがん使って、みたいな感じじゃなくて、
角の取れた感じ、端的に言うと↓箱に表れるような繊細な和的な感じです。
IMG_2041.JPG

いわゆるヒルズ系とは一線を画すぞ、と言うそういう心構えが
この日本橋のホテルにはある、と言うことがこのケーキから感じられなくもないです。
値段は比較的手頃なのですが、量が非常に少ないので、
そこら辺も大人っぽい感じ、という感じもします。


それにしても、やはりあの辺に勤めていないとあえて行こうとは思わない立地です。
日本橋の近くなので、それは日本橋地域全体に言えることですが。
まあ、それは日本橋の上から高速道路が無くなっても同じことのように思います。

このショップは20時に閉まってしまうのですが、例えば、新宿で働いていたとして、
20時にここに着くには18:30位に終わってないと余裕を持って着けないわけで、
自分が丸の内OLならば、来たかなあ、などと言うことを考えてしまいます。
まあ、だから、私も含めてそういう層はまったく相手にしていない、
と、そういうホテルであることは間違いないです。

購入場所:マンダリンオリエンタル 東京

Posted by kent at 01:38

2006年1月17日

クープ・ド・キュールのマホガニーとグランデュック

06-01-17_00-09.jpg06-01-17_00-08009.jpg

名前をメモったものの、どっちがどっちだかわからなくなってしまったので。
丸い方がチョコクリームで角張っている方がなんだろう、これ。
ココナッツクリームかしら。

冬だというのに溶けてしまうような、そういう非常に柔らかいケーキです。
新年一発目にはやさしい感じです。
一緒にショートケーキも食べましたが、それも非常によかったです。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 00:16

2005年12月31日

[Whole Cake Week 2005] その後

IMG_1987.JPG

大掃除は箱を片付けるところからスタートします。

Posted by kent at 05:45

2005年12月26日

[Whole Cake Week 2005] オークウッドのクリスマスリース

IMG_1977.JPG

なかなか一言目が思い浮かびませんでした。
実際書こうとする前にはこういうことを書こうかとか言うのはあって、
メモをしておいたりするものですが、なかなか使いがたい状況というのはあります。

今年始めた際に最初に書こうかなあ、と思って、メモをしておいたことは、
去年、紅茶やコーヒーなどではとうていケーキを消費しきれず、
スープなどを用意しておいたものですが、今年は、渋めに紅茶を入れて、
砂糖を入れないことで意外と乗り切れることがわかったので、
今年のオレはノンシュガーだぜ!!
と書こうと思ったのですが、テンション的に書けませんでした、
が、いま書けたのでいいです。

しかし、いま思えば、最終的にはスープは必要でした。

IMG_1978.JPG

非常に美しいケーキです。
春日部まで取りに行く価値はあった、と思いました。
実際のところ、前日が余裕であったため、
ごまプリンも一緒に買ってしまうような、そういう
たるんだ雰囲気もありました。

これまでケーキを取りに行く場所と言えば都内の繁華街ばかり
であったので、春日部というのは非常にホームな感じ、
と言うか駅前もクリスマスなのに民芸市などがやっており、
さいたまだなあ、と思いつつも癒しを感じました。

[断面]
IMG_1983.JPG
ホワイトチョコレートのムースとストロベリーのムースの
コンビネーションです。

上に乗っているのはラズベリー、でしょうか、
このフルーツもこの季節に似つかわしくないみずみずしさです。
正直ケーキの上に乗っているラズベリーに期待したことも
おいしいと思ったことも無いのですが、
これはあからさまにおいしかったです。


このような形で終了することが果たしていいことかどうかわからない、
というのは去年のあの結果で今年一年棒に振ったことからも
よくわかるのですが、まあ、きっとキリスト教の神様は
来年も棒に振れというのでありましょう。

購入場所:春日部

Posted by kent at 02:08

2005年12月25日

[Whole Cake Week 2005] イデミスギノのセシル

IMG_1968.JPG

わたしは単にケーキが好きだと言いたいだけであるのに、
それを伝えるために、ケーキをホールで食うという行為には、
ケーキへの恨み、怒り、嫉妬、といったその好きだとか
そういうものとは正反対のような感情をも呼び起こすわけで、
われながら、面倒くせえやつだなあ、と思います。

なんて面倒くさい、回りくどい、うざい。
しかし、面倒くさくても、大丈夫だよ、
と言われる、と、信じています。

IMG_1970.JPG

このケーキを見たときに思ったのは、
ま、またチョコかよ。。
ということ、のみです。

[断面]
IMG_1974.JPG

上の白いクリームはココナッツ風味の生クリームで、
あとはミルクチョコとダークチョコのムース。
スポンジ部分にはチョコチップ。

もう、全然楽勝でした。
食べ終えたときには、私の口は思わず
杉野さん、ごっつあんでした、
と発声していた、と言います。

しかし最終日前日が楽勝、というのは、去年と同じで嫌な予感がします。

購入場所:京橋

Posted by kent at 15:57

2005年12月24日

[Whole Cake Week 2005] デフェールのデリス

IMG_1951.JPG

例えば、フェミニズムの成果として、
女性が男に頼らずとも、マンションなどを自分で購入してゆき、
一人で自活してゆく、ということが昨今はよくあると思うのですが、
それは裏を返せば、男性が女性と一緒でなくとも、
一人でクリスマスにホールのケーキを食べることができる、
ということなのではないか、
そう考えるとこれはたしかに、フェミニズムの果実なのです。

しかし、それがしあわせなのかどうか、自分でもよくわかりません。

IMG_1952.JPG

いや、そもそも、別に一人で食わなくてもいいし。

デフェール自体はたまプラーザのところにあるお店ですが、
買ったのは伊勢丹です。
新宿なので、例の血液型のを見てきました。
05-12-23_18-22.jpg

これは、新宿の地下道側から例の紀伊国屋近くの献血センターに入るところ
にある看板というか、ディスプレイなのですが、例によってこんな表示。
というか、これまでのところはホワイトボードに書いてあったり、
今日印刷しました、書きました、という風情だったのですが、
ここに関して言えば完全に発注されている感じ、というか、
もう、この組み合わせ以外ありえない、という状態になっています。
とどめ、といっても過言ではありません。
そんながっかりの中購入したのがこのケーキです。

IMG_1958.JPG

ろうそくがついていたので、せっかくなのでライトアップし、世界の平和を祈りました。
非常にきれいなケーキです。
上についている花のようなものは飴細工で、それ自体非常に技巧的、
しかもわりとおいしい、という仕上がりです。

[断面]
IMG_1957.JPG

周りはホワイトチョコレートムース、上から、カシス的なムース、
チョコレートムース、スポンジ、底はかりっとしたチョコっぽい生地です。

ムース、という単語に非常に安心感を覚える今日この頃です。
とりあえず半分一気に食べてから、残りをちびちび食う、
というプロセスで食しているのですが、半分すぎた段階でも
全然問題ない感じでした。
味としても、さっぱりした感じで、カシスのほのかな酸味が
アクセントになっており、すんなり完食できました。

おもうのは、やはりITベンチャーなどが入居するようなビルのケーキは、
私のような胃腸には向いていないのだなあ、ということです。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 16:04

2005年12月23日

[Whole Cake Week 2005] ウェスティンホテル東京のトリュフル

IMG_1943.JPG

悪循環です!一日で食いきれなかったら次の日苦しいというのはわかっていたものの、
ようやく昨日のケーキを食しおわり、まだ今日のケーキには手はついていません。

フィジカル面の限界が近づいてきておりますように思われます。
猛烈な胃痛と腸の不具合におそわれております。
しかしながら、メンタル面は、と言うと意外と大丈夫、と言うよりかは、
むしろアッパー、という感じも否めません。
それは腸の不具合にともなってトイレに駆け込んでそこで行われる
祭り、という風情すらある排泄の勢いと歩みをともなっているような感じもあり、
心と体は一つだ、と思わざるを得ませんが、
胃腸の不具合があることには変わりません。

もしくは、松岡修造のホームページの
「クヨクヨふさぎ込んでいるあなた・・・」
「もっと頑張りたいあなた・・・」
の映像を見たからかもしれません。すべてがどうでもよくなります。

IMG_1945.JPG

ウェスティンホテルは恵比寿ガーデンプレースのツタヤの隣にあるホテルで、
これまで行ったことがなかったのですが、ひょんなことから候補に入れてみました。
雰囲気としては、暗めの照明で、通好み、という風情でした。

恵比寿ガーデンプレース自体は六本木ヒルズの凋落を行ったあとで、
見ると、比較するのもかわいそうな、というか、
このクリスマス時期にこのにぎわい、みたいな感じでしたが、
それはそれで年齢層の高い落ち着いた雰囲気を出しており、
好感が持てました。

恵比寿というのはテレビなどではおしゃれ的なイメージで語られることが多いと思うのですが、
実際はおしゃれとはかけ離れた感じ、今時呼び出しをしてくれるルノアールがあるくらいですから、
おっさんの街、といっても過言ではありません。
若者向けではやっている店もトンカツ、もつ鍋、とおしゃれとはほど遠い。
この感じはわりと嫌ではないです。
といいつつも、前回書いたようにゼストでのパーティを見るに、みんな死んでしまえばいいのに、
と思います。

ちなみに、このケーキは1万円もして、
ああ、おれはケーキに1万円も出すのか、という若さを失った感じは否めません。
しかも一人で食うか。

[断面]
IMG_1947.JPG

高価なだけあって、金箔。高価なだけあって、トリュフ。
いかにも成金向け、といったわかりやすい豪華です。
トリュフというのは、私はあまり食べたことはありませんが、
松茸など同じで、香りを楽しむものだと思うのですが、
強い洋酒の香りとチョコレートの香りで、
特にトリュフのにおいはしない感じになっています。
トリュフを台無しにする、という辺りでようやくわかりづらい贅沢、
成金でない贅沢を味わったことになるのでしょう。

全体的に大人っぽい雰囲気、と申しますか、
お酒のきいた感じです。ここのホテルの上の方の階で、
セレブ的な方々がシャンパン片手に行われるパーティ、
などで振る舞われるものなのだなあ、と思います。
すくなくとも、六畳の足立区のとっちらかったマンションで食されるものでは
ないのでしょう。


それにしても、この重いチョコレートケーキを、
しかも、六本木ヒルズと恵比寿ガーデンプレースで、
二日連続で食す、しかも、代償に胃腸を壊す、という、
この奇妙な符号に、戦慄を覚えざるを得ません。
なにより自分で予約しておいて覚えていないという辺り。

購入場所:恵比寿ガーデンプレース

Posted by kent at 21:56

2005年12月22日

[Whole Cake Week 2005] ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションのブッシュ キャラメル サレ

IMG_1935.JPG

胃が痛いのです。上司に体調不良なので半休をとらせてくださいと、
メールを書きつつも実際やることはケーキを食ってさらに体調を悪化させるという悪循環なのです。

昨日は急遽お客さんとの忘年会が入り、それに出席した後ケーキ、
というのに不安はあったのですが、それ以前に朝から猛烈な胃痛で、
炭酸は胃に悪かろう、とビールを避け焼酎から開始したせいか、
猛烈に酔っぱらい、乗り換えの秋葉原駅で猛烈な不快感に襲われ、
大量に戻してしまったので(胃液だけ)、秋葉原駅には申し訳ないことをしました。

とくに、薄汚れた総武線の方ではなくて、ま新しいつくばエクスプレス秋葉原駅に大量に
胃酸をはきかけてしまったので、酸に強い素材であることを願うばかりです。
せめてもの救いは、私は酔っぱらっても意識は確かなので、
猛烈な吐き気の中でも、せめて、酸が目立たない場所に、という一心で、
わかりづらい場所にした、という点です。
そんなふうに秋葉原駅に迷惑をかけつつ、いろんなものに支えられながら
ケーキを食しています。かように、ケーキを食す、というのは有り難い営為なのです。

あまり関係ないですが、そのあとに乗ったつくばエクスプレスで
私は気づかず女性専用車両に乗っていたのですが、
誰もとがめなかったことに降りてから気づき、吐き気でもうろうとした頭脳は、
ああ、いまのわたしの髪型が、綾瀬はるかに似ているからかなあ、などと、
と思ったものでした。

IMG_1938.JPG

会社を少し早く抜け出してケーキを取得し、忘年会の会場の駅のコインロッカーに
コンビニで買った氷とともに保管していましたが、食し始めたのはいまさっきです。
幸いなことに賞味期限は「本日中」ではないようです。

六本木ヒルズにあまり近寄らなくなって幾年月、
ですが、やはりあのおしゃれ埋め立て地お台場の凋落を見たのと同様に、
六本木ヒルズも何だかなあ、という感じは否めません。
わたしがケーキを取得し、駅に帰る途中、人々は列を作って、
逆にヒルズに向かってゆくわけですが、その姿は、
景気回復、を思わせますが、飲みホで4000円のコースなんだけど、
女子は2000円でいいよ、という感じも思わせた、といいます。

[断面]
IMG_1941.JPG

一日置いてしまっているので、昨日の時点ではさくさくしていたであろうサブレ部分などの
風味を味わえないのが残念ではありますが、全体的に濃厚な、
チョコレートケーキなのです。アクセントとして、塩味のきいたキャラメルが
よい感じになっています。

ただ、今日食す予定のケーキもチョコレートケーキ、しかも濃厚そう、
という事実に、人生の困難さ、もしくは、ぼくらが旅に出る理由、
などを思わせます。

購入場所:六本木ヒルズ

Posted by kent at 10:36

2005年12月21日

[Whole Cake Week 2005] ホルトハウス房子のフルーツケーキ

IMG_1929.JPG

YUKI「長い夢」

バイバイ長い夢 そこへ行くにはどうすればいいの?
迷子になるよ 道案内してね

去年が
ケーキをただただおいしいと、そういう風に思えていたときのことを、
もう一回と願っても、もう戻ってこない、というセンチメンタルだとしたら、
今年のそれは、そもそも、そういう風に思えていたことなど、あったのだろうか、
それはただの長い夢で、そもそも無いのではないのか、
という疑いかもしれない、とか思いました。

だとしたら、それを探す行為というのはただの徒労ともいえ、
悲しいものがありますが、まあ、クネクネした道を行くだけです。

IMG_1930.JPG

今日のケーキは去年のものと同じものです。
通販で頼むものなので、会社に持って行ってゆっくり食べられるので、
意図としては胃を休める、というニュアンスです。

[断面]
IMG_1933.JPG

とくに解説は省きますが、大変おいしゅうございました。
それでいいのか、と思ってしまうのは悪い癖です。
別に、おいしくすんなり食べられるならば、それに越したことはないのです。

購入場所:http://www.holthaus-fusako.com/

Posted by kent at 01:02

2005年12月20日

[Whole Cake Week 2005] トシ・ヨロイズカのココノエル

IMG_1922.JPG

去年の場合というのは、実際のところ、たくさんの人と仕事をしていたので、
毎日ケーキ食ってんすよ、とかそういうことを言って皆さんのご機嫌を伺う、
ということができたので、それはそれで本当の意味でのつらさ、というのは
主にメンタル部分でなかったのですが、

今年の場合は、いまは私はほとんど一人で働いていることもあり、
非常に孤独に仕事を切り上げ、非常に孤独にケーキを取りに行き、
と、当初のこの一年間の老化に伴うフィジカル的な心配よりも、
メンタル的な部分で不安感がつのるこのごろです。
まあ、人生は困難です。

IMG_1924.JPG

ここは非常に恵比寿駅から遠いので、いろんなことを考えてしまいます。
途中にあるキムカツはいつも混んでおり、
もっと目の前にあるゼストくらい店を広くすればいいのに、と思わせます。
ゼストはゼストでいつも何かしらのパーティが行われており、
みんな死んじゃえばいいのに、と思わせます。


[断面]
IMG_1927.JPG

周囲はココナッツとココナッツのムースで中は苺のムースで、
スポンジっぽい部分はスポンジではなくて、
なんか、名前は忘れましたが、やわらかいクッキーというか、
なんというか、そんな感じのものです。
底はサブレ的になっていて、それも非常においしいです。

苺の部分も非常に甘やかな酸味で、全体的に楽勝、といったペースで、
人生もこのくらい楽勝であったならば、と思いました。

購入場所:恵比寿

Posted by kent at 01:49

2005年12月18日

[Whole Cake Week 2005] ピエール・エルメのビュッシュ デューヌ

IMG_1912.JPG

さあ、今年もやってきました。
本来のクリスマスというのは、キリスト教のお祭りであり、
というか、むしろ静かに敬虔な感じで祝うものだと思うのですが、
その意味で、私のやっていることは、静かであり、ある種の祈り、
みたいなものを含んでいますので、本来の趣旨からはあまりずれていないのかもしれない、

むしろ、こうして飽食の時代が来ようとは、キリスト教も想定していなかったと思うので、
そうした時代の苦行というのは、むしろ、このような形をとるのが
正当でないか、とかよくわからない論理に脳内が支配されている昨今です。
今年も世界平和を祈りつつ始めます。


ちなみに今日は、この24時間コント展を見た帰りであり、
徹夜明けですが、特に徹夜明けがあまり苦でないようなのでとりあえずそのことはスルーします。

IMG_1916.JPG

そもそもトップバッター(昭和っぽい表現)にピエール・エルメを持ってきたのは、
18日から販売しているということのみならず、去年の最終が
ピエールエルメであり、あまり苦でなかったというところにあります。
いわばしりとり方式。あまり苦でなかったものを最初に持ってくることで、
後半の苦戦を演出しよう、と、そういうことになります。

[断面]
IMG_1920.JPG

今年もあまりおいしそうに見えませんが、気にしないでください。
このケーキ自体は以前食べたもののビュッシュ版です。
ピスタチオベースでクリームやら、スポンジやら、柔らかい雰囲気に
包まれており、杏仁豆腐的な味がします。
そんな中、急遽現れるチョコレートに包まれた異物感。

当初私はピエールさんがなんかで日本かぶれ的な感じで
日本古来のあられやせんべいなどにインスパイアを受け
コラボレーション、フィーチャリングした結果、かと思いましたが、
トウモロコシを炒ったもののようです。

少量ならいいのですが、
ちょっと、この量を食べるには邪魔なアクセントでした。


しかし、あまりこれは量が多くないのに、
意外と苦戦しており、去年に比べ、やはり体質がおっさん化しており、
ケーキなどをあまり大量に受け付ける体ではなくなっているのかもしれません。
早くも雲行きが怪しいですが、ゴールは25日であり、
先はまだ長いと思うと嘆息です。

購入場所:赤坂 ホテルニューオータニ

Posted by kent at 22:48

2005年12月12日

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションのタルト フロマージュ オ ミルティーユ

05-12-12_22-33.jpg

簡単に言うとチーズケーキですが、
チーズ部分が複雑においしいのと、
ブルーベリーもよかったです。

残った最後の21日のケーキもここにしましたが、
まあ、たぶん大丈夫でしょう。

購入場所:六本木ヒルズ

Posted by kent at 22:57

2005年12月 5日

[Whole Cake Week 2005] クリスマスケーキ予約状況

今年もやってきました、ホールケーキウィークです。
簡単にいうと、ホールのケーキを一週間食い続ける、という、
やる理由が本人にももはやよくわからないウィークです。
飽食の現代社会のゆがみ、だと思ってください。

参考:
2003
2004

今年も予約がほぼ終了しました。
去年の経験から、
・おいしいのは多少重くともちゃんと食いきれる。
・ただし、当日はよくとも結局翌日死ぬ。
・酸っぱいのはおいしくても食いきれない。食いきっても絶望的な気分になる。
ということなので、考えつつ予約しようと思うまもなく、
気がついたら予約していたので、結果的に辛そうな日が何日かあります。
これから予約される方のご参考になれば、と思います。 

ところで、17日にこれを見に行くので、
いきなり徹夜明けからのスタートという極限状態となっています。

■18日(日):ピエール・エルメのビュッシュ デューヌ
http://www.newotani.co.jp/tokyo/christmas/sweets/01.html
http://www.pierreherme.co.jp/collection/
青山の路面店の方でも赤坂のニューオータニでも予約できますが、
ニューオータニの方が受け渡しが早いので、こちらにしました。
去年のキャレブランは非常においしかったので、安心感はあります。

■19日(月):トシ・ヨロイズカのココノエル
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/infomation/index.jsp
店頭で予約できます。受け渡しは21日からのようですが、早めに予約すれば
少し前でもよいとのことなので、ここに押し込みました。
問題は時間までに取りに行けるかと言うところですが。

■20日(火):ホルトハウス房子のフルーツケーキ
http://www.holthaus-fusako.com/fruit2005/index.html
もう予約は終了しています。
去年も食べたものです。
非常においしゅうございましたのと、生ものでないので、
会社に持って行ってゆっくり食べられる、というのも利点です。
ここで一休み、と思ってください。

■21日(水):パークハイアットの何か
http://www.parkhyatttokyo.com/Event_plan/Pastry/051013_002.html
未定ですが、パークハイアットで予約するつもりです。
去年は非常に辛かったので、
今年はちゃんと選ぼうと思いました。

■22日(木):ウェスティンホテル東京のトリュフル
http://www.westin-tokyo.co.jp/jp/restaurant/christmas_cake_2005.html
18日まで予約を受け付けているようです。
われながら頭がおかしいとしか思えない値段です。重そうだし。
しかも、ここのケーキは食べたことがない、というのも不安材料で、
一番の山場かと思われます。

■23日(金):デフェールのデリス
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/shops/foods/cake/index.jsp
店は遠いので、伊勢丹で予約しましたが、店ではまだ予約できるかもしれません。
伊勢丹はたぶん、無理です。相当前に予約したので、忘れていましたが、
フランボワーズという辺りで何となく、嫌な予感がします。

■24日(土):イデミスギノのセシル
まだ店頭で予約できるかと思います。
何味だか忘れましたが、もう一個がマロンだったから避けたような記憶があります。
マロンは重いので。

■25日(日):オークウッドのクリスマスリース
http://oakwood.ftw.jp/u31263.html
まだ予約できるようです。
写真から見ると重そうですが、ムースなので安心感はあります。

こうしてみると、相当重そうなものばかりに見えますな。

Posted by kent at 01:44

2005年11月27日

ピエール・エルメのエモーション・マホガニー

05-11-27_22-0400.jpg

上に乗ってるのがココナッツっぽいやつで、
上の方がキャラメルムースで、真ん中へんがパッションで、
下が、果実やらゼリーやら、みたいな。
大変おいしゅうございますが、お値段もさすがピエール、という感じです。

購入場所:ラポルト青山

Posted by kent at 23:11

ピエール・エルメのデューヌ

05-11-27_22-00.jpg

これと同じクリスマスケーキを予約したので、
どんなものかと買ってみました。

白い見かけとうってかわって鮮やかな緑色の中身。
なんというか、杏仁豆腐みたいな味がします。
ふしぎ。

購入場所:ラポルト青山

Posted by kent at 23:00

2005年10月31日

サダハル・アオキ・パリのカシスィエ

05-10-16_23-03.jpg

言いづれえ。
カシスやらチョコやらキャラメルやらナッツやら、ですね。
カシスの酸味が非常に上品な感じでございまして。

前も書いたと思うのですが、このケーキは非常に上品な感じなのですが、
その上品さがよい感じに作用している一品かと思いました。

購入場所:有楽町

Posted by kent at 01:21

2005年8月28日

イデミスギノのエキゾチック

05-08-28_22-04.jpg

バナナのムースやらマンゴーやら。
周りはココナッツ。
あまーい感じ。幸せ。

なんか、最近酸っぱいケーキばかり食ってたので、
このときの記憶を思い出しがちです。

購入場所:京橋

Posted by kent at 22:38

グランドハイアット東京フィオレンティーナペストリーブティックのスイカのショートケーキ

05-08-18_22-28.jpg

スイカのショートケーキ。
それがイメージされるものと全く同じ味がします。
んー、水っぽい上にじゃりじゃり感のあるものと、
クリームは合わないよね。。

購入場所:六本木ヒルズ

Posted by kent at 22:30

2005年8月 7日

ミニストップで買った杏仁豆腐

05-08-05_21-23.jpg

わりと固めの杏仁豆腐で、
最近の軟弱な杏仁豆腐にはもううんざり!
って言う人にお勧めです。高いし一人で食う量じゃないですが。

味も割とよいですが、やわらかくないということで、
最近流行の生クリームっぽいこってりした感じではないです。
さっぱりした感じで、ほんのり蜂蜜っぽい味がします。

ちなみに、買ったら店員にスプーンではなく、箸をつけられました。

あと、はがした瞬間に大量の汁が100%こぼれるので
注意してください。注意といってもこぼれないように、
ということじゃなくて、確実にこぼれるので、拭くものを用意、
ということです。

購入場所:ミニストップ(am/pmでも見たかも)

Posted by kent at 03:50

アンリシャルパンティエのテニシア

05-07-27_23-49.jpg

気になってはいたんです、このテニスボール。

ただ、私はもう見かけでケーキを選ばないことにしているので、
つい避けがちだったのですが、ふと酸っぱいケーキが食いたくなり、
これはおそらく酸っぱいであろう、と勝手に判断して買ったものの、
そんなに酸っぱくはない、と言うか、ほとんど酸っぱくない、
そういうケーキでした。

ちなみに中は↓。
05-07-27_23-55.jpg

購入場所:池袋東武

Posted by kent at 03:43

2005年7月25日

パークハイアットの桃のブランマンジェ

05-07-20_02-17~01.jpg

上の部分はほんのりお酒の味がする大人な感じになっており、
下の部分はなめらかでありつつも適度なこってり感。
二つ合わせるとなぜか夏の感じになる不思議なフィーリン。

購入場所:新宿 パークハイアット ペストリーブティック

Posted by kent at 02:42

2005年7月17日

オークウッドの胡麻プリン

05-07-10_15-14.jpg

いやいや、これはおいしいですよ..。
黒糖とかココナッツミルクとかもろもろと渾然一体な感じ。

購入場所:春日部 

Posted by kent at 00:31

2005年7月 3日

サダハル・アオキ・パリのプロバンス

05-06-28_22-21.jpg

ミルキーなクリームとココナッツとビスタチオと桃と。
だと思うのですが、いまいち自信が持てない。
ほのかな夏の感じが夏嫌いのわたしにはちょうど良いです。

購入場所:有楽町

Posted by kent at 05:11

2005年6月20日

ミクニのショートケーキ

05-05-31_19-46.jpg

食ったらすぐ書けばいいんですけどね。
知り合いに勧められて食いました。

何段重ねにもなっていて、
スポンジにはシロップがたっぷり染みていて、
苺も横に切ってあり、全体的なふんわり感を出しています。
これはよい。

購入場所:新宿 小田急ハルク

Posted by kent at 00:57

2005年5月29日

ピエール・エルメのキャレ・ブラン

05-05-20_22-10.jpg

以前、クリスマスケーキとして食べたものの小さい版です。
中身はクリスマスケーキ版と同じで、形がオシャレな感じになっていると、
まあ、そういう感じです。幸せ。このくらいの量は。

購入場所:青山 ラポルト青山


ラポルト青山。
地味な建物なので、単にピエール・エルメの路面店としか見えません。
ホテルニューオータニよりも近くなって良い感じなのです。
青山ブックセンターの近くです。

ちなみに、箱に書かれていた製造者。
05-05-29_23-45.jpg
東京スイーツて。

Posted by kent at 23:40

2005年5月 5日

サダハル・アオキ・パリのショコラブラウン

05-04-14_21-09.jpg

ショコラやらキャラメルやら、ですね。上に乗っかってるのはマカロン。
おいしいですが、全体的にこの人のはお上品、というか、
おフランス帰りざます、と言う感じがします。
それが好みが別れるかも、というかんじ。

購入場所:有楽町

Posted by kent at 05:13

2005年5月 4日

サダハル・アオキ・パリのヴァランシア

05-04-14_21-11.jpg

サダハルと言えば日本では、王貞治、となっていますので、
多くの人には元TBSアナ雨宮塔子の夫の人、という方が
通りがいい気がします。

上の部分は酸味の聞いたオレンジのムース的なものですね、
二層なチョコ的な部分、底はナッツ的。
おいしいっすよ。

購入場所:有楽町


オシャレ感溢れる店内。値段は全体的にちょっとお高い感じ。
丸の内と紹介されていることが多いようですが、
わたしの感覚としてはあの辺(ビックカメラのあたり)は
有楽町に入るかと思います。

Posted by kent at 04:15

2005年4月22日

ツッカベッカライ・カヤヌマのカイザーショコラ

05-04-13_20-36.jpg

舌かみそう。

わりと洋酒が染みている系のショコラです。
重厚でいて、それでいて軽快な、と言うか、
絶妙なバランスを感じさせます。
なんというか、基本がなっている、
と言う感じがします。

購入場所:溜池山王


ものすごくわかりにくい場所にあります。
店の作りも非常に重厚な感じで、内装とかもすごいです。

あと、このほかにクッキーも買いましたが、それもたいそうおいしかったです。

Posted by kent at 02:43

2005年4月12日

アンジェリーナの何か

05-04-11_20-5800.jpg

ケーキは食ってんですけど、書くほどじゃないなあ、とか、
写真取り忘れた、とか名前メモ忘れた、とか、感想思い浮かばない、
とか、そんな感じです。まあ、当面そういうケーキとの関わり方をするでしょう。
細々したことははてなに書いているので、ひとつ。
やっぱね、この1エントリ1タイトル制度がわたしには向いていない。

これは、グーテだがゲーテだか、ギョエテだか、なんか、そんな感じの名前だったのは
わかるんですが、正確なところは不明です。苺がのっかってて、
中に苺ロールケーキ的なものが入りつつ、それでいてミルキー?クリーミー?
そんな感じです。おいしい。もうすこし早く食いたかった。

購入場所:プランタン銀座



プランタン銀座の地下、もう、ケーキ目的ではまったく行く価値ないっすねえ。
ちょっとさみしい。

Posted by kent at 02:03

2005年2月14日

トシ・ヨロイヅカのジャンピエール

050213-2306.jpg

ドーム状のショコラのあれです。
中はチョコクリームやらスポンジやらピスタチオのムースやらナッツやら。
こういうやつって得てして安っぽい味がするんですが、
非常にふんわりでそれでいて、ナッツがよいアクセントになっています。

購入場所:恵比寿

Posted by kent at 03:42

トシ・ヨロイヅカのベルナール

050213-2306~00.jpg

ピスタチオのムースとチョコクリームとチョコのさくさくとピスタチオのプツプツと。
ピスタチオ好きー。

購入場所:恵比寿

Posted by kent at 03:40

2005年1月23日

オークウッドの紅玉りんごのパイ

IMG_1628.jpg

紅玉と言うことで、レモン汁っぽくない甘酸っぱさというか、
割とナチュラルな甘酸っぱさです。
パイ生地もなんか、なんて言ったらいいかわかんないけど、
おいしい感じです。

購入場所:春日部 オークウッド


駅から割と歩きますが、まあ、許容範囲です。
050110-1114.jpg
こんな感じののどかなお店です。


それはいいんですが、途中の橋にあった銅像。
050110-1127.jpg
さらにアップ。
050110-1128.jpg

埼玉の暗部を見た感じです。

Posted by kent at 23:28

2005年1月 2日

セブンイレブンのミニかまくら(苺入り)

050102-2159.jpg

甘味初め。
形の定まってない柔らかめのショートケーキで、
なかに、ババロア的なまた違った柔らかいものが入っていますね。

かまくらと言われると思いうかべるのはふかわりょうです、

購入場所:セブンイレブン

Posted by kent at 22:47

2004年12月27日

[Whole cake week] その後

IMG_1596.JPG

ちなみに、空き箱がこんな感じです。

Posted by kent at 02:04

2004年12月26日

[Whole cake week] ピエールエルメのビュッシュ キャレブラン

IMG_1593.JPG

全然ダメです!完全に尻つぼみです!
こんなハズじゃなかった!

そもそも、今年の目標はケーキを通じて
これまでの人生を悔い改める、と言うことだったのですが、
こんなことでは、全く何も変わりません!
こんなことはやめてせっかく来年からはさわやか人間になる予定だったのに..。
大変なのは初日と水曜だけであとはすんなり、であり、
むしろ今からコンビニで売れ残りケーキを買うことすらできるわけで、
限りないもの それが欲望(井上陽水)
などと思わせます。

とりあえず、今週のananの占いを読んで、来年に思いをはせています。
「障害があってもクリアして運命の人に出会うようなドラマティックな逆転劇が!」
だそうなので、がんばっていかなあかんなと思っています。
ていうか、まずanan買うのやめようよ。

そんなわけで、数種類のアロマオイルを同時に開けてしまい、
どうしようもない空気の状態になっている通気性の低い部屋からお送りしています。

ピエールエルメの入っているホテルニューオータニは、
紀尾井町というところにあるのですが、ここは赤坂からも四ッ谷からも遠くて、
ハイヤー利用者しか想定していないとしか思えないのですが、
こんな時期にこの辺をうろついている親子連れの子供はみんなジャンボ尾崎カットで、
少し悲しい気分になりました。

ニューオータニのドアは自動ドアなのですが、
ふつうの横に開く自動ドアではなく、ふつうに手で開けるドアが
自動に開くものなので、知らなくて、しかも作動がやや遅いので、
手で開けるものかと思ってしまい、開けようとすると作動したりして、
非常に恥ずかしい思いをしがちです。ていうか、始めて行ったときは
そんな感じでしたが、今日は平気でした。

受け取った後は整体ににいき、ゆがみきった背骨を
のばしていただきました。いただいた名刺の肩書きが「整体師」
はっ、整体師->洗脳されてしまう...?とかそんなよくわからない妄想を巡らせました。
そのときはまっすぐになったのですが、いまはもうぐってりです。

えーと、で、ケーキなのですが、おいしかったです。
カラメル系のケーキなのですが、カラメル好きにはたまらないですね。
あと、ナッツなども非常に食感が良かったし、
わたしの好きな何が入っているのかよくわからない系のケーキだったので、
良かったです。量的にも余裕過ぎです。もう一個くいたい、位の話です。

[断面]
IMG_1594.JPG
結局再度まで全くおいしそうに見えませんが、
たくさんいろいろはいっていることだけはよくわかるかと思います。

そんなわけでお送りしたホールケーキウィークなんですが、
非常に中途半端感じで申し訳ない気分です。
来年はできればやりたくないです。というか、
こういうことはやらないという決断を下せるようになっていたい、
と思います。すくなくとも、40,50歳になってこれが出来るか、
といえばできないわけで、どこかでやらない、と言う判断が入ると思うのですが、
できればその判断は25で出来るようになっていたいと思うわけです。

購入場所:紀尾井町 ホテルニューオータニ

Posted by kent at 03:37

2004年12月25日

[Whole cake week] テオブロマのテオノエル

IMG_1566.JPG

なにがしあわせなのかは各個人の感性でしょとかいいつつも
それでもおおくの人が選び取るものはそれはそれで意味がある
とはいえるわけで、とかそういういいわけがましいことを考えていました。

今日は午前中にケーキを取りに行き、会社の冷蔵庫に入れておき、
仕事を終わらせ、コインロッカーにケーキを入れ、
ピエール瀧とベートベンを見てきました。
レポートなどはその筋の人がやってくれるはずなので、
あまりしっかり書きませんが、すごかったです。
仕事が押していたので、30分遅れで入ったのですが、
入った時には観客みんなで「ゴーストバスターズ!」とか叫んでました。
あとは、シンセサイザーベートーベンとピエールの間接キスとか、
餅まきとか、してました。

そこで少し癒されたきらいがあり、
それはそれでどうなんだ、というきもちもあり、
恵比寿のクリスマスツリー(後輩によると1位だそうです。)
を横目にお台場に向かいました。
もちろん、豆腐を撮るためです。

去年のわたしはしょっちゅう豆腐を撮っていましたが、
昨今は撮れなくなっていました。なぜなら、豆腐を撮るためには、
豆腐に感情移入することが必要なのですけれども、
豆腐の孤独感に耐えられない、豆腐が重い、と言う状態に陥っていたからです。
しかし、今しかない、と思われました。

とか言うことを書いていると、いつまでたってもケーキの話にならないので、
先にケーキの話をします。

テオブロマと言えばチョコが有名ですが、たぶん、これは、
そこの中でも横綱的な位置のサンフォアキンというケーキの
クリスマス版と考えて良いと思います。
ただし上にはクリ的なものが載っており、
クリスマスの「クリ」をとったのでしょうか。ダジャレかよ!

で、上の写真はお台場と有明を結ぶ橋の途中で撮りました。
ゆりかもめに乗っていたら、想像以上にお台場は混んでいたので、
有明まで行ってとぼとぼ歩いていたからです。
そこで50枚ほど豆腐を撮り、さらにお台場に近づきましたが、
冒頭のようなことを思って、本当はフジテレビ前の
焼き肉屋で食おうと思ったのですが、
そんな彼岸にたどり着く前にわたしは現実世界に立ち戻ることを決心したわけです。

すいません、よくわかんないですね。

[断面]
IMG_1590.JPG
このように正当派、どっしり感のある断面です。

いよいよ、明日が最終なのですが、あまり着地点が見えてきません。
今日がクライマックスに追い込まれる予定だったのですが、
ケーキが思ったより小さく、すんなり食えてしまったのと、
ベートーベンに癒されてしまったこと、お台場のカップル(レベル低)に
癒されたこと、などの要因で意外と尻つぼみの様相を呈しています。
こんなことでは悟りを開くことなんて出来ないよ..。
精神的に向上心のないものは馬鹿..。

購入場所:池袋 東武


おまけフォト。

なんか、テオブロマの人には申し訳ないです..。

Posted by kent at 04:58

2004年12月23日

[Whole cake week] イデミスギノのデリシューズ

IMG_1545.JPG

起きたら18時でした..。
16時に予約していたので、あわてて取りに行った次第です。
銀座はたくさんの人でした。銀座は六本木ヒルズとは違い、
ちゃんといろんな服装の人がいたので安心しました。

今日は楽に食べることが出来ました。
それはこれがふんわり系であったこともあるのですが、
やっぱりおいしかったからでもあります。
しかし、それが逆に素直に喜べない、もっとどん底にたたき落とされたい、
という変なアレや残尿感があります。
人生を問い直す、と言う意味では、やはり、ここはもっと辛いことにならないと、
いままでどおりでいいんじゃん?みたいなことになってしまいます。

趣旨がよくわからなくなっていますが、
これは、チョコレートと、よくわかんないんですが、ベリー系?プルーン?みたいな
酸味のきいたムースです。上に乗っかっているのもプルーン?です。
大きさ的にもちょうど良い、ちょっとたくさん食った、程度の感じ。
ただ、こういうのがしあわせなのだ、とはならないということもわかった。

[断面]
IMG_1547.JPG
いい色していますね。
少なくともひとりで食うために作られたケーキでないことがよくわかります。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 22:50

[Whole cake week] パークハイアット東京 ペストリーブティック のクロッシュ

IMG_1541.JPG

電車の中で寝てしまい、気がついた時には床にケーキの箱が転がっていました..。
非常にまずそうな写真で申し訳ありません。イメージとしては、こちらの写真をごらんください。

今日は覚悟していましたが、やはり、想像以上に辛かったです..。
というか、まだ食い終わっていないのに見切り発車で書き始めています。
あたしはただ、しあわせになりたい、という一心なのですが、
しあわせというのはこんなに回り道をしないと手に入らないものなのでしょうか?
ほんとうに、なんでこんなことに..。いちばん嫌なのは、誰に頼まれたわけでもない、
にも関わらず、なぜかやらなければいけないような感じになっているところです。
すごく、哲学的な領域に突入している気がします。

今日のはライムシャンパンとベリーのムースです。
ムースなので、あまり重たい感じではないです。むしろ、ふんわり。
甘さはごく少しの面積を占めるスポンジとシャンパン部がわずかに
醸し出しており、メインの風味は酸味です。

以前、知り合いがグレープフルーツダイエットというのをやって、
酸味で舌をやられてしまい、何も食えなくなって、結果、激やせした、
と言う話を聞いたことがあるのですが、
これも、一人食べる分にはちょうど良い酸味なのですが、
この量の酸味は化学兵器的なニュアンスを持つような気がしました。
ごくわずかな甘み部分に助けられつつ、ちびちび食べてます。
人生って酸っぱいね..。

[断面]
IMG_1543.JPG
ムースなんで、断面も微妙ですいません。
ベリー系のものがたくさん入っています。ブルーベリーなども
たくさん入っているようなので、非常に目がくっきりしてきている気がしますが、
もっと、大事なものがぼやけてきている気がしています。

購入場所:新宿 パークハイアット東京

Posted by kent at 03:45

2004年12月22日

[Whole cake week] ホルトハウス房子のフルーツケーキ

IMG_1538.JPG

小沢健二「恋しくて」

幸せな時は 不思議な力に守られてるとも気づかずに
けど もう一回と願うならば それは複雑なあやとりのようで

思わず引用から始まってしまうほど、やさぐれムードは
ケーキ量の二乗に比例して右斜め上に伸びていますが、
もちろんここではケーキが単純においしかったころを
けどもう一回と願うならば、と言っているわけです。

とかいいつつも、今日は楽でした。
というのもこれは通販で購入したものなので、
朝からゆっくりとしたペースで食したりなど出来たからです。

正直、あまり期待していなかったのですが、
芳醇な風味、しっとり感、ふんだんなフルーツ、適度な量、
十分な食事時間などと相まって、とても好印象です。
何でもかなり長い時間かけて作るものなのだそうです。

[断面]
IMG_1540.JPG

断面もおいしそうに撮れています。
特筆すべきは生地のきめ細かさとしっとり感。
にもかかわらず重すぎない、と言うバランス感覚でしょう。
仕事中に食ったのでラム酒とコニャックの風味で酔っぱらいそうでしたが。

明日は山場、だと思っています。いろんな意味で。

購入場所:http://www.holthaus-fusako.com/

Posted by kent at 02:10

2004年12月21日

[Whole cake week] セルリアンタワー東急ホテルのキャフェキャネル

IMG_1533.JPG

いろんな方にはげましを受けました。
ありがたいことですが、これをやり遂げたからといって
あたしは何も世界に貢献できません。

去年よりも今年はより悲壮感が強いです。
去年はまだ初年度、と言うことで勢いだけで行けたところがあったのですが、
今年はとまりがちです。これが老化か、と言うのもあるのですが、
それよりも、自分はこういうことを死ぬまで続けるのか、
私の人生はこんなか、などと言うことを考えてしまったからでもあります。

そんなこんなで今日は非常に精神的に重苦しい一日でした。
胃の重苦しさが精神の重苦しさにつながる、という、
夏目漱石の晩年のような状態です。
日を追うにつれて内向的記述が増えるかと思いますが、
ご了承ください。

どうしても今日は予約時間の22時に間に合わなそうだったので、
早めにホテルに電話をかけて、どうにかしてもらおうと思ったのですが、
返事は、0時までは大丈夫です、と心強いもので、
さすが、型どおりのサービスをしないものだ、ホテルというものは、
と思ったりもしましたが、間に合わないなら間に合わないで、
今日食べるのはあきらめたのに、と言う気もないではありません。

表面にはシナモンが降りかかっており、基本的にはコーヒーのムースです。
写真を見る限り、堅そうな雰囲気だったので、
ちょっと気構えしたのですが、包丁を入れた瞬間に気分が明るくなりました。
ふんわり、です。

[断面]
IMG_1534.JPG
相変わらず断面写真をおいしそうに撮ることが出来ません。
ま、こんなかんじです。

今日はフォークがあんまり止まらずに食べることが出来ました。
昨日は食べ終わるのに4時間くらいかかったのですが、今日は簡単なものです。
勝因としては、コーヒーの代わりに野菜スープを用意したことだと思いました。

購入場所:渋谷 セルリアンタワー東急ホテル

Posted by kent at 02:32

2004年12月20日

[Whole cake week] グランドハイアット東京 ペストリーブティックのカッサータ

IMG_1528.JPG

ついに始まってしまいました、ホールケーキウィークです。
簡単にいうとホールのケーキを一人で食う週間です。

始める前は、まあ、今年もなんとかなるんじゃないか、と思っていたのですが、
今日、いきなり辛くて、そういえば、去年も辛かったよな、と、当たり前の
ことを思ったり、北朝鮮やイラクでひもじい思いをしている子供たちのことが
気になってしまい、自分の生き方をも問い直したくなるような、
そういう一週間になりそうです。逆ラマダンみたいな感じでしょうか。

そういえば、先日、後輩に
「先輩はちょっと離れた距離感で見ていたい感じの人ですよね」
と言われ、同じことを、過去に5回ほど言われたことなどを思い出したり、
など、最近、いろいろつらいかんじですが、がんばってゆかなあかんなと思っています。

で、今日のケーキは急に思い立って六本木ヒルズで買った物です。
久しぶりに六本木ヒルズに行きましたが、風景としては、
白いコートと赤いマフラーで溢れており、なんか、いろいろ考えてしまい、
やるせない気分になりました。

事前に読んでいた説明には、
「貴族のために作られた特別なケーキ」とあります。
一見、チョコレートケーキですが、なかはチーズやらクリームやら、
という感じです。

[断面]
IMG_1530.JPG

きれいに切れてませんが、こんな感じです。
スポンジ部分はパウンドケーキみたいな感じで、食べごたえがある感じです。
クリーム部分にオレンジピールとかが入っていて、
アクセントになっています。
チョコレート部分もこういう飾り的なチョコにありがちな
安っちい感じはあんまりしません。むしろ、おいしいです。

こういう食べ応えのあるケーキは少しだけ食べて満足してゆきたいですね。

購入場所:六本木 六本木ヒルズ グランドハイアット東京

Posted by kent at 00:04

2004年12月11日

[Whole cake week] クリスマスケーキ予約状況

今年も去年同様ホールケーキウィークが始まろうとしています。

去年の教訓を生かして、以下のような方針を考えています。
・出来るだけやわらかいものを
・出来るだけおいしいものを
・上記を満たすためにできるだけ予約する。
・あと、チョコレート系は鬼門。
今年の私は社会人二年目であり、ある程度自分の仕事の日程を
調整できますので、予定をにらみつつ、以下のようにしました。

■19日(日):ホルトハウス房子のフルーツケーキ
保存が利く物なので、万が一買えなかった日の予備にする予定です。
当日は別のケーキを買うかもしれません。予約は終了しています。

■20日(月):セルリアンタワー東急ホテルのキャフェキャネル
http://www.ceruleantower-hotel.com/restaurant/christmas2004.html

■21日(火):未定
この日くらいはどこかに買いに行くつもりです。
本当は銀座のシャネルの裏のレカン(21:30ぐらいまでやってる)を考えていたんですが、
この間行ったら閉店していたので..。

■22日(水):パークハイアットペストリーブティックのクロッシュ
http://www.parkhyatttokyo.com/Event_plan/Pastry/041110_003.html

■23日(木):イデミスギノのデリシューズ
まだ店頭で予約できるはずです。

■24日(金):テオブロマのテオノエル
まだ店頭で予約できるはずです。

■25日(土):ピエールエルメのビュッシュ キャレブラン
http://www.newotani.co.jp/tokyo/cake/index.html

ふー、あとは体調管理と職場の冷蔵庫の確保..。

Posted by kent at 03:40

2004年12月 9日

パティスリーSATSUKIのスーパーショートケーキ

041208-2133.jpg

もっといい命名はないのかね。

非常にふんわりしておりますよ。スポンジ部分がすごいです。
また、イチゴも横に切ってあり、そのふんわり感を生かす作り。

これのクリスマスケーキバージョン(1万円)を予約するか悩んで、
とりあえず今日ピースで食ってみましたが、結論は、いくらおいしかろうが、
ショートケーキのホールはきついと言うことです。
去年の教訓を生かしたいと思っています。

購入場所:赤坂 ホテルニューオータニ

Posted by kent at 03:04

2004年11月 8日

Fealteriaの季節のミルフィーユ

041107-2328.jpg

写真食べかけですいませんね。

なんというか、質実剛健なミルフィーユ。味がね。
昔っぽい味というか、職感とかは割と今っぽいのですが、
味の感じは昔っぽい感じ。焦げ目のあたりの味とか。
季節は秋だからたぶん栗とかです。

購入場所:新宿伊勢丹

Posted by kent at 01:38

2004年10月 4日

コメダ珈琲店のシロノワール

041002-1552.jpg

パンの上にアイスが載っててそれにシロップを大量にかけて食うのです。
地元の人にこれはすごい、食いきれない、と言われていましたが、
特に私のようなものにとっては問題ありませんでした。
アイスコーヒーもおいしかったです。

購入場所:名古屋 コメダ珈琲店

Posted by kent at 01:31

2004年10月 1日

セブンイレブンのとろけるごまプリン

040910-0135.jpg

とろけてます。ごま好き。

Posted by kent at 02:59

2004年9月20日

ドルチェ・ファブリガのティラミス

IMG_1483.jpg

パウダー、チーズ、チョコレートムース、チョコレートスポンジ。

なんか、おいしいですよ。
上にかかってるパウダーからもう、おいしいです。

購入場所:銀座 三越

Posted by kent at 00:45

ル・ショコラ・ドゥ・アッシュのグラン・エピスリ

IMG_1481.jpg

ミルクチョコムース。
シナモンだかなんだか、さまざまな強いにおいの
ものがのっかってます。
すごい、大人の味感。においでヒルズを表現でしょうか。

購入場所:六本木ヒルズ

Posted by kent at 00:35

2004年9月19日

ル・ショコラ・ドゥ・アッシュのキャラメル・ノア

IMG_1480.jpg

六本木ヒルズのアレです。

チョコムースやらキャラメルやらで
底はほろ苦いクッキー地。
ほろ苦い、と言う点で六本木ヒルズを意識しているのでしょう。

購入場所:六本木ヒルズ


↓ゆうめいなモンサンクレールのパティシエのひとの店です。
宝石店のような感じです。客層としても、ヒルズ的な客層です。
ヒルズ的と申しましても、森タワーの麓でうろちょろしていたり、
スタバやら豆乳カフェ、ツタヤでお茶を濁すような層ではございません。
なんか、いちゃいけないような、そんな感じがしました..。

Posted by kent at 23:47

2004年9月 6日

モンサンクレールのモンサンクレール

IMG_1462.jpg

コーヒーだかキャラメルだかのムースを焦がしたナッツでぎっしりと覆ったような。
食べ応えがあります。
店名を冠するぐらいだから自信作なのでしょうし、おいしいです。

購入場所:日本橋 高島屋

↑日本橋高島屋には日替わりでゆうめいスイーツ店を
紹介するところがあるんですが、月曜日がモンサンクレールで、
いついっても行ったときには売れ切れており、
やはり、自由が丘に行かなくてはならないのか、
と思っておったのですが、たまたま買うことができました。

でも、本店にも行ってみたいところですが、
私のようなものには自由が丘は遠すぎる..。じゆうがおか..。

Posted by kent at 00:13

2004年9月 1日

モンサンクレールのフロマージュクリュ

IMG_1461.jpg

レアチーズっす。
あんまり酸っぱくないのがいい。パインなどが入っています。

購入場所:日本橋 高島屋

Posted by kent at 01:12

モンサンクレールのセラヴィ

IMG_1459.jpg

セラヴィ感たっぷりの。
ホワイトチョコレートのムースに、中はフランボワーズやらチョコ?やらビスタチオやら。
やー、おいしい。

購入場所:日本橋 高島屋

Posted by kent at 01:02

モンサンクレールのカフェリーヌ

IMG_1458.jpg

コーヒームースやらスポンジやら。
すごくはっきりとしたコーヒーの味がします。

購入場所:日本橋 高島屋

Posted by kent at 00:54

2004年8月11日

アンリシャルパンティエの一年熟成チーズケーキ

040807-0114.jpg

うん、いいっす。
熟成感がよいですし、それほど
しつこくなくて、
ちょっと塩味がきいている感じです。

購入場所:池袋 西武

Posted by kent at 01:41

アンリシャルパンティエのファルニエンテ

040807-0109.jpg

マンゴーのゼリーやらクリームやら。
夏のケーキというといたずらに酸っぱいものが多いですが、
私は運動もしないし妊娠しているわけでもないので、
それほど酸味を求めて無い的な事情があるわけで、
そこをいくと、これはあんまり酸っぱくないので好感が持てます。

購入場所:池袋 西武

Posted by kent at 01:38

2004年7月21日

ドーナツプラントのシナモンバンズ

040716-2206.jpg

シナボン的な。
甘さ的にはシナボンよりも上品な感じです。
それでも人によっては受け付けがたい甘さだと思いますが。
あと、レーズンが入っています。

購入場所:ドーナツプラント大手町店


ドーナツプラントには何度も通ったのですが、
なかなか買えませんでした。朝会社に行く前とかに寄ったことも
あったのですが、その日に限って10時初回とかで買えなかったり、など。
今回は客先に昼過ぎから行くことにして寄ってみたら買えました。
でも買えたのはドーナツじゃねえし。

大手町店と言うことで、やはり丸ノ内OLなどが
大挙して買いに来たりなどするのでしょうか。
確実に知らないと行かないような位置にあるので、
OLネットワークのすさまじさ、などを感じます。

ちなみに、ディーン&デルッカでも買えるらしいのですが、
渋谷とか丸ノ内店を見る限り、どこにあるのかわかりません。
わかんないと言うことは多分売り切れているのだと思います。

Posted by kent at 02:31

2004年7月 5日

アンジェのトゥールピスターシェ

IMG_1445.jpg

ピスタチオのムースです。
ピスタチオのつぶつぶが入っててコリコリした食感が
味わえるのがよいと取るのか、悪いと取るのかで
多少意見が割れそうな点ですが、
私はまあ好きです。と言うか、ピスタチオのムースは全般的に好きです。

中には苺的なものが入っており、
アクセント的な役割的なものをはたしているように見受けられます。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 01:46

アンジェのショートケーキ

IMG_1443.jpg

ショートケーキです。
クリームがたっぷり気味で、
甘すぎずしつこすぎずな絶妙な雰囲気で、
スポンジもよいです。

ていうか、最近、食べておいしかったのしか
書いてないので、おいしい以外に書くことがないよ。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 01:45

アンジェの和三盆のシュークリーム

IMG_1441.jpg

和三盆好きなんで、とても気に入りました。

購入場所:新宿 伊勢丹


新宿伊勢丹の地下は週替わりか何かで
いろんなケーキ屋が入り、あんまりハズレがないので、
よく行きます。

Posted by kent at 01:43

ピエス・モンテのアップルパイ

IMG_1437.jpg


この店は銀座の外れの方にあるのですが、
夜遅くまでやっていて、クラブ的な店へのおみやげとして
よく使われ、とても高いがとてもおいしい、という話を
そういう店に勤めていた人から聞きました。

ので行ってみたのですが、おいしいです。
値段に見合っているとは思います。
林檎も何か知らないけどおいしいですし、
パイ部分もしっかりつくっている、といった感じです。

これまでタルトとかパイとかそういうのはあんまり
書いてなかった気がしますが、それは何でかというと、
大体素材の味に頼りがちで、そんなに差が出ないと思っていたからなのですが、
これはなかなかおいしいと思いました。でも、値段が値段なので、
それを考えるとそりゃそうか、という感じです。

購入場所:銀座


店員の人は非常に愛想が悪かったです。
私は店員の態度とかはまったく気にしない人ですが、
その私ですら、愛想が悪いと思うのだからさすがで、
それもこの店の用途をよく表している気がしました。
購入層は自分で食べないわけだから、
味さえよければ愛想がよい必要はないわけです。

Posted by kent at 01:37

2004年7月 4日

サン・ラファエルの天使のシュークリーム

040619-1632.jpg

クッキー地みたいなシューです。
でも薄くてもろい感じで、それでいてはざわりが、で、
ふんわり感とカリカリ感の両方が、みたいな感じです。
牛乳がやや強いタイプで、クリームはものすごくたっぷりです。

購入場所:浜松 遠鉄百貨店

Posted by kent at 04:23

まるたやのチーズボックス

IMG_1430.jpg

上がクリームっぽいややすっぱめのチーズで、
下がこってり感の強いチーズ。
底はあんまりカリカリはしてないですが、わりとおいしいです。

全体的にずっしり気味ですが、それでいてしつこくない感じです。
素朴な、昔っぽいチーズケーキだと思いました。

購入場所:浜松 遠鉄百貨店


浜松に行ったのは清水ミチコを見に行ったからなんですが、
なんか、この百貨店には若者がほとんどいなかったので、
若者の買うケーキの傾向がわかりませんでした。
このまるたやというのは浜松ではとても有名なケーキ屋なんだそうです。
おみやげで買うようなイメージです。

Posted by kent at 04:02

2004年6月20日

パークハイアット東京ペストリーブティックのchoco masa

040610-2109.jpg

なんか、写真全然おいしそうじゃないんですが。

チョコレートスポンジケーキです。
ですが、チョコレートクリーム的な、
なんと説明したらいいかわからないのですが、
スポンジだけではなくてチョコ自体が
練り込まれていて、温めるとそれが適度に溶けて
非常に濃厚な味わいになる感じです。
チョコチップかしら。

購入場所:新宿 パークハイアット東京

Posted by kent at 19:20

2004年6月17日

パークハイアット東京ペストリーブティックのアリア

IMG_1416.jpg

ムース部分はハチミツっぽい感じですが、
何かそのハチミツもなんか複雑な感じでしたし、
ナッツ的なのも複雑でチョコのムースも複雑で、
なんか、複雑な構成で、複雑な味でした。
おいしいです。

購入場所:新宿 パークハイアット東京

Posted by kent at 00:56

パークハイアット東京ペストリーブティックのバーミー

IMG_1418.jpg

夏っぽい果物が上に乗っており、
ムース、クリーム、ムース、スポンジ
なんですが、何のムースなんだかはわかりません。
多少夏っぽいやや酸味のある感じなんですが、
押しつけがましい酸味ではなく、あくまで
甘みが主で、という感じがとても好感が持てます。
あと、とてもやわらかいです。

こういう何のムースだけわからない、
とかそういうケーキはとても好きです。
ほんとうにおいしいです。

購入場所:新宿 パークハイアット東京


ロスト・イン・トランスレーションでおなじみの高級なホテルなだけあって、
ケーキを売っているペストリーブティックの
普通っぽい店員も普通にいろんな外国語を駆使するので、
さすがだと思いました。

また、上の方の階のレストランは金曜はスイーツフライデーということで、
通常のランチに加えてスイーツがもう一品付くとのことで、
行ったら負け犬の人は思ったより多くなかったです。
もっと若い人とか、そのくらいの年代でも結婚している方がメインで、
男だけのコンビとかもいたので人生いろいろを感じました。
ケーキは大層おいしかったです。量は全体的に少ないですが、
飲み物も付いて1980円は眺めを考えると安いと思いました。

隣にいたのはどっかの会社の営業部長と人事か何かの女性でした。
女性の方は非常に低姿勢で上品な感じで、部長が偉そうに講釈をたれるのを
熱心そうに聞いていましたが、その部長の話が
・帝国ホテルも最近庶民的になった
・良い店の三大条件はおいしくてリーズナブルな値段で雰囲気がよいこと
・吉祥寺は流行の最先端だよね。
といった感じで、別にさほど間違っているとは思いませんが、
得意げに言うことでもないです。

都庁とパークハイアットからは新宿中央公園のホームレスな人の住居が
豆粒のように見えるようになっていて、意図的な構成を感じました。

Posted by kent at 00:42

2004年6月 9日

グラマシーニューヨークのチーズケーキ

IMG_1414.jpg

やっと買えました。
もう、並んでたりすることはないようですが、
それでもさすがに17時分は19時ぐらいには売れてしまうようなので、
なかなか新宿勤務とかでもない限り買いづらいことは確かです。

非常にやわらかくふうわりと(美味しんぼ風表現)しています。
やや酸味がありますが、ほどよい感じです。
昔最初にこれを食った際はしがない大学生でしたので、
1500円?うまいけど高い!と思ったものですが、
いまとなっては1575円(総額表示方式)は、
まあ、ホールだし妥当なのかな、ないし、安いかも。
とか思います。

しかも、この缶の入れ物は食い終わった後で、
自分でケーキを焼く際などに活用できるので、
それを考えるとやはり安いのかもしれません。
プチゴージャス、とも言えます。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 02:19

2004年5月29日

シュクレペールのプラリネ

040529-2210~00.jpg

バナナ的なムースで、底がナッツとスポンジですか。
ムース部も柔らかいのと外面のわりとしっかりしたのに
分かれてる感じです。

非常に甘くて歯が痛かったんですが、
ケーキの問題と言うより歯の問題かもしれません。
ケーキは甘くあるべきだと思っています。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 22:46

2004年5月28日

文琳茶菓舗の杏仁豆腐

040525-2301.jpg

柔らかくて多少ねちゃねちゃしたタイプの、
杏仁感の強いやつです。

日本人にとって、
おいしい杏仁豆腐というのがどういうものかを考えさせられます。
柔らかいものが良いというのはある程度コンセンサスがあるように思いますが、
ネチャネチャ、そうして杏仁感は難しいところです。
杏仁豆腐と牛乳かんを混同しているひとも多く、
さらには、杏仁豆腐に生クリームとかそういう乳的要素を
加えがちなカフェー的な杏仁豆腐の影響もあり、
おそらく向こうの人が食ったらこんなものは杏仁豆腐ではない!
などといわれ、ほんとうの杏仁豆腐を食わせてやる!
みたいなことを言われ、食べてみたらそんなにおいしくなかった、
みたいな、そんな埋められない溝がある気がします。


購入場所:日本橋 コレド日本橋

↑最初に行ったときはいまいち良くターゲットがわからなかったのですが、
オフィスに入ってるのがメリルリンチと、あとどこかで、
なんとなくわかりました。

ソニプラがよりおしゃれにというか、こじゃれにというか、
そんな感じになった店とか、±0とかが置いてある
タカラのおしゃれショップとかが入っています。
それにしてもレジに行く人は誰もいなかったのが気になります。
ショールームなんでしょうか。
±0なんかも「購入可」とか書いてある割にレジが見あたらないので、
きっと店員に言えばいいんだろうけど、買いづらい感じを
醸し出していました。

これはきっと、全店買わせよう、という意志を前面に出さないことで、
実際購入者が少なかった際に、別に買ってもらわなくてもいいしー。
みたいなかんじで言い訳がしやすいためなんでしょう。
地下のスーパーとかパン屋とかスープストックは混んでました。
六本木ヒルズでカプリチョーザやスタバに入るようなものでしょう。

そういうことを考えるに、これからのああいうショッピングモールは
貧富の差を全開に押し出した構成がメインになるのでしょう。
その意味で六本木ヒルズのわかりやすい格差に比べ、
コレド日本橋は中途半端な感じがしました。

B1の安いゾーンとそれより上の階は動線がとぎれているのですが、
それによって、安いゾーンをセレブが見下す、
という構図を避けている点が良い点と言えば良い点ですが、
セレブ的には物足りないのかもしれません。
六本木ヒルズみたいにわかりやすい「高さ」「会員制」
という物理的な囲い込みは、隔離されながらも。
安全にその向こうを見ることをできる、
という動物園的構成で、それがセレブ気分を盛り上げるのだと思うからです。

そういう意味で、コレドは全体的に中途半端、
ただ、それは土地柄的にしょうがないのかもしれません。

Posted by kent at 00:52

2004年5月16日

トロワグロのミュゼ

040510-2306.jpg

植木鉢風ですか。
ただのチョコレートムース、とおもいきや、
わりと複雑な味です。何らかの白いムースもそこにあります。
なにかはちみつのような味もするし、
それいがいのももろもろ。
植木鉢自体は堅めのチョコです。

購入場所:新宿 小田急ハルク

Posted by kent at 01:31

DEAN&DELUCAのNYチーズケーキ

040503-2337.jpg

ニューヨークってなんだよ、
っていうことはよく考えてしまいますが、
なかなかおいしかったです。

購入場所;品川 DEAN & DELUCA

↑年収5千万円の人がターゲットという
ふれこみの総菜屋だったと思いますが、そういう人は
たぶん、品川にマンションなんか買わないんじゃないか、
とか思いました。まあ、丸ノ内店とかはいいんでしょうけど。
それとも帰りに買うわけか。

店内はオシャレ感が漂ってましたが、
閉店間際に行ったので、フツーにタイムサービス的な、
というか、総菜屋でおなじみの売れ残っちゃうと困るから、
的な値引きがなされていました。
まあ、それに対する言及(今なら安いヨ!奥さん!)はない点は
かろうじて、でした。

そういうことを考えると、年収5千万円を夢見る
年収500-800万円ぐらいの層がほんとうのターゲットかと思いました。
サラダ的なものも買いましたが、わりとおいしかったです。
あと、パンは会計の仕方がわかりづらくそこで店の常連か一見さんかを
見分けているのだと思いました。もう間違いません。

Posted by kent at 01:22

ジャン・ミエのビシュロン

IMG_1361.jpg

まあ、チョコレートクリーム、スポンジ、
と言う繰り返しのオーソドックス構成に見えて、
なんか、味が違います。甘みが何というか、砂糖系の甘みじゃないというか、
ちょっと説明できないけど、とってもおいしいです。とっても甘いけど。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 01:02

2004年5月 6日

ドゥー・シュークルのシュークリーム

040425-2053.jpg

ごまがふりかかってます。
サクサクした感じのタイプのシューです。
ごまの香ばしい感じ。

購入場所:北千住マルイ

↑わかりました、マルイ北千住店じゃなくて北千住マルイなんです。
タイムサービス(!)が行われており、
3つのケーキプラスこのシュークリームで1010円(センジュだから)と、
お買い得で、買ってしまったのですが、うわー、北千住住民をバカにして!
と、思うとともに買ってるんだから何を言う、とも思いました。

Posted by kent at 01:19

2004年5月 3日

セブンイレブンの抹茶プリン

040430-0456.jpg

この間新聞にプチゴージャスが流行ってる、
みたいな記事でまさしく自分がそうだ、
と思ってしまったのですが、まさに
これこそがプチゴージャス品です。
高えよ。241円て。

でもおいしいです。
プリン部はかなり柔らかく、ちゃんと抹茶の味がします。
上に乗ってる生クリームっぽいのも、アズキも
まあ、値段相応という感じです。

Posted by kent at 07:02

2004年4月26日

ホテル日航東京アルティザナールのノーブル

040421-0001.jpg

周りがモカのムース、中がチョコのクリームで、
なんかコリコリした謎の物体(おそらくローストしたナッツ)が。
うーん、まあ、こんなもんか?

写真を取り忘れてしまいましたが、
一緒に食べたショートケーキの方がおいしかったです。
苺が薄切りになっており、食べる際に違和感を感じずに
ふんわりした感じだけを味わえるような感じでした。

購入場所:お台場 ホテル日航東京

Posted by kent at 01:26

シェ・松尾のクレームアンジュ

040420-0030.jpg

いいすねえ。
クレームアンジュは基本的にあんまりはずさない感じです。

購入場所:日本橋 高島屋

Posted by kent at 01:21

ふるや古賀音庵の古賀音だんご(黒胡麻和三盆)

040418-1740.jpg

ふたを開けたらごましか入ってない!
と思いきやちゃんと埋まってるので大安心、
と言う一品です。

こりゃあ、うまいっすよ。
ごま自体も風味豊かな感じですし、
団子も柔らかさなどがちょうどよく、
量的にもおみやげにちょうどよいという雰囲気です。

購入場所:池袋 西武

Posted by kent at 01:18

シェ・シーマのクレームアンジュ

040418-2224.jpg

最近クレームアンジュがマイブームです。
中にラズベリーのソースとスポンジが。
ぬーん。

購入場所:池袋 西武

Posted by kent at 01:13

グラングルマン ル・クールピューのカラメルフリュイ

040417-0052.jpg

カラメルのムースにチョコレートスポンジ、
カラメルのムースにヘーゼルナッツや洋なし?
が入ってます。香ばしい感じ。

購入場所:荻窪

Posted by kent at 01:11

2004年4月19日

オーブン・ミトンのミトンズシュークリーム

040411-2211.jpg

この店はhanakoのスイーツグランプリか何かで
シュークリーム部門第一位に選べれていたので、
わざわざ免許の更新を府中で行ってついでに行きました。

シュー皮はもちもちした感じです。
クリーム部分はカスタードで、たまご感・牛乳感が強いです。
バニラは入ってないようです。素朴な感じで。
なんか、奇はてらってないがちゃんと作ってるって感じの味です。

購入場所:武蔵小金井 オーブン・ミトン

Posted by kent at 00:35

オーブン・ミトンのフォンダンペカン

040411-1835.jpg

こっちはよりビターな感じですね。
クルミが入っています。

購入場所:武蔵小金井 オーブン・ミトン

Posted by kent at 00:28

オーブン・ミトンのフォンダンショコラ

040411-1834.jpg

うー、最近食べ過ぎでいろいろと滞ってます。
表面がこんがりとさくっとしていつつも
中身はしっとりとろける感じに。

購入場所:武蔵小金井 オーブン・ミトン

Posted by kent at 00:27

2004年4月 8日

nicoの白いプリン

040408-0008.jpg

同じく。
コンビニで売ってる牛乳プリンと違うのは、
なんというか、離乳食っぽいと言うか、
赤ん坊が乳離れして最初の方に食わせる感じ、
って言う感じです。やさしい感じの。
おっちゃんにはちと物足りないです。

購入場所:渋谷 東急東横店

Posted by kent at 01:35

nicoのニコスティック

040407-2159.jpg

山羊乳でできたチーズケーキです。やぎちち。
上の方はふんわりで中面がしっとりな感じ。
味はまあ、想像通りの。まあ、まろやかな。

購入場所:渋谷 東急東横店

Posted by kent at 01:24

イナムラショウゾウの苺のロールケーキ

IMG_1326.JPG

見たまんまって感じです。
誰にでも親しめる感じの。

購入場所:鶯谷 イナムラショウゾウ

↑駅からわりと遠いのですが、案内板が至るところにあるので、
わかりやすいです。非常に桜がきれいなところにあります。

040404-1038.jpg

朝早くいったのですが、とても混んでいて、
客層的には年配の方が多かったです。
だから、土地的にもわりと、そういう層なので、
味もわりとそういうオーソドックスな、
それでいて手を抜かない、そういう感じになっている感じです。
洋酒の味が自己主張している、とかはない感じです。

一気食いはよくないっすねえ..。

Posted by kent at 01:16

イナムラショウゾウの桜シャンパン

IMG_1325.JPG

期間限定っすね。
スポンジ、クリーム、スポンジで、
スポンジにはおそらく桜の葉っぱの細かいのみたいなのが
入ってる感があり、クリーム部分は、
チェリーが挟まっている感じ。

シャンパンはどこ?かはよくわからないのですが、
チェリーがシャンパンに漬かってるような雰囲気でした。

購入場所:鶯谷 イナムラショウゾウ

Posted by kent at 01:11

イナムラショウゾウのショートケーキ

IMG_1323.JPG

おいしいっすよ。
この店はケーキの名前がストレートでいいですね。

購入場所:鶯谷 イナムラショウゾウ

Posted by kent at 01:10

イナムラショウゾウの上野の山のモンブラン

IMG_1321.JPG

表面は例のモンブランマロンクリームで、
中は生クリームやらカスタードっぽいクリームやらスポンジやら。

これはねえ、おいしいですよ。
もうなんだか。

購入場所:鶯谷 イナムラショウゾウ

Posted by kent at 01:08

イナムラショウゾウのドームショコラ

IMG_1320.JPG

簡単に書きます。

チョコに覆われてて、
中はチョコレートクリームとキャラメルクリームの混ざったの。
全体的に親しみやすいですよ。

購入場所:鶯谷 イナムラショウゾウ

Posted by kent at 01:07

2004年4月 4日

Vironのフレジエ

IMG_1317.JPG

いちごのショートケーキみたいな感じですが、
クリームがカスタードっぽいです。
いちごがはたくさん入ってます。

これはおいしいです。
わたしはあんまりスポンジが好きじゃないのですが、
このスポンジはとてもおいしいです。
砂糖が練り込んであるようなそんな感じ?ですかね。
いちごもまた季節ものだから今が食べどき、といった感じです。

購入場所:渋谷 Viron

Posted by kent at 16:09

Vironのプレステージ

IMG_1318.JPG

表面は、んーと、ハチミツっぽいやつで、
つぎがムースなんですが、何のムースだけわかんないです。
そうしてチョコクリーム、スポンジの底。

あんまり柔らかくないしっかりした感じ。
味的にもしっかりした感じというか。

購入場所:渋谷 Viron

↑パンがおいしかったです。

Posted by kent at 16:08

デフェールのサオトボ

IMG_1313.JPG

いわゆるフォンダンショコラというやつだと思うのですが、
電子レンジで温めてとろけたものを食べるという
エポックメイキングさに感銘を受けます。とか。

中にはとろけ部分とナッツ的なものなどが入っており、
甘さは控えめで、非常に堪能させてもらった感があります。

購入場所:たまプラーザ デフェール

Posted by kent at 16:04

2004年3月30日

デフェールのジヴァラ

IMG_1312.JPG

とばします。

上の花っぽいのはチョコで、
チョコレートのムースに、サクサク部分にスポンジ。

ムース部分はわりとしっかりした感じで、
まろやかな感じのミルクチョコです。
安心して食べられる感じです。

購入場所:たまプラーザ デフェール

Posted by kent at 00:22

2004年3月29日

デフェールのマンダリン・ナポレオン

IMG_1310.JPG

オレンジ系のクリームにチョコ?
っぽいクリームにマーマレードやらなんやらで、
底はなんかサクサクです。

酸味がほどよいというか、
なんというか。
おいしいです。

購入場所:たまプラーザ デフェール

Posted by kent at 23:57

デフェールのフロマージュ・クリュ

IMG_1311.JPG

レアチーズケーキですね。
嫌な酸味などがなくて、食べやすい感じです。
口溶けなどもよいです。

購入場所:たまプラーザ デフェール

Posted by kent at 03:30

シュンのチーズケーキ

IMG_1308.JPG

三つ並べて。
いたってフツーのチーズケーキなんですが、
フツーがちゃんとしているというか、
ちゃんとフツーしているというか。
しっかり作っている感じがしました。

一見固そうな見かけなんですが、
口に入れてみると柔らかくて、それでいて
特にぼろぼろすることもなく、よい食感で、
チーズ感を堪能することができます。
レアより焼いたやつの方がおいしかったです。

購入場所:中野 手作りチーズケーキ専門店シュン

↑駅からものすごく遠いので気をつけてください。

Posted by kent at 03:26

2004年3月21日

シェ・コパンの黒い森

IMG_1297.JPG

チョコレートスポンジケーキですね。
生クリームと少しチョコクリームがはさまっており、
クリームに混ざって甘酸っぱい、えー、チェリー?
が挟まってる。うん、フツーですね。
フツーにおいしいです。

購入場所:銀座 松屋

Posted by kent at 01:36

シェ・コパンのきまぐれ天使

IMG_1295.JPG

どないやねん。

どの辺がきまぐれなのかはわかりませんが、
上には苺やブルーベリーなどが載っている、
いたって普通のショートケーキです.
中に入ってるのはピーチ。

購入場所:銀座 松屋

Posted by kent at 01:15

2004年3月19日

テオブロマのサンフォアキン

IMG_1298.JPG

堅めのチョコと、チョコスポンジが
交互に折り重なってる感じ。
非常に濃厚な感じです。

おいしいんですが、
これを食べた月曜は自分でチョコレートケーキを作って
会社に持って行くつもりが全部食べてしまったところなので、
うわ、何で買ったんだろ、という後悔の念でした。

購入場所:銀座 松屋

Posted by kent at 03:37

2004年3月18日

イデミスギノのシシリー

040312-2102.jpg

わー、ものすごく食べてるんですが、更新が滞ってます。

上にはラズベリーやブルーベリーがのっており、
全体的にはムースです。何のムースだけわかんないんだけど、
緑だからピスタチオだと思います。でも中にピンク色部分もあるので、
そこはよくわかんない。

それにしてもとけるようというか、
非常に柔らかい感じです。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 03:28

2004年3月15日

タカナシのふわふわレアチーズ

040315-0150.jpg

タカナシは全面的に信頼を寄せておりますよ。

これはすごいです!本当にふわふわです!
ラズベリー部分があ、ま、しょうがないか、
という感じなのはしょうがないとして、
とてもよいです、よい感じです。

購入場所:セブンイレブン

Posted by kent at 01:56

2004年3月14日

タカナシの直火焼きプリン

040313-1555.jpg

大ヒット商品の後継商品のようです。

どこが変わったのか、直接比べられた訳じゃないので、
わかんないんですが、おいしいことはたしかですが、
とくによりおいしくなったのかとかそういうことはわかんないんですが、
やっぱりおいしいのでよいとは思います。

購入場所:セブンイレブン

Posted by kent at 02:27

BABBIのViennesi

040310-2217.jpg

写真、分けわかんないですね。
こんな高いウェハース買う人の気が知れないと思ってたんですが。
人間、小金を持ってパラサイトシングルだと、
買うようになってしまうものです。

ウェハースなわけですが、周りがチョコクリームで覆われてて、
中がバニラクリームとウェハースの重ね重ね。
まあ、おいしいです。でもこれ一個でケーキが買えてしまうのは解せないんですが。

これを買いに行った際にとてもお金持ちそうな人が
アメックスのゴールドカードで3万円分ぐらい買ってたので、
へーとかおもいました。3万円以下はサインがいらないのに、
サインはしなくていいの?としきりに聞いていました。
そんなにサインしたかったんでしょうか。
そうしてそれはクラブかなんかで配ったりするのでしょうか。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 02:16

テオブロマのクレームダンジュ

040309-0040.jpg

ふわふわのチーズに中はベリー系のソースにスポンジ。

一応バニラっぽいソースとラズベリーっぽいソースが
余分についているんですが、
それは使わないでも十分味が付いていると思いました。
おいしいです。セブンイレブンのアレとかで
満足してる自分が恥ずかしいおいしさです。
レアチーズと違ってクレーム・ダンジュは酸味がすくなく、
さっぱりしていて後味がとても良いのと、
かけたバニラ味のソースの風味がとてもやさしい感じで、
あまやかな感じになります。ふわふわ度なども。

惜しいのは例の布。だから食いにくいって!

購入場所:新宿 伊勢丹

↑これを食ったのは火曜ですが、
ホワイトデー前と言うことでいろんな店で試食を勧められて
とてもしあわせな気分になれました。
ほんとに、いい時代になったものです。

Posted by kent at 02:07

テオブロマのクラシックショコラ

040308-2338.jpg

その名の通りクラシックな感じのショコラです。
チョコの複雑な味わいが出ていた気がしました。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 02:06

アリスのチーズケーキ

040306-1747.jpg

なんか、「幻のチーズケーキ」だそうで。
でも幻でもインターネットでは買えてしまうわけで、
でもそれはやはりインターネットは空っぽの洞窟であって
全て幻とも言えるわけでインターネットで買えるからこそ
このチーズケーキは幻なのかもしれません。

そう考えると私の家に届いたこのチーズケーキも
そうでもやはり幻な訳で、チーズの食感のつぶつぶ感や、
とろけるような感じも幻ならではなわけで、
やはり幻はよい、幻の中に生きてゆきたい、
などと思ったりもしました。

購入場所:インターネット

Posted by kent at 02:03

ブールミッシュのムース・オ・トリュフ

040302-0022.jpg

周りにココアパウダーがふられたしっかりとした、
チョコレートムースというかクリームです。

こってり感だとか甘さだとかがいい感じです。
食感とかもあんまりつるつるしてない感じがいいです。
チョコ的にも親しみの持てる味です。

購入場所:新宿 小田急ハルク

Posted by kent at 01:58

2004年3月 7日

セブンイレブンの絹れあ(Spring version)

040303-0005.jpg

今度は横文字かよ。
しかし、これまで何度も指摘してきた
食いにくい布包みはなくなって、
カップになっている点は評価できます。

で、内容はと言うとなぜか図解がついていて
040303-0007.jpg
その通りなんですが、え?って感じです。
もはや絹れあ概念がメチャメチャになっています。
これも春の陽気のせいなんでしょうか。

味的にはよいですが、もっとれあのれあたる
ゆえんであるところのチーズ部分がもう少しあってもよいと思いました。

あと、最近のセブンイレブンは、
こういう合わせ技みたいな小手先のものが多すぎです!
これとかハンバーグカレーとか。

Posted by kent at 03:23

2004年2月29日

R-Heartのロイヤルハート

040227-2157.jpg

プランタンの2003年度スイーツグランプリだとかそんなの。
しっとりした感じのチョコレートケーキです。

甘さもくどくなくて適度な感じです。
なんか東京ショコラみたいな印象。

購入場所:銀座 プランタン銀座

↑なんか、
プランタンに行くのは久しぶりなんですが、
その間にプランタンはイケメン店員を配置するという戦略を
とるようになっていて、ひじょうに恥ずかしかったです..。

Posted by kent at 22:45

2004年2月28日

シリアルマミーのデセールキャラメル

040227-2155.jpg

上に生クリームで、
下はしっとりしたフレンチトーストみたいなやつで、
キャラメルクリームも入っています。

甘さは思ったより控えめで、
キャラメルなどもさっぱりした甘さです。
私はフレンチトーストなどがかなり好きな方なので、
よきかなと思いました。

購入場所:銀座 プランタン銀座

Posted by kent at 21:35

2004年2月26日

ショコラティエ エリカのマ・ボンヌ

040225-2305.jpg

なんかドラゴンボールかなんかに出てきそうな名前です。
強そう。

ミルクチョコレートの中にマシュマロとくるみが入っている構成です。
とっても甘い感じで、たとえば、最近はやりのカカオ感が強い、
ややほろ苦いようなそういうのとはまるっきり正反対で、
うちの子をそんなに甘やかさないでください!
って言う感じです。私は好きです。

購入場所:白金台 ショコラティエ エリカ

Posted by kent at 01:36

2004年2月23日

村田商店のあんみつ

040222-1520.jpg

構成としては普通のあんみつなんですが、
バラになっており、食す際に再構成、脱構築、
それぞれの具材が自律分散協調、ネットワーク型、
といった感じのポストポストモダンあんみつになっています。
すいません、書きたかっただけです。

寒天が天然ものになっており、
食感などがとても良く、おいしいです。

購入場所:池上 村田商店

Posted by kent at 00:29

2004年2月22日

セブンイレブンの黒ごまプリン

DSC00006.JPG

変な高級感を演出していますが、
おいしいです。ものすごくごまってかんじです。

Posted by kent at 22:49

2004年2月20日

ルコントのシャルロットポワール

IMG_1286.JPG

外側はビスキーなスポンジで、
中側は洋なしと洋なしのババロアみたいなのとスポンジ。

これもおいしゅうございました。
これまた甘め何のも私好みでありますし、
洋なしがわりとみずみずしかったり
お酒の味が隠し味程度に上品に入っているのも
心にくい雰囲気です。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 02:54

2004年2月19日

ジャン=ポール・エヴァンのカラカス

IMG_1288.JPG

チョコレートスポンジとムースの折り重なったもの。

んー、下のに比べると、多少見劣りしてしまいますかねえ。
とくになんというか食感がぬめっとした感じで
あんまりよろしくない感じがしてしまいます。
チョコ的にはおいしいですけどねえ。
あと、こっちのチョコはやや甘めです。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 03:24

ジャン=ポール・エヴァンのグアヤキル

IMG_1289.JPG

HANAKOの春スイーツグランプリ
チョコレート部門で2位にランクインしておりましたよ。
スポンジとチョコクリームが交互に折り重なった感じ。

おいしいです!ものすごく濃厚なチョコの味がします。
甘さはやや控えめでビターな感じです。
一見しっかりした雰囲気なんですが、
口に入れると溶ける感じというか。

購入場所:新宿 伊勢丹

↑えー、バレンタインデーもとっくに過ぎたというのに、
ジャン=ポール・エヴァンは大混雑でした。
他の売り場とは区切られている店内は温度管理がなされているので、
一度に入れる人数が決まっており、たいそう待たされましたが、
納得の味だと思います。

Posted by kent at 01:36

ルコントのシブースト

IMG_1282.JPG


上面がカラメリゼしたシブースト生地、
リンゴ、底がパイ生地。

やー、シブーストはだいたい好きなんですが、
これはおいしいっすねえ。
表面のカラメリゼがカリッとしているのも
よいですし、わりとかなり甘めの味付けなのもいいです。
さらに、パイ生地のサクサク感と中の柔らかさの
ギャップ感などもいいですねえ。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 01:14

2004年2月18日

セルリアンタワー東急ホテルのイゾセル

IMG_1277.JPG


上にのっかってるのは薄い板チョコ。
で、白いのはなんだろう、なんか甘酸っぱい
感じの。サワークリーム?かしら。
そうして、板チョコを挟んで、
こってりしっかりとしたチョコクリーム、
ナッツなどがたくさんあったカリカリゾーン、
スポンジ。と言う複雑な構造。

おいしいです。コリコリ部分が特にねえ。
でも、なんかこんなの食ったことあるなあ。
これ?かなー。オリジナルに見えてよくあるケーキなのかしら。

購入場所:セルリアンタワー東急ホテル

Posted by kent at 01:33

2004年2月17日

セルリアンタワー東急ホテルのジャポネスク

IMG_1276.JPG

写真でもごまかしきれてませんが、
帰ってきたら思いっきりひっくり返ってました。

周りはコーティング系のつるつるしたチョコ。
で、中はチョコクリーム、
だけだったら普通なんですが、
そこはジャポネスク。さらにゆずクリームが中に。

おいしいちゃーおいしいけどさー、
なんでゆず?って言う感じはなくもないなあ。

購入場所:渋谷 セルリアンタワー東急ホテル
↑ここ、わりと行きがちですが、夜10時ぐらいまでやってるのがよいのです。

Posted by kent at 02:56

ピエールマルコリーニのアイスクリーム

040212-2147.jpg040215-0223.jpg

あのピエールさんがアイスを!ってかんじ?
この間バレンタイン前に銀座のピエールさんの店に行ったら
平日だというのに大混雑でしたが、
隣のこのアイス屋はわりと空いてました。
そりゃそうか、ただでさえ寒いし。

6個入りセットを頼んだので、
アイスクリーム:チョコ、キャラメル、バニラ
ソルベ:ラズベリー、バナナ、マンゴー
と言う感じでした。

チョコはなぜか私が目にしたときにはすでに空箱の状態で、
食することがかなわなかったので、味はわからないのですが、
きっとたいそうおいしいのだと思います。ええ。そりゃあ、もう。
キャラメルはバター的な塩味がアクセントでおいしゅうごぁいました。
バニラはわりとフツーかなー。おいしいけど。
ハーゲンダッツだとかフォーションだとかもおいしいものねえ。

ソルベの方はソルベ自体私はあまり好きじゃないのですが、
わりとおいしくいただけました。
特にバナナとマンゴーは出色というか、
素材の味をそのまま、みたいな感じがしました。

チョコが一番食べたかったのに..。そんなことって..。

購入場所:インターネット
↑なんかもう売ってないみたいです。
あれは幻だったのでしょうか..。

Posted by kent at 02:50

2004年2月15日

生チョコのシュークリーム

040215-2103.jpg

生チョコって何だよ。っていつも思います。
柔らかいチョコってことじゃないの!?

これも一瞬チョコクリームだけって感じだったので、
ああ、このクリーム感が生ってこと?
とか思ったんですが、チョコの破片みたいなのがいくつか
はいっており、こっちかよ、と多少のがっかり感は隠せませんでした。
クリームがわりとおいしかったので、余分感は否めません。

購入場所:ファミリーマート

Posted by kent at 22:48

ごほうびぷりん

040215-0222.jpg

生クリームが多い感じはあるんですが、
そんなにごほうび感はないっすねえ。

購入場所:デイリーヤマザキ

Posted by kent at 22:09

セブンイレブンのプチティラミス

040215-0212.jpg

プチ、である必要性がちっとも感じられないのですが、
なんかわりとおいしかったです。ちょうどよいのかも。
スポンジもあんまり水っぽくなくて好感が持てます。

Posted by kent at 22:01

2004年2月13日

Topsのチョコレートケーキ

IMG_1270.JPG

チョコレートクリームとスポンジの
オーソドクスな構成です。
チョコクリームにはくるみが入ってる。

昔からよく食ってましたね。
チョコレートケーキと言えばトップスって感じがします。
安心感のある味。甘さも控えめでちょうどよいです。
こんなにケーキを食するようになってからは初めて食べたのですが、
あ、こんなもんだっけか?と悲しい気分にもなりました。
大人って汚い!大人になんてなりたくなーい!

購入場所:渋谷 東急東横店


あああ、だから、参考にしないでください!
アクセス数がのっぴきならないです!


いかなわたしとはいえ、
明日プランタン銀座にチョコレートを買いに行けるほどの
ふっきれや覚悟はないんです。
あー、でもこんなにチョコレート選び放題なのは
明日しかないのに..。

周りを見渡してももはや女子の人は自分のために
チョコを買っているようなので(おいしいのはどこかと聞かれました)
だったら男子の人も買ったらいいんじゃない?
などと思いますが、東急東横店ですら女子率がかなり高まる中、
プランタンは入り口に入れるかどうかも
明日は微妙だといえます。

でも行くか..。

Posted by kent at 02:26

2004年2月 8日

ホルトハウス房子のチョコレートケーキ

表面はつるっとしたチョコでコーティングされていて、
中はふんわり気味のチョコ。

一見粉っぽいんですよね。実際ポロポロ崩れて。
だから、あ、やっぱり通販だから生っぽさがないのも
しょうがないかとか思ったんですが、でもなんか、
口の中に入れるとふわっと溶ける感じですか。
意外としっとりしている、と口の中に入れて思うわけです。

購入場所;インターネット


あああ、チョコレートケーキと言えば、バレンタインを前にして、
こんなことになってしまっています。
もうしわけないことです..。

Posted by kent at 05:20

2004年1月29日

セブンイレブンのふわふわフロマージュ

040129-0103.jpg

ふわふわです。
中に入ったラズベリーがものすごく控えめなのが好感が持てます。
もっとたくさん入っていたら、嫌な酸っぱい後味ばかり
残ってたのではないかと思われるからです。

そういえば厚切りフレンチ
買えない買えない!と、大騒ぎしていたのですが、
朝4時30に行けば買えることがわかったので、
ガンガン買ってたら逆にすごく仕入れられてしまい、
別に悪い気はしないのですが、賞味期限が短い商品なので、
多少後ろめたい気持ちになりつつも、今日は買いませんでした。

Posted by kent at 01:09

2004年1月28日

アンジェリーナのサンマルク

IMG_1264.jpg

上がカラメル、中が生クリーム、
下がチョコクリーム、底がスポンジ。

すごい、なんか盛りだくさん感があります。
カラメルもバニラ風味のクリームもチョコも味わえるなんて、
みたいな。カラメルもカリカリしててとってもよいです。
ただ、特にハーモニーとかはないです。

購入場所:渋谷 東急東横店

Posted by kent at 02:43

2004年1月27日

アンジェリーナのモンブラン

IMG_1268.jpg

周りは例のマロンクリーム、
中はバニラの効いたこってり生クリーム、
底は例のさくさく生地。

モンブランと言えばアンジェリーナって感じがしますよね。
いまやどこでも買えますが前はしょっちゅうプランタンに行ったものです。
特徴と言えば周りのマロンクリームのこってり感や、
中のクリームのこってりさ甘さ加減。
たまんないっすね。

購入場所:渋谷 東急東横店

Posted by kent at 08:17

2004年1月19日

半熟チーズケーキ

040119-0209.jpg

何が半熟だよ!
っていう気分だったんですが、意外や意外、
なかなかおいしかったです。
手作りチーズケーキ特有のあの感じが、
そのままふんわりしたスフレみたいな口ざわりに
なっているというか。

購入場所:ファミリーマート

Posted by kent at 02:13

2004年1月18日

セブンイレブンの苺のパンナコッタ

040117-0421.jpg

柔らかくてなかなか良い感じす。

Posted by kent at 04:07

2004年1月17日

アテスウェイのモンブラン

IMG_1263.jpg

食いづらい!
周りを囲むおなじみのマロンクリームに
中身はふんわりとしたマロンクリーム、
そして下の方にはマロンクリーム!

や、全部明らかに違うクリームなんだけど、言葉が思いつかない..。
周りのはモンブラン特有のあのクリーム、
中は生クリームをホイップしたみたいなタイプで、
下のは栗をつぶして裏ごししたみたいな素材感のあるタイプです。
下の方に実マロンが一つ入っており、底はさっくりした感じ。

わりと甘めですが、
わりとさっぱりしているのでたべやすいです。

購入場所:吉祥寺 アテスウェイ

Posted by kent at 18:42

アテスウェイのタルトキャラメル・オ・シブースト

IMG_1259.jpg

チョコクリーム、さらに濃厚なチョコクリーム、スポンジ、
キャラメルクリーム、キャラメルとナッツのあえたもの、、
、なんだっけ、名前は、んー、多分ヌガーとかそんなの。
底はタルト地。

おいしい、おいしい。

購入場所:吉祥寺 アテスウェイ

Posted by kent at 04:32

アテスウェイのアンデュレ

IMG_1258.jpg

食いかけなんじゃなくてぶつけてしまったのです。

ホワイトチョコクリームの中にマンゴーみたいな
のとかイチゴ的なものとかが渾然一体となった雰囲気のもの。
唐突な酸味とか甘さとかが楽しめる感じです。

購入場所:吉祥寺 アテスウェイ

Posted by kent at 04:28

2004年1月16日

アテスウェイのパヴェ・ブルトン・オ・キャラメル

IMG_1256.jpg


キャラメルのクリーム、ショコラのスポンジの3回繰り返し。

んー、おいしいです。
キャラメル部分が濃厚な感じで。
なんか特殊なバターを使っているらしいのですが、
そのバター感がとても良い感じです。塩加減というか。
ショコラ部分も良い。

購入場所:吉祥寺 アテスウェイ

↑吉祥寺と言いつつも駅から歩いて15分ぐらいかかります。

Posted by kent at 03:16

2004年1月10日

センチュリーハイアットCENT DEUXのミントショコラ

IMG_1255.jpg

周りがチョコで覆われていて、
中身がミントのムースとチョコのムース、
底がチョコのスポンジ。

ミントの部分がちょっと薬っぽい味がするので、
好みが別れるかな、と言う感じです。

購入場所:新宿 センチュリーハイアット東京

Posted by kent at 06:10

2004年1月 9日

センチュリーハイアットCENT DEUXのモンブラン

IMG_1254.jpg

変な形。

上に例のソバみたいなモンブラン特有のものがかかっており、
その下は栗の実も入ったマロンクリーム、スポンジ。ほんのりお酒の味。

んー、水準を超えているのはたしかだけど、
って言う感じですかねえ。

購入場所:新宿 センチュリーハイアット東京

Posted by kent at 02:08

2004年1月 8日

センチュリーハイアットCENT DEUXのムース・オ・ポンム

IMG_1251.jpg

甘味初め。

電車で寝てたら思いっきり落としてしまったので、
多少ぐしゃっとなっている点を割り引いて写真を見てください。

上には果物がたくさん乗っておりまして、
周りをスポンジが取り巻いていて、
中身はリンゴ系のムースと、ナッツ的なもの。

甘酸っぱさから甘いだけじゃないぞ、
と言う主張を感じます。
すいません、初っぱなからよくわかんない感想で。
おいしいです。

購入場所:新宿 センチュリーハイアット東京

Posted by kent at 03:15

2004年1月 3日

豆腐花

040103-0459.jpg

豆腐に桂花陳酒シロップをかけたもの。
桂花陳酒がわりと癖があるので、好みが別れるところですが、
豆腐好きな私には良かったです。

Posted by kent at 05:10

2003年12月27日

[ホールケーキウィーク]キャンティのレアチーズケーキ

IMG_1143.jpg

今日は終電だったのですが、それにも関わらず
やってる店を探さなければならず、大江戸線で六本木にむかいました。
(ちなみに、水商売の多い町はケーキ屋が夜遅くまでやっている傾向があるようです。)

が、気がつくとなぜか汐留で、とりあえず降りたものの、
当然のごとくそれが終電で、途方に暮れました。
ともあれ六本木は3駅くらいなので歩けるだろう、
と考えたものの汐留で迷ったり雨に打たれながら
東京タワーを目印に
031227-0125.jpg
歩きまくったころには2時とかで雪が降り出したのには
がっかりですが、そのあたりでようやく到着しました。
そう、2時半までやってるんです。

でももうこれしかなく、値札も何もついていなかったのですが
持ち帰れるとのことなので持ち帰ってきたので、
本当にこれがレアチーズなのかどうかは微妙なところですが、
非常にオーソドックスな感じで甘さ控えめのレアチーズ
だったので、わりとすんなり完食。感慨深かったです。

ともあれ、もう来週はケーキはいいです。
いろんなことを再確認しました。

購入場所:飯倉片町 キャンティ

Posted by kent at 07:45

2003年12月26日

[ホールケーキウィーク]ペルティエのブッシュB

IMG_1137.jpg

すいません、今日は完全に見た目の量で選びました。

表面は堅い板チョコで、
中はビターチョコクリーム、スポンジ、ミルクチョコクリーム。
底にはマーマレードがしかれています。
21世紀型のブッシュドノエルなのか。

中のクリーム部分はいいんですけど、板チョコが重かった..。
無理そうだったので、クリームだけ食べて板チョコは
湯煎で溶かしてショコラショーにしました。
趣旨が台無しですが、趣旨とかはどうでもよくなってます。

購入場所:新宿 京王百貨店

Posted by kent at 08:34

2003年12月25日

[ホールケーキウィーク]イデミスギノのボワールキャラメル

031225-0135.jpg


これが夕飯っす。

客先帰りに寄ったらなんかあったんで。
予約しないでも買えるのだねえ。

宝石をちりばめたような雰囲気。
上の部分はナッツとかドライフルーツとか。
なんか、もうよくわかんないムースとスポンジの
中にキャラメルソースが入っています。

ものすごくくっきりした味です。
お酒の味がします。キャラメルも苦め。
ああ、苦い..。いろいろと..。

なんか、胸焼け的なものがずっと収まらないんですが、
大丈夫ですかね..。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 00:52

2003年12月24日

[ホールケーキウィーク]イデミスギノのノワール・エ・ブラン

IMG_1135.jpg

チョコクリーム、杏仁風の味のクリーム、
さくさくのナッツ入りスポンジ。シンプル目の構成。

え−、うまいねー。
客先帰りにわざわざ予約に行ったかいがあります。
ふんわり柔らかいのとあいまって、
これだったらホールでも余裕っすねえ。
明日からの選択の基準になりそうです。柔らかさは。
ずっしりしてないことが重要です。

とはいえ、さすがに最後の一切れを食い終わるのには
とっても時間がかかったのだが...。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 02:54

2003年12月23日

[ホールケーキウィーク]ミコレのガトーショコラ

IMG_1132.jpg

昨日は本当はケーキのメッカ横浜は青葉区の
方に仕事で行っていたのですが、
この時期に青葉区での仕事なんて神様、なんて偶然なのと、
ウキウキ してそこら辺のケーキ屋のあたりをつけていたのですが、
想像以上に長引き、たいそうがっかりしましたが、
そんな時間でもやっているのがここです。

しっかりとした感じのガトーショコラです。
余分なものがない感じ。
しっかり中身が詰まってる分一人で食うには辛い...。
ほんとにあと一週間これやるのか..。
あたしは単にケーキが好きなだけなのに、何でこんな目に..。

購入場所:赤坂 ミコレ

Posted by kent at 00:10

2003年12月22日

[ホールケーキウィーク]トロワグロのエスプリジャポネ

031220-2159.jpg

これまでケーキとオレのつきあいは中途半端なものだったのかもしれない。
本当にオレはあいつのことが好きなのか、そういった結論を
先延ばしにしてここまで来てしまった気がするんだ。
クリスマスを前にして、そんな中途半端な気持ちでいたんじゃ
アイツに申し訳ない、そんな気持ちでいっぱいなんだ。
そこで、今週は毎日ホールのケーキを食うことにしたんだ!
それでもアイツへの思いが変わらないなら、オレは、オレは..。

というわけで今週はホールケーキウィークなんです。
クリスマスにかこつけて毎日ホールのケーキを食います。
いくつか予約できているのですが、うっかり忘れてしまっている部分もあるので、
毎日食えるかどうかは微妙なんですができるだけ頑張ります。

で、これが一個目。
大勢で食ったのでまあ、たいしたことはないです。

たぶん、枯山水をイメージしたのだと思います。
上にチョコ的なもので来たオブジェがついておりますが、
多少余分なのではないでしょうか。
中身は抹茶のババロアにスポンジ、ややシナモン風味、
と言う構成でございました。

購入場所:新宿 小田急本館

Posted by kent at 03:01

グラマシーニューヨークのタキシード

IMG_1086.jpg


タキシードっつうか墓石みたいな格好ですが、
上から下までぎっしりチョコクリームで、
多少スポンジ的なものもありますが
チョコ好きにはたまらないと言えるでしょう。

購入場所:新宿 高島屋


「グラマシーニューヨーク」って実は私のページに来る方の
検索キーワード第一位なんですが、毎回期待に対してがっかり
させられる気がします。一日三回限定のチーズケーキは
確かにおいしいんですが、あれ以外は毎回多少残念です。
とかいいつつあの限定のチーズケーキのことをまだ書いてないので、
早く書いてあげないとインターネットにもグラマシーニューヨークにも
申し訳ない、とは思うのですが。

そんなに検索されているのにgoogleで調べると1020件しか引っかからないんですよね。
ここから私は、インターネットにはない情報がたくさんあるOLネットの
存在を確信しているのですが、どうでしょうか。
そういったOLネットの情報をインターネットに
少しでも載っけることができたならば幸いです。
とはいえ私はOLネットへのアクセス権を持っていないので、
もれ伝え聞くことしかできないのが残念です。

Posted by kent at 02:16

グラマシーニューヨークのジャックと豆の木

IMG_1085.jpg

プリン的なもの、モカ的なスポンジ、
クリーム、スポンジ、クリームの繰り返し。

んー、まあまあ、かしら。
うっかり2日置いてしまったので、そのせいかもしれません。
自分の中のケーキ熱が揺らいでいるのかもしれない..。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 01:51

グラマシーニューヨークのストロベリーミルク

IMG_1084.jpg

上の部分がミルキーな、こってり甘いムースというかクリームというか。
そうして薄いイチゴの層、スポンジ、
こりこりしたチョコ系のクランチの底。

ふんふん、おいしいです。
ミルキー系好きにはたまらないのですが、
下の部分があえてチョコである必要があったのかどうかは微妙かなあ。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 01:49

2003年12月14日

イデミスギノのパレノワール

031210-0116.jpg

上に乗ってるのは生クリーム、
で、香ばしいタルト生地の中にはチョコレート。
ほんのりきいたシナモン風味がよいし、
どっしりした感じの味です。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 22:18

イデミスギノのマリエ

031210-0115.jpg

先日客先から一人で帰ってくる機会があったので、
ついでによってクリスマスケーキまで予約してしまった。至福。
会社で食おうと思ったらその日終電まで仕事で食えなくて
結局夕飯に。

上にのっかてるのは野いちごとブルーベリー。
で、これ自体はムースなんですが、
イチゴ系のムースと後なんか緑色のムースが
中にある多層構造になってるのだけど、
その緑色のが何のかはわかんない。
とりあえず色的に考えるとキウイではないかと考えられますが、微妙。

30分しか持ち歩けないだけあって、
ものすごく絶妙な柔らかさでゴザイマスよ。
あまさもちょうどよい。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 22:15

2003年12月 7日

ヴィタメールのクープ・ド・フーダン

IMG_1067.jpg

上部分がカラメル系のほろ苦いムースで、
下部分はコーヒー系のスポンジが取り巻いてて、なかには
なんかしらのクリーム。おそらくチョコ系だと思われますが、
微妙なところです。

スポンジがやや固かったのだけど、それは
一日置いてしまったせいかもしれないので、
強くは主張できないところです。

購入場所:東京 大丸

Posted by kent at 00:31

ヴィタメールのフレーズ・ド・ヴィタメール

IMG_1066.jpg

いたってふつーな感じの丸形ショートケーキ。
でもこれまでとは違うかなって言うところは、
スポンジがしっとりしている、と言うか、
なんかしみこんでる感じと言いますか、
そんな感じなんですが、

ここまで来て、私はそんなに生クリームは
好きではない、と言うことに気づきました。

購入場所:東京 大丸

Posted by kent at 00:13

ヴィタメールのヴィタメール

IMG_1065.jpg

てっきり載せたつもりが忘れてました。

店の名前を付けると言うことは自信作なのでしょう、
と言う期待をどうしてもしてしまいます。
チョコクリーム、スポンジ、チョコクリーム、スポンジ、
みたいな構成。

ふむ、さすがベルギー云々いうだけあって、
チョコはおいしいです。

購入場所:東京 大丸

Posted by kent at 00:10

2003年12月 2日

セブンイレブンの冬の絹れあ

03-11-27_21-30.jpg

別に冬じゃなくてもいいじゃねえか。
ふつうの絹れあがどんな味だったか思い出せないんですが、
さっぱりした感じの味です。
こういうのにありがちな嫌な酸っぱさとかはないです。

あと、前も書いた気がしますが、すごく食いづらいです。

Posted by kent at 02:07

QBB神戸港町の焼チーズケーキ・レアチーズケーキ

03-11-24_15-35.jpg03-11-29_17-50.jpg

二個まとめて。
レアチーズの方は食感的にはつるつるしすぎてる気がします。
でも、チーズメーカーだけ会ってチーズ的にはおいしい感じがします。
なので、焼きの方が私の好みです。
家で作ったときの味に近いというか、
ああいう感じの味。

Posted by kent at 02:04

2003年11月28日

セルリアンタワー東急ホテルのキャラメルポワール

IMG_1061.jpg

上にのっかってる葉っぱみたいなのはなんだろう。
焼き菓子みたいな、って説明になってないけど。
上からやや苦いキャラメルムース、
スポンジ、洋酒っぽい洋なしムース、スポンジ。

ふんふん。
おいしいけど、ほかの二つのほうがおすすめです。

購入場所:渋谷 セルリアンタワー東急ホテル

Posted by kent at 00:53

2003年11月27日

セルリアンタワー東急ホテルのシャルロットルージュ

IMG_1059.jpg

上にたくさんの野いちご。
まわりはうすーくて柔らかいスポンジで、
中はミルキーかつバニラっぽいムース。

これはおいしいです!おいしいです!
こういう味が好きな人にはたまらないです。
っつってもこういう味ってなんだよって感じですが、
そうなんだからしょうがないじゃないですか!

購入場所:渋谷センチュリータワー東急ホテル

Posted by kent at 23:40

セルリアンタワー東急ホテルのアマンダ

IMG_1055.jpg

クリスマスケーキをいま物色中です。

上にのっかってる果物の名前が思い出せない!
いちおうチェリーと言うことにしておいてください。
チェリーだとして、生ではなくて何か洋酒的なものに漬かっています。

全体はムースなのですが、
中に、スポンジやチェリー(仮)などが入っています。
あ、ていうか、ムースじゃなくてレアチーズかも?
なんかすいません。でもチーズというよりかは
バニラっぽいミルキーっぽい感じです。

購入場所:渋谷センチュリータワー東急ホテル

Posted by kent at 23:36

2003年11月25日

セイメイファームのたまごプリン

03-11-25_01-01.jpg

昔ながらのなつかしタイプとパッケージに書いてあるものに
これはなつかしい味ですね、と書くのはアレなんですが、
たまご感の強い懐かしい味。

まあ、私のような20代前半の人間が懐かしいとか書くのはどうかと思うのですが。

購入場所:ローソン

Posted by kent at 01:12

2003年11月24日

さくさくレモンパイ

03-11-23_16-29.jpg


さくさく部分が別になっているため、
さくさく感が直前まで保てるようになっております。

上が生クリームっぽいので、下が薄くレモン風味のクリーム。
クリーム、クリームなのでパイ感はちっともないですけどね。
そもそもパイって何だったっけ、という哲学的な問いに達します。

購入場所:ファミリーマート

Posted by kent at 00:31

2003年11月20日

銀座レカンのデリスショコラ

IMG_0986.jpg

銀座レカンで長年愛されてきた一品、だそうです。

上の方が柔らかめのチョコ、真ん中がやや堅めのチョコ、
下がスポンジと細かなナッツ的なコリコリした食感。

もう少し真ん中は柔らかくても良いかな、と言う気はしますが、
もっと作りたてとかだったらそうかもしれないんでなんとも言えない感じ。
甘さ的にはちょうど良いです。ほんのり苦い。

購入場所:銀座 レカン

Posted by kent at 00:03

2003年11月19日

銀座レカンのタルト・ポワール

IMG_0984.jpg

うわ、前のが100個目だ。

タルトもわりと避けてたんですよね。
なんか材料に頼ってる感じがシャクだったんで。

ここのタルトはわりと好きです。
夕方頃プランタンと松屋の間あたりで店先で売ってる
500円ぐらいのやつが値段の割に良かったりします。

これは洋梨のタルトですが、洋梨に頼りすぎてない感じ、
タルト部分というか、フルーツ以外の部分も良いです。
底のカリカリ具合などもよいです。

購入場所:銀座 レカン

Posted by kent at 23:55

2003年11月18日

銀座レカンのガトー・フレーズ

IMG_0990.jpg

4月からずっとショートケーキは
なんとなく避けてきたんですが、ここに来てショートケーキ熱が
高まってきましたので先週に引き続き。

イチゴがあんまりおいしくないのは
季節だからしょうがないとして、
スポンジや生クリームはとてもおいしいです。
ちゃんとやわらかい。

購入場所:銀座レカン

↑水商売客用か、10時ぐらいまでやってるのでありがたいです。

Posted by kent at 01:39

2003年11月12日

セガフレードのパンナコッタ(メイプル)

03-11-12_21-41.jpg

上にのってる葉っぱみたいのはチョコ。
パンナコッタ部はフツー。フツーにおいしい。
それに加えてのメープルの甘さがたまんないすねえ。
ていうか、甘すぎかも。でも、それがいい。

Posted by kent at 23:34

ホテル西洋銀座のガトー・ド・デュオ

IMG_0982.jpg

名前の記憶が微妙です。

丸い感じ。
光沢のあるチョコに覆われてて、
中は柔らかいチョコクリーム、マロンクリーム
とあとなんか果物が入ってるんだけど、
なんだかわかんない。底はしっかり目のスポンジ

こってりとした高級感のある味。
賛否両論ありそうな感じです。
やや甘さが強いのと、ねっとりした感じとか。

購入場所:東京 大丸

Posted by kent at 00:38

ホテル西洋銀座のショートケーキ

IMG_0976.jpg

四角くて細かい段に分かれてる。
メモする前に食べちゃったんで
細かいフルーツの中身はアレなんですが、
イチゴ以外にキウイとか桃とかも入ってた気がします。

スポンジがやや堅いというかパサつき気味かなあ。
こういうものだっていう気もするんだけど。

購入場所:東京 大丸

Posted by kent at 00:35

ホテル西洋銀座のカラメルショコラ

IMG_0973.jpg

チョコクリームとスポンジの重ね。
クルミ的なものや洋酒的なものの味がします。

ん、これもちょっと堅めかしら。
最近柔らかいのばかりなんで、
新鮮、と言う考えたもあるかも。

購入場所:東京 大丸

Posted by kent at 00:29

2003年11月 8日

西光亭のミルクゼリー

03-11-06_21-32.jpg

これはおいしい。
とっても濃厚なミルキー感でございますし、
甘さもよろしい感じでございますよ。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 17:20

2003年11月 6日

西光亭のティラミス

03-11-06_21-30.jpg

ここはおいしいんですよねえ。
でもおいしいってわかってるのはスルーしてしまいがちなんで、
いつも通りがかったからと言って買うわけではないんですけど、
今日見たらティラミスの文字!そんなイタリア名の菓子類を
置く店だと思ってなかったので思わず買ってみました。

ティラミスに付き物のココアパウダーは別添えになっていて、
自分でかけられるようになってます。
あと、私は常々ティラミスのスポンジ部分はおいしさを
台無しにしている場合がほとんどではないかと考えているのですが、
これはスポンジレスです。

じゃあ、チーズだけかと言えば下のほうが柔らかい感じがします。
気のせいの可能性大ですが。
そう考えるとチーズ部分しかないわけなんですが、
良い味付けです。甘すぎないし、スポンジ部分がないことによる
変な汁気からも逃れており、とても良いと思いました。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 23:02

2003年11月 4日

アンリ・シャルバンティエの金のモンブラン

IMG_0972.jpg

アンリ・シャルパンティエはモンブランがおいしいんだよ、
と言う情報を知り合いからいただきました。
「XXはYYがおいしい」という情報はたいてい
買ったあとで得られるため、そして、私の嗅覚がズバリイチオシ商品
きっちり避けるため、私が書いているものはたいてい
その店のイチオシ商品ではない場合が多いんですが、
これは他人からもおいしいんだよ、と言うお墨付きを得られ、
安心して購入できました。

下がタルト地で、上は一般的なモンブランですかねえ。栗が立派です。
甘さ控えめでちょっとお酒の味がします。
おいしいけど、私にとって甘さ控えめってそんなに
ウリにならないんですよね。7点かな。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 22:38

アンリ・シャルバンティエのロートレック

IMG_0962.jpg

ロートレックと言えば赤ですからねえ、
ってしらないけど。

周りを薄い板チョコが覆ってて、中はリンゴとカラメルのムース。
板チョコは飾りだから味的には余分かな、ってかんじですが、
ムース部分はとてもよろしいですよ。
8点(相対評価)でどうでしょう。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 22:18

アンリ・シャルパンティエのピレネー

IMG_0969.jpg

アンリ・シャル「パ」ンティエなんですよねえ。
以前書いたやつは「バ」になってて、いま検索したら引っかからなくて
あれーとか思って。

上がメレンゲで下がタルト的なものに覆われた
リンゴとカスタードクリームとあとなにか。
オレンジ的な風味もあります。
おいしい。

最近おいしいケーキをだいぶ見分けられるようになりました。
そうなるとおいしい以外に書くことないなー。
10点満点とかにしますか。7点とかが多そう。
これも7点。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 01:37

2003年11月 1日

リセのクレームブリュレ

IMG_0942.jpg

いろいろクレームブリュレを食べてきましたが、
結局ここになってしまうのでしょうか。
すげー久しぶりに行ったんですが、メルヘン感が強調された
ドアになっており、すごく入りにくかったです。

一応地元なんですが、駅からかなり遠いので、
特にどのケーキメディアにも取り上げられて無い模様です。
googleでも「リセ クレームブリュレ」で調べても4件しかでませんでしたし、
しかも全部違いましたし、「リセ クリームブリュレ」では3件で、
ずばりあたったのは1件だけでした。

ここの良いところは、注文するとその場で表面を焼いてくれる点です。
クレームブリュレのキモは表面のカリカリであると確信しておりますから、
この心配りはニクいです。焼きすぎもせず、焼かなすぎでもなく、
ちょうど良い感じで焼いてくれるわけです。
味的にもちょうどよい甘さと苦さ。

購入場所:北千住 リセ


↑そういえば毎朝通勤時に候補者の演説を聴いていますが、
マニフェストを配っているのを見たことがありません。
ティッシュは配っているのですが。

他区に済んでいる知り合いに聞くとフツーに配ってるらしいので、
足立区民は民度が低いから印刷代の無駄だ、
などと思われているにちがいありません..。
いくら23区で唯一スタバが無い区だからといって..。

Posted by kent at 21:05

2003年10月24日

六本木ヒルズのまんじゅう

roppongimnju.jpg

六本人だアーテリジェントだいいながら、
おみやげはまんじゅうという日本古来の伝統的な観念から
全く抜け出せてない点に好感が持てるよ、森ビルよ。

購入場所:六本木ヒルズ


はッ!気づいた!これ、罠!罠!!

いろんなかたが指摘しているように六本木ヒルズは
現代日本の貧富の格差を象徴しているわけで、
貧乏人が低層階で地べたにはいつくばりながらまずい豆乳カフェなどを飲んだり、
わざわざ六本木ヒルズにまで行ってカプリチョーザにいったり、
などしているさなかお金持ちはあの悪の秘密結社のような
森タワーの最上階あたりで優雅なディナーを楽しんだり、
アートぶったり、インテリゲンチャを気取ったりしながら庶民を見下ろすわけです。

そしてそのまさに最下層に位置するみやげもの屋で売ってるのがこのまんじゅう!!
森ビルからの「どうせおまえらはおみやげといえばまんじゅうだろ」
と言う強烈なメッセージを感じます!
そうしてまんまと買ってしまった私はやっぱり、
今度の総選挙では共産党に入れなければダメですか!?

Posted by kent at 13:19

2003年10月23日

ロートンヌのロートンヌ

IMG_0881.jpg

アーティストが自信作のアルバムにアーティスト名を冠するというのは
よくありますが、ケーキでもあるんですね。

底がスポンジ、中がスフレで上がムース。
スフレは洋梨っぽい感じで、ムースは苦みのある感じなんですが、
キャラメルなんだかコーヒーなんだかわかんないです。たぶんコーヒー。

こういう複合技に弱いなーおじさんは。

購入場所:新宿 伊勢丹

Posted by kent at 01:28

2003年10月21日

ジャン=ポール・エヴァンの1502

IMG_0866.jpg

昨年の「チョコレート・アワード」のプレーンガナッシュ部門で
優勝した一品なんだそうですよ。

あああ、これはおいしいですよ。
甘すぎず苦すぎず。
口に入れた瞬間に広がるほのかな香りが.
とか書く才能が欲しいところです。

購入場所:新宿 伊勢丹本館

↑入り口のドアを係の人が開けてくれるという
宝石店のような雰囲気なんですが、
チョコが宝石のように並ぶ中すべて名前が付いているんですが、
「XXを二つと、YYを一つと、ZZを二つ」などという風に注文しても
ちゃんと選ぶ店員がすごいです。や、それが本当にその名前なんだかは
わかんないんだけど、こんなのほとんど外見は同じだからねえ。

Posted by kent at 23:24

ロートンヌのプレジール

IMG_0876.jpg

はちみつのムースのなかにナッツ的なものがたくさん。
あと、スポンジが中に挟まってる。

はっきり言って見た目はちっともおいしそうじゃないんですが、
わりと好きな味。蜂蜜の甘さとナッツの香ばしさの妙ですな。

購入場所:新宿 伊勢丹本館

Posted by kent at 23:19

明治の館のチーズケーキ ニルバーナ

IMG_0814.jpg

なんかの番組でとてもおいしい、
とか言われていたのだけど、日光に行かないとなくてがっかり、
かとおもえば時代はITだしインターネットだしで、通販で購入いたしました。

上にクリームチーズが塗ってあって、
下のチーズはレアーじゃないタイプの。

おいしいけど、いろいろ食べたなかで
見劣りしてしまうのたしか、かな。
底がカリカリじゃないのはレアーじゃないから
まあしょうがないかなって感じだけど、
その点だけでもなんかがっかりしてしまった。

購入場所:インターネット

Posted by kent at 23:18

2003年10月19日

ピエール・エルメのプレジール シュクレ

IMG_0855.jpg

薄い板チョコ、チョコクリーム、薄い板チョコ、
なんか、ナッツ的なこりこりした部分。
食いずらい構成。

コリコリ部分はミルフィーユにもあったんですが、おいしいですねえ。
コリコリ部分、何か専門的ないい方があったと思うけど、
思い出せない、けどいいや。

これはとてもおいしかったね。
でも、私はどちらかといえば生っぽいケーキのほうがすきなので、
この人のケーキはちょっと生っぽさに欠けるかなとか思いました。
日持ちしそうな感じというか。

購入場所:赤坂 ホテルニューオータニ

Posted by kent at 03:02

ピエール・エルメのシュープリーズ・カワイイ

IMG_0851.jpg

今年の秋冬のテーマは"kawaii"なんだそうです。
誰かつっこんであげなよ。

あげたものをちょっと食べただけなんで、簡単に書きますが、
なんかメレンゲの中にサワーな感じのものが入っている感じ?
サワー的な部分は複雑な味わい。

購入場所:赤坂 ホテルニューオータニ

Posted by kent at 02:58

ピエール・エルメのエモーション・ヴルー

IMG_0846.jpg

食べるのに書くのが追いつかないです。

瓶入り。上に何か飴的なもの。多分この部分は残すんだろうな、と思った。
抹茶のなめらかなクリーム、パッションフルーツ的なジュース?ゼリーと言うよりかは。
そして、栗をつぶしたもの、パッションフルーツのクリーム、かなあ。

これらすべてが渾然一体となって、
って感じではないんだけど、パッションフルーツの
酸味の後味がとてもいいですね。
抹茶部分もおいしい。

購入場所:赤坂 ホテルニューオータニ

Posted by kent at 02:53

2003年10月16日

ピエール・エルメのミルフィーユ

撮れる感じじゃなかったんで写真がないんです。
聞くも涙な話なんですが。

ピエール・エルメていうのは超ゆうめいパティシェらしいんですが、
超ゆうめいらしくホテルニューオータニなどと言う
日本ではこじゃれホテルに居を構えているのです。
その敷居の高さ故あれだったんですが、
たまたま仕事の都合で赤坂に来たので、意を決したわけです。

まず、ニューオータニはハイヤーでの来場しか考えてないような
つくりなので、歩いていくにはたいそう遠かったです。
ようやくついた後、挙動不振なそぶりで結婚式場に紛れ込んだりしつつ、
ピエール・エルメを探し当てたのだけど、
ケーキがみな宝石のようなショーケースに入れられており、
とっても頼みづらかった。

というか、頼んでる人が誰もおらず、
店員も用件を伺いにくる気配がなかったので、
これはきっと頼むことができないに違いない..。
などと途方に暮れていたところに目に入った
「このブティックのケーキはXX(レストラン名)で召し上がることができます」
の文字!なるほど、さもありなん。そうか、ここでしか食えないのか。

しょうがない、とあきらめて坂を下りかけた所で、
いや、ここで帰ってはケーキ道的にどうなんだ!
と思い直し、レストランへ。レストランと行っても、
カフェ的な雰囲気だったので、きっと、コーヒーセット
みたいなのがあるだろうと思いきや、ディナーセットの中の
デザートとしてしかケーキがない!

しょうがないので覚悟を決めて、あたかも最初からそのつもりだったかのように
スープとメインディッシュとケーキを選ぶ。
「子羊のなんたら..」を頼んだのですが、骨付きであって、
肉をどの程度まで食っていいかに悩みました。
「お前、その部分まで食うのかよ」等と思われかねないからです。
しかし、ケーキはうっかり「デートの時に頼んではいけないケーキ第一位」
のミルフィーユを選んでしまい、思いっきりこぼしまくってしまい、
こじゃれたそぶりが全て台無しになった。

ミルフィーユはたいそうおいしかったです。
私の唯一知るミルフィーユはドトールのものなので、
比べるのもなんなんですが、何か、いろいろ挟まってます。
チョコ的なものからなにやら。

そんで、帰りもう一回見たらフツーにもってかえってるマダム発見!
最初からそういえよ!って訳でちゃんとお持ち帰りもしたわけです。
給料日まであと一週間あるっつーの。

購入場所:赤坂 ホテルニューオータニ

Posted by kent at 00:16

2003年10月14日

パステルのなめらかプリンロワイヤル

03-10-14_00-28.jpg

ロワイヤルってなんなんだよ。
なめらかバトルロワイヤルなら小学生でも見れますか?
柴崎コウもなめらかですか?ってかんじです。
とかいいつつつい買ってしまうのが残念です。

ちょっとロワイヤルじゃない版を食ったのがだいぶ前なので、
どこが違うのか微妙なんですが、たぶん違うのは、
カラメルが底にたまるタイプじゃなくて、
上にかけてあるタイプ、と言う点です。

個人的には底にあるタイプのほうが、
カラメルあり/なし両方味わえて好きなので、
こんなことではロワイヤル感を味わうことはできません!

ほかにも、
たしか普通版は上がこってり中がさっぱり、底がカラメル
の三層構造をとっていたと思うのですが、
こってり部分が表面だけになってる印象。
むしろさっぱり部分もそれほどさっぱりじゃないので、
こってりとさっぱりの中間みたいな層とカラメルみたいな感じ?

まあ、おいしくはあるけど、
それでロワイヤルを名乗るわけ?柴崎コウは?

Posted by kent at 01:11

2003年10月12日

イデミスギノのべ・キャライブ

IMG_0809.jpg

こんな名前だったかどうかは微妙かも。

チョコレートクリーム、スポンジ、なんかのムース的なもの、
スポンジ、なんかのクリーム。
完璧に舌力を超えていてるので、こんな書き方しかできないや。

真ん中のは洋梨かバナナだと思うんだけど、
ちっとも確信が持てない。食感的には洋梨風なんだけど、後味はバナナ風。
なんかリキュール的なものも加わってるし、
酸味があるのでバナナって言うのも考えにくいし、んー。

上の部分のクリームはほのかにミント的な味がするけど
それだけじゃない感じもする。
下のチョコも単にチョコだけじゃないし。

ま、おいしいってことでいいや。

購入場所;京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 03:02

イデミスギノのブレジリエンヌ

IMG_0807.jpg

スポンジ、甘いキャラメル系のムース、スポンジ、苦いコーヒー系のムース。
全体的にはビターな。

コーヒーの部分がなんかちゃんとしたコーヒーというか、
ちゃんと苦いので、苦い甘いのコンビが云々。とか。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 02:57

イデミスギノのアンプロワジー

IMG_0802.jpg

前行った時も食いたかったんですが、
これ、テイクアウトできないんですよね。
その場で食わないといけなくてそのときは断念したんですが、
有給休暇を取ることに成功したので食いに行きました。

写真がぼけてるのはこっそり急いで撮ったからです。
周りこのような光沢のあるチョコで覆われてるやつ。
以前書いたようにこういうやつは得てしてがっかり感が
強いんですが、これはおいしいです。

中はチョコクリームととナッツ的なムースと木イチゴ的なジャム、
と言う複雑な構成。んー、おいしいすわー。

購入場所:京橋 イデミスギノ

Posted by kent at 02:54

2003年10月 8日

しろたえのスフレショコラフランボワーズ

IMG_0801.jpg

ここはジブリ映画に出てきそうなハイカラなお店で、
店員の人がものすごくいい声でした。気恥ずかしいくらい。

しっとり系のチョコスポンジに、
やや酸味のあるベリー系の果肉入りチョコクリームというシンプルな構成。
全体的にオーソドックスで想像したとおりの味かなと。
街に似合わず堅実、というかんじ。


購入場所:赤坂 しろたえ

Posted by kent at 01:17

しろたえのレアチーズケーキ

IMG_0800.jpg

しろたえと言えばレアチーズが有名なんだそうです。
上がチーズ部分で底がタルト地のオーソドックスな構成。
味もオーソドックスな感じで、
濃厚で、やや酸味がある感じ。
小さめなんですが、ちょうどいい感じです。
おいしい。

でも、これたった210円なんだよね。
これで210円ならほかのチーズケーキは何?
ってかんじ。

購入場所:赤坂 しろたえ

Posted by kent at 01:12

しろたえのスリーズフロマージェブラン

IMG_0799.jpg

しろたえの..とか言うと俳句風。

上が薄いゼリーで、プリン的なもの、
スポンジ、サクランボ、と言う構成。
まわりはやや堅めのスポンジ。ややチョコ。
この多層構成の中、サクランボの酸味がよいです。

ああー、でも、プリンじゃないな上の部分、
なんか名前があるんだろうけど思い出せない。
やや酸味があるんですけど。

購入場所:赤坂 しろたえ

Posted by kent at 01:08

クリーミーティラミス

IMG_0797.jpg

ファミリーマートシリーズ。
あんまり近所にないんで会社から歩いて十五分のところで買ってきました。
クレメダンジェと同じ構成

クリームチーズの中にスポンジ、
ものすんげえ食いづれえ。
味的には普通だなあ。

Posted by kent at 01:02

2003年10月 4日

叙々苑の抹茶アイスクリーム

03-10-03_23-11.jpg

まあ、このアイス自体はどうでもいいんだけど。

今日で仕事が一段落付いたので、
オペラシティ53階の叙々苑に行きました。
私は基本的に野菜ばっかくってますが、
たまには肉欲を満たしたかったのです。

まず、オペラシティは何度か行ったことがありますが、
53階には行ったことがありませんでした。
閉店時間間際だったので、あわてていきましたが、
エレベーターはハイテクでありますので、あわてることはなかったです。

53,4階は展望レストラン階になっており、いろんな店がありますが、
やっぱり叙々苑がいちばん欲望がうず巻いていると考えられます。
赤坂にも叙々苑はあり、夜遅くまで営業していますが、
きっとそちらもそちらで欲望が渦巻いているのだと思います。
そんなこんなで叙々苑は「自分で稼ぐようになったら行きたい店」
ランキングの中でも上位に入る店と言うことで有名ですので、
今回はその叙々苑の中から53階を選んだわけです。
この叙々苑は「天国に一番近い叙々苑」と呼ばれています、
と言っても過言ではありませんのです。

まず、店は薄暗いです。いやがおうにも欲望渦巻くようになってます。
また、席のほとんどはカップル席で、窓側を向いた2席づつの席が
何個かあります。これも欲望渦巻く仕組みと言えるでしょう。
店を見回すと全員2人組でした。3人組(コント赤信号とか)のことは
考えていないのでしょう。

店員は必ず客の目線に合わせてきます。
そこまでしなくてもいいだろうと言うくらいかがんできます。
また、女性の店員は着物、男性の店員は大木凡人でした。
店員はぴったり私の真後ろにつけていたので、
夜景などを撮ることはできなかったのが残念でしたが、
私は肉も食ったし景色も堪能したので、
残念なのはそれを見れない皆さんの方なので、
別にどうでもいいとも言えます。

景色はとてもいいです。
都庁が目の前に見えますが、六本木ヒルズが見えない向きなのが特にいいです。

肉。はクレジットカードと残業代をつぎ込む覚悟で来たので、
「特選」シリーズをカルビとタン塩を頼みました。
それぞれ3500円、3000円です。一番高いのは特選ロース4000円です。
あと、叙々苑サラダも頼みました。これは意外だったの後述します。

後述するとか言ってすぐ書きますが、
叙々苑サラダはおいしかったです。サラダというよりかは
たぶんドレッシングなので、会計のところで売ってるドレッシングを
買おうと心に決めましたが、実際会計に臨んでみると
とても言い出せませんでした。
圧倒的な肉欲の前では心などその程度のものです。

肉はおいしかったですが、例によって、
これが2000円だと言われても驚きません。
最初の一口目はくわっ!これはうまい!などと思ったのですが、
後半に近づくにつれ慣れが来ました。慣れは怖いです。
こうして人は汚くなっていってしまうの..。

肉の皿にはとうもろこしやきのこ、タマネギ、長ネギ、ニンニク
などのおまけが付いていますが、タン塩の皿に付いていたモノを
すべて焼いた後で、「もしかして、これを食うのは素人なのか!?」
などという邪念にとらわれ、カルビの方はネギだけ食べました。
このトウモロコシ一つでイラクの子供が救えたかもしれないと言うのに...。

で、やっと甘味の話になりますが、
すべて食べ終えた後で、デザートのサービスがありますよ、
と言われて選んだのが、この抹茶アイスクリームです。
周りはやや堅く中は柔らかい、というコンビニで売ってる「ピノ」を
思い出させる食感です。別段おいしいともまずいとも思いませんでした。
肉欲の前にはこのようなアイスなど、決してかなわなかったのだと言います。

お茶を飲んでゆっくりしてから会計に向かうと、
ほかにも頼んだビールやら何やらで1万円を超えましたが、
予想通り、と言う風な風を装って見ましたが、
出したカードがルミネカードだったので、
多少見破られた感はあります。
それでも人は肉欲に生きるのだからしょうがない、
などと考えながら帰りました。


購入場所:初台 叙々苑東京オペラシティ53店

Posted by kent at 05:56

2003年10月 3日

カフェプリンクレープ

03-10-03_00-39.jpg

ファミリーマートのスピードかなんかをイメ−ジキャラ的な
感じのなんかでこれを食うとなんか大変な感じのチルドレンを
助けたりするような感じのスイーツなんだそうです。

カフェー的なプリンとショコラ感のあるしっとりしたスポンジを
クレープでつつんだ、みたいな。
なかなかよいです。やや高いけど。

ファミリーマートはやればできるんだからもっとがんばれ、
といつも思います。

Posted by kent at 00:52

2003年9月26日

ホルトハウス房子のチーズケーキ

IMG_0765.jpg

くわっっ!ついにきたか、って感じなんですけど!
(小)なのに4000円もするチーズケーキが!
最近残業続きなのでケーキ屋に行けずしょんみりなところ、
通販という思いがけない文明の利器によって私は
こうしてこの時間にケーキを食することができるのです!

味的には非常にオーソドックスなレアチーズケーキ。
甘さも適度で底のカリカリ等もなどもよいです。

んー、たしかにうまい、たしかにうまいよ。
でもこれがグラマシーニューヨークの1500円の
同じくらいの大きさのチーズケーキの
2.66666667倍(google調べ)おいしいかと言われれば迷ってしまう。
2000円ならちっとも迷わないんだけど。

おなじようなことが米にも言えて、3000円の米と7000円の米は確かに違うんだけど、
10000円の米と7000円の米の差はよく分かんない、
みたいなことがあったなあ。
自分の舌力の限界を感じます。

ええ、でもチーズは何となく熟成させた方がおいしい気がするので、
ちびちび食すつもりです。思わず紅茶を入れたくなる雰囲気。
午後3時に食いたいのに!

購入場所:http://www.holthaus-fusako.com/

Posted by kent at 02:29

2003年9月21日

ハーゲンダッツのアズキ

03-09-21_02-18.jpg

んー、甘やかな。

ハーゲンダッツと言うことでこってりした例の感じも味わいつつ、
あずきということで体によかったりダイエットに役立つのでは!?
などと思わせ気味なのがいいです。

Posted by kent at 02:37

2003年9月20日

ティータイムベルギーショコラ

03-09-20_18-18.jpg

上がスポンジ的なもので下がクリーム的なもの。
スポンジもちゃんとしっとりしており、甘さ控えめ。
なかなかか。

ベルギーショコラって、なんだったっけか。

Posted by kent at 18:50

2003年9月14日

ロブションのオペラほか

IMG_0757.jpg

六本木ヒルズのこじゃれたフレンチレストランらしいです。
らしいですって言うのは自分が買ったものではないからですが、
王様のブランチか何かでやってたとかなんとか。

で、これはよくある感じのオペラ。
なんでこのタイプのケーキを「オペラ」と呼ぶのかわかんないけど。
上には漆黒のチョコ。
中は多層になっててシロップがしみこませてあるスポンジ。
底がチョコで砂糖のかたまりみたいなのと。

やや甘いです。それだけ。
底のカリカリがおいしいけど、そんな小市民的な
喜びを六本木ヒルズに求めてはいません。
その意味でガッカリ。


IMG_0754.jpg

こっちは自分で買ってきたものではないので、名前がわかりません。
実はいつもこれを書く際に苦労しているのがケーキ名の暗記です。
その場でメモするふてぶてしさはないので(ただでさえ恥ずかしいのに!)、
いつも店を出るなりすぐにメモしています。
3つ4つ買った際にはパニックです。

これ、一見カスタード風なんですけどね。
なんて言うのか忘れたけど、なんかどっかで
食べたことのある感じの甘酸っぱい感じの
ヨーグルト系というか、なんというか。
レモンっていうとちょっと違うかもしれない。
安っぽい感じの酸っぱさ。
底のタルト的な部分はおいしいけど。

なんだかなあ、っていうことでちょっと残しちゃいました。
別に六本木ヒルズに恨みはないんですけどね。

購入場所:六本木ヒルズ ヒルサイド

Posted by kent at 03:36

バーミヤンの烏龍茶のティラミス

IMG_0746.jpg

なんだこりゃ感があるので頼んでみました。
この秋の新作の模様です。

上にかかってんのが烏龍茶の粉末。
底のしっとり部分も烏龍茶風味。
チーズ部分は普通ですかね

甘さは控目。むしろ粉がやや苦すぎ。
コーヒーの苦みと違って全くチーズとマッチしないタイプの苦み。
だから「しっとり優しい大人の味わい」を謳うのかしら。
まあ、粉を少し払って食べればまあまあおいしいかな、と思います。

Posted by kent at 03:22

2003年9月13日

バーミヤンの黒ごまプリン

03-09-12_00-29.jpg

えー、今週は毎日終電だったので、普段あまり行く気がしない
地元のバーミヤンに行ってみることにしていました。
おかゆばっか食ったよ。

これは、黒ゴマプリンがアンニン系の汁に浸ってるかんじ。
甘さはひかえめだ。黒ごまプリンは黒ごまプリンだから、
特に何か言うこともないんだけど。


--
地元のバーミヤンはカオスゾーンです。
入るなり負の香りがします。きっと風水が悪いのでしょう。電波も届きません。
私がこの一週間通っただけでも、
・入るなりドリンクバーで水を飲んで帰ってしまう中年男性
・臨月間近になるまで妊娠と肥満を勘違いしたなんちゃって女子高生
・学内カースト制度(xxとは話さない方がいいよとか)について語る女子高生
・普段はこんな話とかしないけどxxとはできるんだよねー。とかいって口説く男。
・毎日「デザートを先に」持ってきてもらうサラリーマン

あああ、早くこの店を出なければ..。
ま、最後は自分なんだけど。

わかったのは、
一人で食いに行く場合に「デザートを食後に」持ってきてもらう必要はないことです。
オレは食いたいときに食う、いちいちオレの食の進捗状況を観察しに来るな!

Posted by kent at 18:23

2003年9月11日

あずきショコラ

03-09-11_01-25.jpg

「雑誌ノンノとの共同開発スイーツ」だそうな。
ショコラの上にクリームがのっててそのクリームがちょっぴり
ジンジャー風味。ジンジャーのピリ辛さがまるで恋愛のようだネ!
とかいうニュアンスなんでしょうかノンノ的には。

とか言いつつ別にこのジンジャーは辛みがないです。
ショコラも割とぱさぱさ感がかなあ。まあ、もっとぱさぱさなのもあるから、
と考えるとがんばってるのかもね。
それはいいんだけどあずき風味はゼロ。

購入場所:ファミリーマート

Posted by kent at 01:38

2003年9月 7日

セブンイレブンのレアチーズケーキ

いたってフツーのレアチーズケーキ。
コンビニで買えるケーキとしては上等なんじゃないすかね。

帰りとかが遅くなってなおかつ甘味が欲しいとき、
頼れるのはコンビニエンスストア店だけなので、
セブンイレブンにはもっとがんばってもらいたいものです。

Posted by moblin at 16:03

2003年9月 4日

C3のペコスッタ

IMG_0744.jpg

桃のパンナコッタ。
上には丸ごと桃が乗ってて、パンナコッタ部分の下はゼリーみたいなの。

桃が好きなんで買ってみました、って感じです。
桃パンナコッタ部分はおいしかったですが、桃とゼリーが微妙かな。
それにしてもペコスッタって。

購入場所:渋谷 東急東横店

Posted by kent at 00:12

2003年8月31日

グリコなめらか絹プリン

たしかになめらか。
かつ牛乳感とバニラ感の両立が出来ている点が評価できます。
さすが「洋菓子界の巨匠吉田菊次郎氏絶賛!!」だけあります。
タカナシの焼きプリン手に入りにくくなった今、コンビニ主力プリン入りか!?

洋菓子界...、考えれば考えるほどすこぶりますね。
きっと、洋菓子界は戦争なんてない平和な世界なんだッ...。
ブッシュもキムジョンイルもみんな洋菓子界に来ればいいのに...。

Posted by moblin at 05:13

2003年8月29日

イデミ・スギノのミス・アルビオン

msalvn.jpg

簡単に書きます。
ミントのムースに下がチョコのスポンジとクリームとチョコのスポンジ。
チョコが二段構成。
ミントが夏らしくてよい感じです。
ミントも何か本格的な雰囲気。

購入場所:京橋 イデミ スギノ

Posted by kent at 21:41

2003年8月28日

イデミスギノのエヴェレスト

IMG_0682.jpg

下がクリームチーズのムースで、
その上にベリー系のソースと果実が入ってて、
その全体を生クリームで覆った、みたいな。
上にラズベリーが乗っかってる。

とてもおいしいです。
こういう系統のものって、
中に入っているソースが酸っぱすぎたりして
それの味ばかりが目立ってしまいがちだったりするのですが、
これは何か割と渾然一体感が。やわらかいです。

購入場所:京橋 イデミ スギノ

Posted by kent at 02:00

イデミスギノのアンブルノワ

IMG_0678.jpg

上がメープルっぽい味のなんかのムース、で
カラメリゼしたクルミが入ってる。
で、チョコレートのスポンジ、
で、下がよくわかんない。

味的にはメープルっぽい感じですかね。
クルミのカリカリ感が香ばしい感じ。
なんというか、下の部分とか、これが入ってるとか
よくわかんない感じ。ま、おいしいからそれ以上
考えるのは野暮かなとか思ったんですが。

購入場所:京橋 イデミ スギノ

Posted by kent at 01:47

2003年8月27日

イデミスギノのムランググロゼイユ

shmrg.jpg

ここずっと行きたかったんですよねえ。
というか二回ほど行ってるんですが、二回ともすでに全部売り切れた状態で、
ガッカリしておった次第なんですが、
夏休み期間を利用して開店直後に行ったらちゃんと全部ありました。

でも、いくつかはイートインのみで、特に一番事前調査で
食べたかったものがイートインのみだったので(暑さのせい?)
多少残尿感が残りつつもいくつか買ってかえりました。

これは周りがメレンゲで、ものすごくふんわり。
中に何か甘酸っぱい果実と、カスタードクリーム。
そこはタルト時でシロップとなんかお酒の味がする。アーモンド系の。

これはおいしいですよ。
というか、全部おいしかったんで以降のケーキも似たような感想になります。

購入場所:京橋 イデミ スギノ

Posted by kent at 03:21

2003年8月21日

イルピノーロのカプチーノ

cpcn.jpg

上に甘いナッツ的なモノが乗った
コーヒー味のロールケーキ。

あんまりロールケーキを店で買うことはないんですよね。
それはやっぱりお得感的な問題なんだと思うけど。
でもまあ、最近自分の感性でケーキを選ぶことへの疑いを
感じてきているので、直感に頼らずに、あえて、逆に、
みたいな感じで、あれ、結局それもまた直感じゃないの、
みたいな感じで選んでみたわけですが、

これは甘さ控えめな感じで本格的風なコーヒー風味がしました。
ナッツ部分は甘いので、バランスがとれてる感じで。
多少ロールケーキを見直した次第です。

購入場所:銀座 松坂屋

Posted by kent at 00:36

2003年8月19日

イルピノーロのフォルマッジオミルティッレ

flmgmltl.jpg

上がふんわりしたレアチーズケーキで、
その下に少しスポンジ、さらに、ブルーベリーの
ジャムというか、ゼリーというか、そんな感じの部分、
しめったシナモン風味のタルト生地。

あー、これはおいしいですね、
例によって甘いですけど。
シナモンのきき具合とかがよいです。

ていうか名前がわけわかんなすぎ。

購入場所:銀座 松坂屋

Posted by kent at 23:54

イルピノーロのチョコのミルフィーユ

chmlfy.jpg

一番上に薄い板チョコ、
その下にキャラメルのクリーム、ナッツ。
その下にチョコレートスポンジとクリーム。
その下にクッキー地の生地。
これはミルフィーユなの?

全体にものすっごく甘いです。
かろうじて一番下が塩味がついているのだけど、
それがまた甘さを引き立てる感じで2倍甘いです。
私は全然大丈夫ですけど、難儀な人もいそう。

冷夏なんで最近とっても太り気味の体にはこたえます。

購入場所:銀座 松坂屋

Posted by kent at 03:01

2003年8月15日

ジェトォのガトーメリッサ

gtmrs.jpg

ぱっと見シブーストなんですが。
スポンジ-クリーム-スポンジ-チョコ-スポンジ。
上はカラメリゼしてある。

3つ買った中では一番おいしかったです。
特にチョコがおいしい。このチョコをナッツチョコの方に使えよ。
でもメリッサがなんなのかはよく分からない。

ところで、この店は多分モンブランとかイチゴのケーキが
ウリなんだと思うんだよね。
でもウリですって感じだとやっぱり避けたくなってしまうのも現代っ子の人情です。

購入場所:銀座 松坂屋

Posted by kent at 00:42

2003年8月12日

ジェトォのナッツショコラ

gtcnt.jpg

極端な高さが食べる前から不安にさせます。
上の方にはチョコを細くしぼったみたいなやつとナッツ。
中はわりとフツーなスポンジ-クリーム型のチョコレートケーキ。

案の定食いはじめた5.14秒後に崩壊。
味は何か、期待し過ぎたかな、なんか。

購入場所:銀座 松坂屋

Posted by kent at 23:57

2003年8月11日

ジェトォのムラングシャンティー

mrgst.jpg

下の方がメレンゲを固めたみたいなやつ。マカロン?
上に生クリームと果物ね。

ええーと、すいません、ちょっと苦手..。
ふんわり口の中で解ける感じなんだけど、
ちょっと食うだけならいいけど、こんなにあるとねえ。
特に生クリームがつらい。


今日買う時に前に美男美女な雰囲気なカップルがいたのだけど、
普通に10個ぐらい買ってた。小粋なホームパーティ?
リッツには何が乗ってるわけさ?

購入場所:銀座 松坂屋

Posted by kent at 23:14

2003年7月31日

タントマリーのライチのシブースト

lsbst.jpg

なんか運ぶ途中でつぶれてしまったので写真がアレですが。

上にライチのムース的なのがあって、
下はタルト生地。中にはフランボワーズ的なもの。
全体的に甘酸っぱいですね。

それはそうとして、
これと比べてみて、シブースト概念が混乱してきました。
結局なんなんだ。

購入場所:銀座松屋

Posted by kent at 00:41

2003年7月29日

タントマリーのカマンベールチーズケーキ

kmvr.jpg

これはなかなかのおいしさでした。
説明しづらいのですが、あえて変なたとえをするならば、
おいしいカロリーメイトブロック味ってかんじです。
塩の感じとか。

あんなにぱさぱさしてないし、むしろしっとりだし、
チーズ感とかも全然違うんだけど、雰囲気的にはやはりカロリーメイト。
パティシエに申し訳ない感じです。

購入場所:銀座松屋

↑会社にほど近い新宿は行きやすい点では申し分ないのですが、
もう結構かなり食い尽くしの感があるので、
銀座に行ってみたら三越などはほとんど未開拓ゾーンなので、
とてもよい感じなのですが、20時の閉店までに銀座に着くには、
決して残業しない覚悟が求められますね。

銀座にほど近い京橋にはとてもおいしいらしいケーキ屋があるのですが、
会社に入る一日前、つまり3/31に、もう会社に入ったら行けないかもしれない、
ということで、16時頃行ったときに、すでにすべて売り切れており、
ああ、この店のケーキはもう一生食えないのかもしれない、
とか思いましたが、実際入ってみたら別に半休とればいいわけで、
よくある昔の職場だったらよくある黒板みたいなのに「直帰」「風邪で早退」
とか書いてある中で自分は「ケーキ」とか書いて帰るのもいいなあ、
とか言う妄想を一瞬しましたが、弊社はわりとITなので、
Web上で、とかなのでつまんないです。

Posted by kent at 22:48

2003年7月24日

セガフレードのキャラメルバナナケーキ

その名のとおりですね。 バナナケーキもなんか自分で作れそうなケーキランキングに ノミネートされる感じですが、これみたいにキャラメル感を加えたりなどと、 工夫の余地があるのがよいですな。

あああ、でもなんで二日続けてクリームレスなケーキを..。

飲食場所:セガフレード日比谷店
↑今日はいないけど、いつも周囲にヅカファンがすごいです。
なにがすごいって、ものすごく整然としてるから。
違う意味でSmart Mobsです。

Posted by moblin at 19:50

パステルのパステラ

03-07-23_20-51.jpg

私がケーキを選ぶ際に、無意識のうちにシフォンケーキは外している
ような感じがします。理由としては
・ぱさぱさしている
・ぱさぱさしてなくても何となく物足りない
などが挙げられるでしょう。

あとなんか、シフォンケーキって自分でも作れるような感じがして
それも避けがちな原因の一つです。
だからシフォンケーキを食う場合は
・もらった
・喫茶店でケーキセットを頼むもケーキはシフォンケーキしかなかった。
と言う場合がほとんどです。

物足りない方面から行くとフルーツ盛りだくさん!
みたいなケーキもわりと避けがちです。
フルーツに頼ってんじゃねえよって感じになるからでしょう。
でも洋梨とかブルーベリーが食いたいときはタルトを食いがちです。
フルーツは好きですが、ケーキとは別腹です。

以上のような視点からすると普段は決してこのような商品は買わないのですが、
前回書いたような需要不足を考慮した結果、購入に至りました。
結果からすると、あ、シフォンケーキだねって感じです。

Posted by kent at 00:13

2003年7月16日

ドトールのオレンジムースタルト

上にオレンジの輪切りが乗っかってますね。
で、下が普通のタルト。

多少甘すぎな感がありますね。
まあ、良くも悪くもドトールな感じ。

飲食場所:ドトール初台駅前店

Posted by moblin at 15:45

2003年7月15日

ブールミッシュのカマンベールノルマンディー

nrmn.jpg

周りが砂糖をまぶしたスポンジみたいなので、
中がリンゴのムースとリンゴ果実。

なかなかおいしゅうございますが、
食い終わって謎なのがどこがカマンベールだったの、
ってことなんですが、どうなんでしょ。
ムースに入ってるとかスポンジに入ってるとか。そんなところか。
あとノルマンディーって適当につけただろ。


そういえば、毎週月曜はケーキ日、と言うのを
ずっと続けて参りましたが、4月から続けて、
ついに今日、本当に食べたいケーキが見つからなかったです。
びっくりしました。そして悲しくなりました。

とりあえず結構好きなブールミッシュで買いましたが、
毎回出来るだけ違うものを食おうという試みはもろくも崩れ去ったのでした。
デパ地下はもう私のフィールドではないのかもしれません。

購入場所:新宿 小田急ハルク

Posted by kent at 00:57

2003年7月13日

メグミルクヨーグルト

03-06-21_13-56.jpg

赤い色でおなじみの。
メグミルク自体は飲んだことがないのですが(おいしい牛乳派)
これはなかなかおいしくてよいね。
生クリームが入ってるとかでほのかな甘さ。

最近毎昼食時にヨーグルトめいたものを食ってるんだけど、
あ、これってなんかOLっぽいなあ、と思いつつ
周りを見渡すとOLは誰も食ってなかったりする。

購入場所:セブンイレブン

Posted by kent at 22:06

2003年7月11日

グラマシーニューヨークのハテルマ

htrm.jpg

波照間産の黒糖を使ったあんみつとパンナコッタの組み合わせって感じ。
これは前回の名誉回復、と言った感じでした。
おいしかったです。

購入場所:新宿 高島屋

Posted by kent at 00:56

2003年7月10日

東京ショコラ

03-07-10_18-26.jpg

こっぱずかしい名前ですが。
表参道の駅売店で思わず購入。通勤帰りは甘味がほしくなるのよね。

一口サイズのショコラ。
とろけるような食感というかたんに暑さで溶けてるだけというか。
味的にはなかなかのものです。

それはいいんだけど売り場には「夏!ショコラ!」みたいな
キャッチがついてたんだけどそれはどうなんだ。

購入場所:表参道地下鉄売店

Posted by kent at 22:19

2003年7月 9日

グラマシーニューヨークのピーカンショコラ

grmcp.jpg

包装がこじゃれてることでおなじみのグラマシーニューヨーク。
ショコラの上に生クリームとキャラメルクリーム。
んー、どうだろう、チョコに関してはこの間会心の出来のブラウニー
を作ってしまったので厳しくなりがちです。
おまえの実力はこんなもんじゃないだろ!
とか言いたくなります。

購入場所:新宿高島屋

Posted by kent at 06:31

2003年7月 7日

茂木一○香のビワゼリー

biwas.jpg

ビワゼリーって言ったらこれなんですよ奥さん。
びわが丸ごと一個入ってるんです。
って、たらみのだって入ってるけどさ。
いや、なんか違うんだよなあれは。

数年前にこれをなんかの雑誌で読んで、とても食べたかったのだけど、
当時はネットとか言ってもこんなに通販などが充実してなかったので、
ネットでぴっと注文したりできなかったので、
長崎修学旅行の際に「どこ行ってもいいからとりあえずビワゼリー購入だけはお願い」
というスケジュールを班員に組んでもらったのでした。

その時にFAXでの通販申し込みができることがわかり、
それからいちどFAX注文したもののやはり距離感はぬぐえない。
それから数年して時代はITなんでbiwajelly.co.jpとかで
注文できてしまうすこぶる感じになってまた注文したりもしましたが、
いつでも注文できると急に愛情が薄れてしまうもの。
それからはしばらく遠ざかっていた。っていってもそれは去年だけどさ。

で、通勤帰りの渋谷東急の地下を見たらご対面ですよ。
そりゃ買うっしょってかんじで。即大人買い。
やっぱりネットもいいけど基本はご対面ですよ。
この夏はたびたび買ってゆきたいフィーリンです。

購入場所:渋谷東急

Posted by kent at 00:43

2003年7月 6日

トロワグロのリモンチェロのサヴァラン

sva.jpg

上の方にクリームとレモンの皮、
下の方はなんだろ、何かいい名称があるんだろうけど、思い出せない。
シフォンケーキっぽい生地というかばわかるでしょうか。あ、スポンジか。
それに思い切りリモンチェロがしみこませてあります。

リモンチェロは本当はかなり強い酒なんですが、
たぶんこれはアルコール分はとばしてあるんでしょうね。
そのせいか、リモンチェロの甘みだけが思いっきり発揮されてる感じ。
端的に言えば甘過ぎ。甘党の自分が言うんだから間違いない。

購入場所:新宿 小田急ハルク

Posted by kent at 03:09

2003年6月30日

トロワグロのクレームブリュレなんたら

cb.JPG

クレームブリュレ・シトリ−ヌとかそんな感じの名前だったと思うんですが、
メモし損なったので曖昧です。

クレームブリュレのチェック点は主に上のカリカリにあると思いますが、
これはちゃんとカリカリです。ただ、なんというか、
あんまり好きじゃないタイプのカリカリというか、
多少飴感覚の強いカリカリです。わかりますかね。
クレームブリュレのカリカリは、適度なカリカリ感を残しつつも、
歯に引っかからない程度のカリカリであってほしいのです!

味的にはおいしいですが、多少プリン感が強いです。
クレームブリュレって感じより多少さっぱりした夏の味。

購入場所:新宿 小田急ハルク

Posted by kent at 21:56

2003年6月27日

KOSENの水ようかん

03-06-27_22-07.jpg

とうとうこれもか、とか思ったんですが、
これは「やわらか水ようかん」です。

どんどんおかし業界だとかが柔らかとか滑らかとか
そういう歯の弱った年寄り向きのような離乳食のような食物ばかりに
なるのはいかがなものかと、とか言いたい気もありますが、
これはこれでおいしいです。

購入場所:銀座松屋

Posted by kent at 22:57

2003年6月26日

KOSENのざる豆腐

tf.JPG

ざる豆腐といいつつもチーズケーキなんですが、
といいつつも、豆腐の味もします、というよくわからない食品。
こういうざるみたいなのに入ってるやつ結構多いですが、
これは布の上にビニールがけしてあって、その中にブツが入っているので、
だったらざるじゃなくていいじゃん、とか思ってしまいます。
食いにくいだけです。

かといって、布に直、だともっと食いにくいので微妙なところ。

購入場所:銀座松屋

Posted by kent at 22:48

2003年6月22日

つる瀬の和菓子

trs.jpg

ケーキは一品一品紹介して和菓子はひとまとめかよ、
みたいなところに自分の日本文化に対する複雑な自意識が出てしまい、
これもまた戦後民主主義教育の一つの弊害ではないか、
この左翼主義者め、世が世ならおまえもレッドパージの対象だぞ、
などと言われてしまいそうですが、気にしないでおきます。

左下のピンクのは「ふく梅」というやつで、
真ん中にのってるのは本物の梅干しです。
多少塩味が聞いていてほどよい甘さ。
NHKに紹介されました、みたいな宣伝文句がありました。
右上のはなんだか忘れてしまいましたが、
黒い外側はあんこじゃなくて黒糖みたいな感じでした。
右下はおなじみ黄身しぐれ、左上はまんじゅうみたいな感じ。

この辺は水商売の人が多いんですが、
私の後ろに並んでた人が慣れた感じでスイートポテトを注文してたので、
それがいちばんおいしいのかもしれないです。

購入場所:湯島 つる瀬

Posted by kent at 23:03

2003年6月16日

手作りブラウニー

pm1.jpg

に書いたクーベルチュール、
しばらくは楽しめたんだけど、季節が季節なんで、それほど
ショコラショーとか飲みたくない感じなのでいっそのことブラウニーにしてみようかと。

ブラウニーって私のイメージでは粉を使わない印象だったのですが、
レシピをいろいろ物色したら結構粉を使うのもあったので、
粉を使ったりしました。あとクルミをこんがりローストしたりもしました。

そんなこんなでおいしいことは保証されているこのブラウニー。
特に裏切りとかなくふつうにおいしかったです。
どう考えても買った方が安いけど。

ただ、ブラウニーの食感を出すためにグラニュー糖をたんまり入れるんですが、
このクーベルチュール、少し砂糖が入っているので、
多少甘過ぎな感じに仕上がったのだけど、甘い分にはいいです。
写真も撮ったんだけど、あんまりおいしそうじゃないので。

Posted by kent at 22:45

2003年6月15日

Pierre Marcoliniのチョコ

pm2.jpg

銀座のど真ん中にあるんですけどね。
本当はカフェモカを作るためのクーベルチュールを
買おうと思っていったのだけど、それだけ買うのもなんなんで、
チョコも買ったのです。

おいしいですけど、チョコのおいしさって
いまいち表現にしにくいと言うか、
チョコとしておいしいか否かぐらいしか言えないのは
私の語彙と感受性の問題でしょうか。

購入場所:銀座Pierre Marcolini

Posted by kent at 17:42

2003年6月10日

ドトールの抹茶ミルフィーユ

dtr.jpg

基本的にドトールでなんか飲むっていうことはないんですよね。
だいたい食い物だけテイクアウツしてしまう感じです。
ミラノサンドやベーグルなどを。これは好物。
スタ場なんかは逆に食い物はちょっとな感があるんですが。

で、これはもう名前の通りというか。
全体の写真を撮ったらカビの写真みたいになってしまったので、
アップで撮りました。抹茶ですからねえ。
抹茶感はそれほど高くないのですが、まあそれ相当、という感じ。
ドトールの期待値って言うのはそもそもそんな感じですよね。

Posted by kent at 23:57

2003年6月 8日

神戸御影カスタードクラブのクラシックショコラ

03-06-06_07-22.jpg

写真しょぼいっすね。
カスタードクラブと言いつつもカスタードじゃない物を買ってしまうあたり
屈折してますね。なんか神戸フェア的な物で。

割とふつうの、と言うか、奇をてらってない感じのガトーショコラ。
オレンジピールとヨーグルト的な隠し味がしました。

購入場所:新宿タカシマヤ

Posted by kent at 15:57

2003年6月 5日

シェ・リュイのモンブラン・フレーズ

frm.jpg

これまたモンブラン概念大混乱。
苺ムースに苺の果肉って感じ。

モンブランって山の名前でしたっけ?
と言うことは山っぽい形になっているのはモンブラン
と言っていいのだろうけど、これはどうなんだろうな。
山って言うかドーム型だしな。
縄文時代の人とかが東京ドーム見たら山だって思いますかね。

購入場所:銀座三越

Posted by kent at 02:14

2003年6月 3日

シェ・リュイのモンブラン・フロマージュ

mon.jpg

なんか代官山の店らしいですが、今日まで銀座三越に出店、
とかで自分の「本日限り」とかへの弱さ加減が見え隠れしたりしますね。

で、これ。
パティシエの「モンブラン」概念への疑い、脱構築、
などを感じさせます。たぶん、一切栗が使われてないです。
上にクリーム、中に苺系のジャム的なものが少々、
下の方はプリン的なもので底はカラメル的なもの。
これをモンブランと呼んでいいんでしょうか。

もちろん、「モンブラン・マロン」というのも売ってて、
それは明らかに「モンブラン」なんですが。
ショートケーキに苺がない、みたいなものです。
たしかに「ショートケーキ」という字面に「苺」はないので、
別にそれでもいいけど、みたいな。

味的にはおいしゅう御座いました。
弱冠クリーム的な部分に塩味を感じましたが、
たぶん、バター的なものかチーズ的なものの味なんでしょうけど、
これがアクセント的な感じになってる感じです。

購入場所:銀座三越

Posted by kent at 02:40

2003年6月 1日

わらびもち入り抹茶のムース

03-06-01_20-48.jpg

わらびもち、あんこ、抹茶、クリーム、黒豆、ってかんじ。
抹茶が意外と甘さ控えめなのが好印象。

購入場所:ファミリーマート

Posted by kent at 21:17

シナボンとチェリーボン

sina.jpg

大学に通ってたころ、通過する駅に町田があって、
しかも町田にはシナボンが売ってて、嫌なことがある度に途中下車して
購入しておったものでしたが、去年ぐらいになくなってしまって、
不便に思っていたものの、大学を卒業してしまった以上、
町田に行く機会も今後全くないであろうので、
別のシナボンプレイスを探さなければと言う気持ちが頭の片隅に御座いました。

とはいえ、新宿にあることは結構前から知ってたものの、
新宿には他にも甘味処が多数あるわけで、そこであえてシナボンを
選ばないあたりに私のシナボン熱の多寡も知れそうなものですが、
昨日たまたまお台場に行ったので、ガラガラのお台場店で購入していった次第です。
お台場について語りたいことも山ほどあるのですが、
それについて語り出すと長くなってしまうので、
一言で言うなら、家族連れのメッカと化したお台場なんて!
ってことです。

で、シナボンと一緒に売ってたチェリーボン。
シナボンの良さは凶悪な甘さ加減にあるといえるわけですが、
多少チェリーボンになるとその趣旨が薄れがちな気がしました。
チェリー特有の酸味などが楽しめますので妊婦などにお勧めです。

購入場所:シナボンお台場店

Posted by kent at 04:51

2003年5月29日

セルリアンタワー(略)のヴルーテ

vlu.jpg

食ったのはおとといなんで思い出しにくいんですけど、
ホワイトチョコクリームで構成されており、
中と上にはグレープフルーツが入ってた。後なんかバナナっぽい味も。

これ、まあ、おいしいんだけど、他の二つがもっとおいしかったので、
多少がっかり感がありました。

購入場所:渋谷 セルリ(略)

Posted by kent at 02:48

2003年5月27日

セルリアンタワー(略)のパリ

paris.jpg

ネーミングにつっこみたいところですが、
まあ、しょうがないですね。

これっておいしそうじゃないですか。
でもたいていこういう類の周りが光沢のあるチョコで
コーティングされてるやつって、その肝心のチョコが安いチョコ
だったりして、がっかり感あふれる感じだったりしたわけですが、
これはおいしいです。

なんだよオレ、ホテルとかそういう肩書きに弱いな。
甘さは割と控えめ。中はチョコと生クリーム。
あとなんかしらのベリー系のものが入ってたり載ってたりします。

購入場所:渋谷 セルリアンタワー東急ホ(略)

Posted by kent at 00:09

2003年5月26日

セルリアンタワー東急ホテルのフロマージュブラン

03-05-26_21-57.jpg

ああ、行ってきたさ。
作りがこじゃれてて、入り口が全然わかんなくて、
ぐるぐる回ったあげくにようやく入れて、
どこで売ってんだかわかんなくてあきらめかけたときに見つけたはいいものの、
どくとくの近寄りがたさによれよれのスーツ姿の自分が急に恥ずかしくなって、
あきらめかけましたが勇気を出して買いました。
3回続きます。

で、これはフロマージュのブランなんだよね。
抑制された酸味の効いたフロマージュ(ってなんだかわかんないけど)
の上にラズベリー的なものが載っていたり、
フロマージュもなんか均一に見えていろんな層に分かれていて
複雑な味を醸し出すとともになかに少し柑橘系のソースが入っていて、
まあ、とにかくおいしゅうございました。
さすがタワーなだけある。

だけどなんか、安定が少し悪くて、結構そうっと持ってきたのに、
倒れてしまってチョコのやつにくっついちゃったりして、
柔らかいもんだから元に直すのが大変だったりもした。
さすがタワーなだけある。

購入場所:渋谷 セルリアンタワー 東急ホテル

Posted by kent at 22:19

2003年5月20日

アンテノールのティベール

teab.jpg

月曜はケーキの日ってことで。
これは見ての通り抹茶みたいなケーキ。
黒豆みたいなのも入ってる。
クリームは..なんなんだろ、チョコ的な味もするし、
あんとか梅みたいな味もしないではない。

そんな複雑な感じの味。
自分の味覚がダメなだけかも。
でもおいしかったです。

↓上野の松坂屋って本当にケーキの類少ないのね。
トップスとかはあったけど、和菓子ばっか。まあ、それもいいんだけど。

購入場所:上野松坂屋

Posted by kent at 01:52

2003年5月17日

ビスキープリンタルト

03-05-17_02-51.jpg

なんか上にビスケット状の物が載っていて、
その下にタマゴ系のプリン系のアレ、
その下にやっぱりビスケット的なタルトのそこになっているアレ、
と言う構成。

パッと見うまいかなと思ったのだけど、
ビスキー感が強すぎてパサパサな味。
せめてカリカリしてれば良かったんだけど、しけってるし。
しけってるのは賞味期限が昨日までだったって言うのも
あるかもしれないけど。

購入場所:ファミリーマート

Posted by kent at 19:02

2003年5月13日

cafe veryのクレームブリュレ

cb.jpg

クレームブリュレってわりと好き。
表面がわりとかりかりちゃんと焼いてあるやつの方が好みなんですが、
これは割とソフトな感じなんだけど、まあ、べつにいいかってかんじ。

ケーキは週一回月曜日だけにしておきます。

購入場所:上野マルイ

Posted by kent at 00:20

2003年5月 9日

ミクニのシャントゥポワール

mk.jpg

なんかいまいち説明できない感じ。
周りはしっかりしたシュークリームみたいで、
なかにはなんかムース的なものがつまってる感じ。
それが芋っぽい味もするんだけど、パインめいたものも入ってます、
んー、柔らかいスイートポテトみたいな味?
その一方でカラメルめいた味も。

購入場所:新宿小田急ハルク

Posted by kent at 02:47

2003年5月 8日

ミクニのショコラフランボワーズ

fl.jpg

写真、ちょっとだけがんばってみた。
誕生日なんでケーキ解禁。豆乳も一緒に買ったんで、
ヘルシーだよね、ってことで。

ショコラのムースみたいなんだけど、
上下にフランボワーズがっていうかフランボワーズがなんだか
しんないけど、たぶんベリー系のモノだろう、と思うのだけど、
そういうものがのっている。種のコリコリ感と甘酸っぱさ。

それはいいんだけど、このチョコとベリーの組み合わせって、
ってどうなんだろう。個人的にはあんまり好きじゃないな。
ってなんで買ったんだろ。

購入場所:新宿小田急ハルク

Posted by kent at 01:51

2003年5月 7日

みはしのくず餅

03-05-07_00-13.jpg 03-05-07_00-17.jpg

上野のみはしといえばあんみつが有名なんですが、
それはいつも食べてるので、なんとなく、
くず餅をセレクトしてみました。
しばらく食ってないなあ、と。

左の写真のキット感がよいですね。コンパクト感。
だけど右図の状態にして、食ってしばらくして、
しばらく食べてない理由がわかった気が。

やー、おいしいんだけど、二人分はいらないなあ。
だって餅だからねえ。

購入場所:上野公園前みはし

Posted by kent at 00:41

2003年4月30日

小城ようかん

03-04-28_22-22.jpg

和菓子なら平気という声を信じつつ。
なんかふつうのようかんと違うのは、砂糖でコーティングというか、
そんな感じになっている点です。ようかん自体はわりとやわらかめなのだけど、
この砂糖のコリコリ感がよいです。なんかそういうカステラとかあるよね。
あれと同じうれしさだよね。


肝臓に効くというウコン茶を手に入れて飲んだのだけど、
こんなまずいモノを飲むくらいなら肝臓悪くてもケーキ食うぞオレは。

購入場所:新宿高島屋

Posted by kent at 00:23

2003年4月29日

梅花亭のどらやき

03-04-29_15-50.jpg

肝臓を思いやって和菓子。
なんか平べったいんですよね、これ。
上品な甘さ、つぶあん。

こういう甘いものをつづっているページをいくつか見たけども、
延々うんちくが続いたり、とか、そういうのはたぶん男子だろうね。

購入場所:梅花亭深川不動尊仲見世店

Posted by kent at 16:20

2003年4月26日

セブンイレブンのいちごとみるくのケーキ

03-04-26_16-18.jpg

いちごのムースとミルク的な味の層とスポンジの層になってんの。
ほどよい感じ。

それはいいんだけどさ、最近のセブンイレブンはひらがな多用しすぎ。

購入場所:セブンイレブン

Posted by kent at 16:24

アンナミラーズのチェリーパイ

IMG_0035.JPG

実際のところ制服がどうであれアンナミラーズには行きたかった。
なぜならここはパイがおいしいことで有名なので。
お台場にも高校の近くにもあったのだけど、
なまじ制服のイメージがあるので、なかなか行こうとは言い出せなかったし、
一人で行くのはなおさらだった。

で、今日たまたま自分から行こうと言わなくても行ける雰囲気だったので、
制服に色めき立つ連中を横目におもむろにパイを注文。
酸味が効いていて、酸味好きにはたまらないかと。
こんな機会はなかなか無いので、もっとほかのも頼みたいところでしたが、
肝臓のことを思いやってやめておいた。

で、なんか、パイはなんかwebで注文できるらしいんだよね。
ホールでだから高いけど。そこまで食いたいかっつったらそうでもない。

購入場所:アンナミラーズ吉祥寺店

Posted by kent at 03:45

2003年4月22日

アンリ・シャルパンティエの洋なしのババロア

03-04-20_17-53.jpg

なんていうのかしら。
上の方はムース的なババロア、というか、ムースとババロアの違いが
いまいちよくわからないけど、下の方はタルトチックな感じ。
その間になんかスポンジ的な物を挟みつつも、
キャラメル感のある層もあったりします。

ま、そんなかんじ。
やっぱ一店3つとか買うといろいろありますね。

購入場所:池袋西武

Posted by kent at 23:58

2003年4月21日

アンリ・シャルパンティエのフラン・パリジャン

03-04-20_17-52.jpg


なんというか昔はやったエッグタルトみたいな感じですが、
エッグ感は低いです。むしろカスタードクリーム感の方が強いです。
あと、なんかほのかにお酒の味もしますが、本当にほのかです。
なんとなく、アパレイユというやつなのかもしれないです。

つってもわかんないか。
200円だったのは安かったです。

購入場所:池袋西武

Posted by kent at 23:12

2003年4月20日

アンリ・シャルパンティエのチョコレートムース

03-04-20_17-55.jpg

三連発。
ピラミッド型。というだけの理由で買ってみた。
表面にはココアパウダーで、中はムースというかクリームというか。
で、さらに中にはジャム的なものが入っているのだけど、
何ジャムかがわかるほど舌は肥えていません。

ただ、ベリー系であろうことはかろうじてわかりました。
で、それが苺でもブルーベリーでもない感じです。
で、それがそんなに甘くなくてほどよい感じです。
で、種的なもののコリコリ感がほどよい感じです。

購入場所:池袋西武

Posted by kent at 18:06

2003年4月15日

セブンイレブンの絹れあ(春苺)

03-04-14_22-23.jpg

単に絹れあって言うのは以前からあって、
よくわかんないんだけど、ざる豆腐的な感じで、
レアチーズケーキが入っておる、と言う代物で、
わりとおいしかった。

でも、絹風な布が食べる際に邪魔なので、
別に絹じゃなくていいのに。れあだけでいいのに。
や、むしろひらがな感覚がむかつく、
と言うことも思っていた。

で、これは春に便乗したそれの苺味なんだけど、
おいしかったです。ほどよい酸味というかなんというか。

Posted by kent at 22:33

2003年3月29日

スターバックスのキャラメルブラウニー

03-03-28_16-32.jpg

これまでスターバックス(以下バックス)の食べ物はまずい、ということは、
定説でしたけど、これはなんかわりとおいしかったです。
ものすごい甘いけど。しっとりとやわらかめなのが。

そういえば、エスプレソーマシンを買ってからというものの、
バックスに行くこともほとんどなくなりましたが、
じゃあ、エスプレソーマシンを使ってるかと言えば、使ってないです。
あれ、掃除が面倒なのよね。

Posted by kent at 03:57

2003年3月25日

パステルのミックスベリータルト

03-03-25_21-08.jpg

近所にパステルができてからと言うもの、
めっきりなめらかプリンなどを買わなくなりました。
自分で作れるっていうのもあるんですが。

で、これは久しぶりに食ったパステル製品。
ブルーベリーなどが非常に好きなので、おいしくいただきました。
変に甘くなくて酸味が残ってるのがよいね。

購入場所:北千住ルミネ

Posted by kent at 22:04

2003年3月18日

自作:リムーザン風クラフティ

03-03-17_13-18.jpg

なんかティーパックを買ったら付いてきたレシピで作りました。
レシピここに書こうと思ったら書いた紙をなくしてしまったので幻のレシピです。

生クリームやスポンジではないアパレイユというプリンめいたものが
ベースになっているやつで、作るのは簡単です。
これはさくらんぼですが、りんごとかにすると前書いたシブーストに近くなります。
というか、シブーストの下の部分に相当します。多分。

うろ覚えで手順を書くと、
・さくらんぼ(300g)をバター(25g)でソテー。
・さくらんぼに砂糖(少々)をまぶしてカラメルを絡める(ダジャレ)。
・さくらんぼを型の底(バターを塗っておく)にもりつける。
・卵(3個)、砂糖(80g)、塩(少々)を軽くまぜたあと小麦粉(80g?)を加え、よく混ぜる。
・バター(20g)を溶かした80度程度の牛乳(500cc)をそれに少しずつ混ぜる。
・それをこしながら型に流し込む。
・180度にあたためたオーブンで25分、湯せんにかける。
簡単です。ていうか、紙なくてもほとんど覚えてるな。

Posted by kent at 10:07

2003年3月17日

祇園辻利の抹茶カステラ

03-03-17_00-31.jpg

カステラと言えば底に砂糖がこびり付いているタイプが好きですが、
これは付いてないですが、まあ、おいしいです。
抹茶がなんか、こういうものにありがちな安い感じではない。
と思わせるような雰囲気になっているような気がしないでもないです。

↓私が行ったわけではないです。

購入場所:カレッタ汐留

Posted by kent at 00:44

2003年3月14日

タカナシの焼きプリン

03-03-14_11-19.jpg

焼いてあるプリン。
コンビニで売っている中では結構なハイレベルな気がします。
なんか、カラメル層となめらか層と焼き色がついたこってり層に分かれている
お馴染みのタイプです。

これのいいところは「確かに焼いています!」という感じをかもし出しているところ。
近所のセブンイレブンではいつもものすごい量が仕入れられているんですが、
売れてるんでしょうか。

購入場所:セブンイレブン

Posted by kent at 11:27

2003年3月 9日

ブールミッシュのシブースト

03-03-09_04-27.jpg

知り合いからおいしいとかそういうことよりも何が入ってるとか、どんな味か、とか
そういう情報がいるのではないか、と言うことを言われたので書きます。
うーん、なんだろ、何か洋梨..か、りんごみたいなの?が、入ってて、
表面が焼かれててカラメリゼ?っていうんですか?何か、そんな感じで、
3層?になっていて底はパイ生地?になっています?
あと卵っぽい味っていうんですか?そんなかんじです。

これは結構好きな味。

購入場所:新宿小田急ハルク地下

Posted by kent at 05:00

2003年3月 5日

セブンイレブンの苺の杏仁豆腐

03-03-05_01-59.jpg

セブンイレブンの杏仁豆腐は値段の割においしいと言ってもよい部類に
入ると思います。で、これは苺タイプなのですが、
個人的には普通の方が好きですが、苺好きには別にこれでよいというか、
特にとりたてておいしさに違いがあるような感じはないです。
などと。

購入場所:セブンイレブン

Posted by kent at 02:15

2003年3月 3日

グラマシーニューヨークのチーズケーキ

03-03-02_22-08.jpg

グラマシーニューヨークと言えば、一日何回かしか焼かないという
チーズケーキが有名ですが、これは一口サイズの普通のやつ。
まあ、おいしいですよ。

でも、ちょいと高くても限定の方を買った方がいいかなあ、
限定の方は丸い型に入ったまま売られているので、
食い終わった後もケーキ型として使えるのがいいです。

おいしい以外の語彙が思い付かない。

購入場所:新宿高島屋地下

Posted by kent at 01:33

2003年3月 1日

西光亭の黒蜜ゼリー

03-02-28_23-01.jpg

・西光亭の黒蜜ゼリー

さっぱりした味です。大変おいしいのですが、
私としては「黒蜜ゼリー」とは「ゼリー」が主だと思っていたのですが、
まさか「黒蜜」が主だとは思いもよりませんでした。

一緒にごま豆腐とミルクゼリーを買いましたが、
そっちの方がよりおいしかったです。

購入場所:銀座松屋地下

Posted by kent at 00:00

2002年2月14日

チョコレートケーキのレシピ

チャオ!元気してる?

この時期の女の子はついつい不安になってしまうもの。
大好きな彼氏のハートをどうやって射止めよう..。
なんて、ライバルに負けてられないよネ!

今回はそんなチャーミングなあなたのためのレシピ!
ほんのちょっとほろ苦い恋の味のチョコレートケーキよ。

まず材料を紹介するわネ。

・薄力粉80g
・ココアパウダー40g

・無塩バター90g
・スイートチョコレート30g
・ビターチョコレート100g
  *チョコの配合はお好みで!ラブラブなカップルにはこの逆の配合がオススメカモ!?

・卵4個
・グラニュー糖100g+80g
・生クリーム100cc
・バター少々
・小麦粉少々

いいかしら?ケーキ作りは計量が大事!
B型のあなた!目盛りちゃんと読んでるかしら?!
今回の分量は12人分、直径21cmの型1台分に相当するわよ!

まず、下準備として薄力粉とココアパウダーを合わせてふるいでふるっておくの。
この時お好みでコーヒー粉を入れてもいいわ。
その場合はちょっぴりほろ苦さが増すカモ!

そうしたら、ボウルを用意してバターとチョコレートを、
合わせて湯煎にかけて溶かすのだけど、
チョコレートは刻んでおくと溶けやすいわよ!
湯煎にかけたら次の過程に進むわ。
完全に溶けなくても次の過程の間に溶けるから安心して!

ボウルを二つ用意して卵をそれぞれ卵白と卵黄に分けてゆこう!
分けたらまず卵黄の方にグラニュー糖を100g入れるの。
そうしたら泡立て器で頑張って泡立てて!彼への思いの丈をここにぶつけるのよ!
このとき、泡立て器を持ち上げた時に、生地がリボンのように
なめらかに落ちるまでかき混ぜるのがポイント!

つぎに卵白の方に移るわ。卵白の方に残りのグラニュー糖を入れて、
さっきと同じように頑張ってかき混ぜて!空気が入るように混ぜるのがポイント!
あたしみたいなおっちょこちょいだと30分もかかってしまうから心してかかって!
ここでは持ち上げた時に固体になるような感じで
なめらかなクリームが出来るようにするのが重要ヨ!
ここでのがんばりがケーキのふんわり感を左右するわ!

ここら辺でティータイム!
潮騒を聞きながら窓辺でクッキー片手にアフタヌーンティー!
なんてステキ!

ここまで来たらあともう少し!富士山で言ったら8合目ぐらい!
さっき混ぜた卵黄にちょっとずつチョコレートを混ぜて!混ぜ終えたら次は生クリーム!
この時、生クリームを彼への愛でそっと温めるとうまくなじむの!
これって恋の魔法かしら?!

そうしたら今度はさっき頑張った卵白を混ぜて!
この時、ゴムべらとかでさっくりと切るようにして混ぜると
卵白の泡が消えずにふんわりとした仕上がりを保てるわ!
混ぜたら最後に最初にふるった粉を混ぜたら生地は出来上がり!

ここら辺でコーヒータイム!
雑踏にまみれてベーグル片手にニューヨークライフ!
なんてオシャレ!

生地を流し込む前に型にまんべんなくバターを塗って、小麦粉をまぶそう!
そうしたら準備OK!生地を流し込むわよ!
この時、軽くならして表面が平らになるように気を付けて。
思ったよりふくらんで思わぬ失敗の原因になるカモ?!

オーブンは150度に温めて置いて、70分間じっと焼き続けよう!
待ってる間はセーターを編むといいかもネ!

焼き上がったケーキは表面がこんがりさくさく、
中身はしっとりの出来上がりになるはず!
そのまま食べてもいいし、ホイップした生クリームを添えてもいいわ!
あとはお好みで包装して彼のハートをゲット!

*完成図
cake

今日面接だったんすよ。

Posted by kent at 20:27